『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

「eating + design:デザインにできること2」展

2008年 10月 30日 11:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「eating + design:デザインにできること2展」が、10月24日より東京・六本木のアクシスギャラリーで開催されている。本展は、社会的な問題をデザインの視点から考える「デザインにできること」の第2回目の企画。今回はオランダのデザイナー、マライエ・フォーゲルサングにスポットをあて、「人間が食べること」の意味を問いかける内容となっている。

 まさに食の安全に関するニュースが日々報道されるなかでの開催となったわけだが、マライエにとっては日本での初の個展となる、記念すべき展覧会だ。

マライエ・フォーゲルサング Photo: Nacasa & Partners

 まず会場に入って目に飛び込んでくるのは、まるでカラーチャートのようにテーブルに食べ物が並んでいる図。これは、ニューヨークのクリニックの依頼によってマライエが作成したプロジェクトで、肥満児のための食物に関するプログラムだ。


肥満児のためのコンセプト

 よく見ると、各色の説明に「赤い色は、エネルギーと活力を与える」「黄色の食べ物は、幸福感をもたらす」「黒い食べ物は、規律や統率力を高める」など、食材の色にポジティブなイメージを結びつけ、単に「カロリーが高い」や「脂肪分が多い」などの情報ではなく、食べ物に関する楽しいイメージを与える内容となっている。大人が読んでも、目からうろこの内容もちらほら。ついつい手を伸ばして食べたくなってしまいそうな、楽しい展示だ。

 その下の写真は牛乳のテイスティングコーナー。実際にその場で牛乳を試飲したのち、それらがどのような製法で作られたものなのかを明かしてくれるプログラムだ。プログラムの最後には、真っ白な牛乳パックに自分の牛乳に対する想いのたけを記入することができる。こういった参加型の楽しい試みは、彼女のインスタレーションのいたるところに見られる


牛乳のテイスティング

Related article

  • フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
    フォルクスワーゲン、ジウジアーロ社を買収
  • Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。
    Interview:フルーツという、時を刻むオブジェクト。
  • フォトギャラリー:ディーター・ラムス展
    フォトギャラリー:ディーター・ラムス展
  • モノトーン・シックな北欧の花瓶が登場
    モノトーン・シックな北欧の花瓶が登場
  • Bang & Olufsenのエキシビジョンが開催
    Bang & Olufsenのエキシビジョンが開催
  • cado|ありそうでなかった実力派、モバイル加湿器
    cado|ありそうでなかった実力派、モバイル加湿器

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コール ハーン「ルナグランドウィングチップ」の新作カラーを発売
  • 2
    出発からシドニーへ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#01
  • 3
    帽子デザイナー 平田暁夫の偉大さを知っているか
  • 4
    日本初の期間限定エンタメ&レストラン「ルナ・レガーロ」
  • 5
    コンランショップ初のアウトレットがオープン
  • 6
    オーキッド(蘭)が香る、LOVEが重なり合う - カルティエ2011新作ジュエリー
  • 7
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 8
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 9
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 10
    今回はどこ?日本のどこかで数日だけオープンする、野外レストラン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加