LEXONのティコ ラジオに2色が追加

2009年 2月 17日 18:45 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 MOMAの永久所蔵品に選ばれていることでも知られる、LEXONのティコ ラジオ。3月下旬より、2色が追加されることになった。


「ティコ ラジオ」各色¥6,825、W14×D4×H8cm(アンテナ含H14.5cm)、バッテリー:単3電池4本

 ラバーの独特な質感と極限まで削ぎ落とされたデザインで人気のティコ ラジオ。豊富なカラーで知られるこのアイテム、今回、新たにラインナップされるのは、レッド、ホワイトの春らしい2色だ。

 LEXONのトップデザイナーとして活躍する、マルク・ベルチェによるデザイン。アンテナを回すことで、チューニングができるという操作性もひねりが効いていておもしろい。ラバーで覆われているので濡れた手でボタン操作しても大丈夫。インテリアのアクセントとしてレイアウトするのはもちろん、キッチン周りで使用するなど、日常での汎用性は非常に高い。


 すでに、グレーやブルーといったシックな色みのものからピンクやイエローライムのビビッドな色までが発売されているが、今回2色が加わったことにより、選ぶ楽しみが増えた。ベッドルームに清潔感のあるホワイト、キッチンには鮮やかな赤といったように、空間に合わせてそのカラーリングを楽しみたい。

お問い合わせ:たかくら新産業 tel.03-5466-3920

取材/ホワイトキューブ

Related article

  • nendoの新作も―ドイツ・ケルン国際家具見本市レポート Vol.1
    nendoの新作も―ドイツ・ケルン国際家具見本市レポート Vol.1
  • ムービー:空気の器 トラフ建築設計事務所
    ムービー:空気の器 トラフ建築設計事務所
  • 東京デザイナーズウィークが生まれ変わる!
    東京デザイナーズウィークが生まれ変わる!
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(2)
  • まるで水から切り取られたかのような時計、吉岡徳仁デザイン
    まるで水から切り取られたかのような時計、吉岡徳仁デザイン
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(3)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(3)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 5
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 6
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 7
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」
  • 8
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 9
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 10
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加