ドイツBRAUN社ディートリッヒ・ルブスの万年筆

2009年 11月 14日 22:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 イデアインターナショナルのオリジナル文具ブランド「Duller(デューラー)」から、11月下旬より新商品が登場する。ドイツのBRAUN社のデザイン部に勤め、数々の名デザインに携わったDietrich Lubs(ディートリッヒ・ルブス)氏にデザインを依頼。万年筆、ボールペン、シャープペンシルを同時発売する。


万年筆 byディートリッヒ・ルブス ¥5,250

 BRAUN社は、ドイツ・フランクフルト郊外に誕生したプロダクトデザインのリーディングブランド。優れた機能性とデザイン性、一切の無駄をそぎ落とし生み出されるシンプルなデザインは、ドイツならではの機能美が息づいている。「よいデザインとは引き算のデザイン」という考えは80余年に渡り、世界中のファンから支持され続けている。

 そんなBRAUN社で40年もの間プロダクトデザインを行ってきたのが、ディートリッヒ・ルブス氏だ。彼が手がけた商品は、MoMAにもコレクションとして選ばれるなど、世界各地で高い評価を受けている。


 今回発売される万年筆は、彼が40年間BRAUN社でつちかったことが、そのまま映し出されたような、シンプルで機能的なデザイン。使用時は、ほどよい大きさながらも、キャップ装着時は携帯性を高くするためコンパクトサイズに一変する。デューラーのブランドカラーであるグリーンを、さりげなくデザインに加えた。ペン先には、品質評価の高いドイツの「シュミット」製を使用。

Related article

  • TOTO出版20周年記念、杉本貴志、安藤忠雄らの特別書籍発売
    TOTO出版20周年記念、杉本貴志、安藤忠雄らの特別書籍発売
  • ミラノサローネ2010、カリモクの挑戦
    ミラノサローネ2010、カリモクの挑戦
  • モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
    モダンデザインの粋を見る「バウハウス・デッサウ展」
  • ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」
    ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」
  • ミラノサローネ2010プレビュー、東芝LED照明×谷尻誠
    ミラノサローネ2010プレビュー、東芝LED照明×谷尻誠
  • インターオフィス本社が移転、ショールーム兼ライブオフィス
    インターオフィス本社が移転、ショールーム兼ライブオフィス

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加