grafの考えるグラフィックとは?「感じる箱展」大阪で開催

2010年 1月 18日 13:30 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 大阪を拠点に、暮らしにまつわる様々な活動を展開するgrafが、大阪(南堀江)dddギャラリーにてグラフィックワークに焦点をあてた企画展を開催する。

 家具のデザイン・製作からスタートし、プロダクトや空間デザイン、飲食にいたるまで、幅広い活動を次々と展開してきたgraf。活動当初から手掛けてきた作品それぞれのグラフィックワークも、彼らの活動の重要な要素となっている。「感じる箱展 grafの考えるグラフィックデザインの実験と検証」と題した本展では、“箱”をテーマに、平面も立体も境界なく行き来する彼らのクリエイションが一堂に集められる。

「箱のポートレート」 箱を人間のように捉えて様々なシチュエーションのポートレートを撮影した作品。思わず感情移入してしまったり、クスッと笑ってしまったり、無機質なものに表情を与え、人の感情を動かす試み。

 会場の中には箱のフォルムをした小屋がつくられ、中にはあらゆるものが箱でできている部屋も登場する。壁一面に並べられた色の違う6面体の箱を並べかえてオリジナルの数字を作る参加型展示、ワークショップ、箱を人のようにとらえて被写体にした写真作品など、同展のために彼らが新たに提案するユニークなコンテンツが盛りだくさんで用意されている。

Related article

  • 正しい森づくりを more treesの取り組み(2)
    正しい森づくりを more treesの取り組み(2)
  • 村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
    村上隆の花柄小皿付き「カーサ5月号」発売中
  • フォションから、美と健康のための新シリーズ
    フォションから、美と健康のための新シリーズ
  • C3(シーキューブ)から新食感の焼き菓子が登場
    C3(シーキューブ)から新食感の焼き菓子が登場
  • 「HIGASHIYA」、10周年記念の「ひと口果子」を限定販売
    「HIGASHIYA」、10周年記念の「ひと口果子」を限定販売
  • 東京モーターショー、人とクルマをつなぐ“カワイイ”デザイン
    東京モーターショー、人とクルマをつなぐ“カワイイ”デザイン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加