『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

エルメネジルド ゼニア新宿店を手がけたピーター・マリノの哲学

2009年 1月 6日 12:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 イタリアのメンズラグジュアリーブランド、エルメネジルド ゼニアは、1月30日に「エルメネジルド ゼニア 新宿店」をオープンする予定だ。これはグローバル戦略の一環で、すでにオープンしたミラノ、NYに続く3番目の大規模なグローバルストアとなる。

 総面積は850平方メートル、5階建て。設計を手がけたのは、建築家のピーター・マリノ。これまでシャネル、ルイ・ヴィトン、フェンディなどラグジュアリーブランドの店舗設計で世界的にも評価され数々の賞を受賞、2006年には米国建築家協会(AIA)のカレッジ・オブ・フェローズに就任している。


 ピーター・マリノらしい建築の手法は、今回のゼニア新宿店でも発揮されている。ファサードにはガラスのカーテンウォールに重ねた総長2.5キロメートルのステンレススチールのパイプ(直径13~25mm)が縦横組み合わされ、シャープにきらめく格子柄が大胆にビルを覆っている。夜間にはLEDでライトアップされる。これは縦糸と横糸を織り込んだファブリックの構造を表現しているのだという。

 店舗内のウィンドウにもメタリックなワイヤーが撚り糸のように施されている。店内の床から壁まで横断するゴールドのLED照明のラインは、エルメネジルド ゼニアのファブリックに使われるセルビッチを表しているという。

 ちなみにセルビッチとは生地の端にブランドネームを織り込んだラインのこと。1910年の創業以来、北イタリアで服地作りを続け、ファブリックメーカーとして世界的な地位を築いてきたエルメネジルド ゼニアの歴史とプライドが、建築やインテリアの随所にも生かされているのだ。それぞれのブランドが持つフィロソフィーを、建築やインテリアに生かすという手法は、マリノらしいやり方だ。

「エルメネジルド ゼニアは100年の歴史があるブランドであり、そのファブリックは比類ない品質で知られている。私はこのイメージをすべての設計過程を通して取り入れた」(ピーター・マリノ)

エルメネジルド ゼニア新宿店 東京都新宿区新宿3-19-7 新宿らんざんビル

取材/Purple Phrase

Related article

  • 1/100の人たちを立ち上げて、復興につなげよう
    1/100の人たちを立ち上げて、復興につなげよう
  • シンプルで洗練されたデザイン、Elephant Wallet
    シンプルで洗練されたデザイン、Elephant Wallet
  •  ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
  • イヴ・サンローランの心躍るクリスマスコフレ
    イヴ・サンローランの心躍るクリスマスコフレ
  • モードに変身、モンクレールA/W新作ダウン
    モードに変身、モンクレールA/W新作ダウン
  • 進化したカーボン調ハンドルのゼロハリ新作
    進化したカーボン調ハンドルのゼロハリ新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 2
    パトリシア・ウルキオラが内装|国内初旗艦店「MOLTENI&C TOKYO」
  • 3
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    今週末見るべき映画「塀の中のジュリアス・シーザー」
  • 6
    横山裕一「ネオ漫画」の世界にどっぷり浸る
  • 7
    総額一億円相当!ベネチアンモザイクの「SICIS」オープン
  • 8
    メルセデス・ベンツ、新型「Gクラス」を発表
  • 9
    2011年の締めくくりは、ザ・リッツ・カールトン東京で
  • 10
    Bang & Olufsenのエキシビジョンが開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加