「都市へ仕掛ける建築 ディーナー&ディーナーの試み」展

2009年 1月 28日 00:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 現在、東京・西新宿の東京オペラシティアートギャラリーで「都市へ仕掛ける建築 ディーナー&ディーナーの試み」が開催中だ。

 スイス・バーゼルを拠点にヨーロッパ各地でプロジェクトを展開するディーナー&ディーナー(以降、D&D)は、父親であるマルクス・ディーナー(1918-1999)の事務所を息子ロジェ・ディーナー(1950-)が引き継ぎ、主宰している設計事務所である。

 彼らの建築は新築・改築を問わず、「建築は現存する都市の一部にならなければならない」との考えに基づき、周辺の街並やその街自体の成り立ち、歴史をじっくりと見据えた上で設計していくという。


ボイムライン通りの住宅、バーゼル 2004年竣工 photo(c)Christian Richters

 本展は4つのセクションに分かれている。まず最初のセクションでは木で作られた都市の模型と、壁に6対の大きな写真が展示されている。都市の模型は実に17点。それらはスイスをはじめ、オランダ、スウェーデン、ドイツ、イタリアなどの都市をD&Dが設計中の建物を含めて模型化しているのだが、ぱっと見ただけでは、どれが設計中の建物なのかはわからない。

 それはやはり、現存する都市に溶け込むような設計をD&Dが求めていることに他ならないのだ。また、壁にある6対の大きな写真は、建物と、その中から外観をのぞむ写真の2枚で構成されている。これも建物の内と外、それぞれがその都市の中にどう溶け込んでいるかを、視線によって確認できるようにした試みである。


セクション1の展示風景

Related article

  • ヴェレダの新ボディトリートメント
    ヴェレダの新ボディトリートメント
  • F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
    F1マシンのデザイン展「F1 疾走するデザイン」
  • 伊勢丹新宿店「CHARM LAND / チャームランド」続報
    伊勢丹新宿店「CHARM LAND / チャームランド」続報
  • 16日まで、オルセー美術館展「大作が来日している理由」
    16日まで、オルセー美術館展「大作が来日している理由」
  • ビブリオファイル Cruising 6月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 6月のおすすめ
  • 森美術館とフライターグのコラボ、75個限定
    森美術館とフライターグのコラボ、75個限定

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 2
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 3
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告
  • 4
    今週末見るべき映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
  • 5
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 6
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 7
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • 8
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加