「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」展

2010年 5月 18日 19:30 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・竹橋の東京国立近代美術館で「建築はどこにあるの? 7つのインスタレーション」展が開催中だ。展覧会に出展している建築家は世代もスタイルもまったく異なる、今の日本を代表する建築家たちだ。また、国立近代美術館で日本人だけの建築展を開催するのは初の試みだという。


 美術館に入場しなくても誰もが立ち寄ることのできるパブリックスペースである美術館の中庭には、竹で組まれた巨大なアーチともオブジェともいえる作品が展示されている。それは地面と美術館の建物を支えにしながらも自律的に生成していく植物のようにも、ミューテーションを繰り返し、姿を変えていく、宇宙生物のようにもみえる。これが本展のイントロダクションにもなっているアトリエ・ワンによる作品だ。


アトリエ・ワン「まちあわせ」

 アトリエ・ワンは海外でも公共空間におけるインスタレーションを行うなど、本展での誰もが自由に観ることが出来る屋外での作品展示は、ぴったりだろう。前庭を占領する規模で竹を材に組まれたオブジェは、この場所が竹橋という地名を持ち、古来より竹が自生したことからヒントを得ている。そこで竹をマテリアルにしたスタディから、本作品のコンセプトが生まれたという。

 有機的に変態していくアーチのようにみえるのは実はかわいらしい動物たち。愛嬌あふれるどんな動物たちが竹薮のなかに隠れているかは、実際に会場に脚を運んで探してみていただきたい。

Related article

  • 紙袋のような磁器、小松誠の作品が一堂に
    紙袋のような磁器、小松誠の作品が一堂に
  • 「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
    「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
  • アカデミー賞作家スティーヴ・マックィーンの個展が開催中、エスパス ルイ・ヴィトン東京
    アカデミー賞作家スティーヴ・マックィーンの個展が開催中、エスパス ルイ・ヴィトン東京
  • Interview:建築家・板坂諭|鮮やかな感性から生み出されるデザイン
    Interview:建築家・板坂諭|鮮やかな感性から生み出されるデザイン
  • これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
    これからの都市のビジョンとは?|ゲルフリート・ストッカー氏インタビュー
  • 1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 3
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 4
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 6
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 7
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 8
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 9
    濱田庄司の生誕120年記念展
  • 10
    フィンランドの現代作家による「Awakening」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加