インタビュー:カーリン・フランケンスタイン「ポスト・フォッシル」

2010年 6月 21日 16:45 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展。

 会場の真ん中で、ひときわ存在感のあるラグジュアリーなフォルムの椅子と棚が、来場者の注目を集めている。ごつごつとした土を固めたように見えるその作品の名前は、なんと「牛糞の椅子と棚」。作家のカーリン・フランケンスタイン氏に話を聞いた。


−今回の展覧会に出品した作品について、発案から実際の製作までの期間、この素材を選んだ理由を教えてください。

 制作期間は、だいたい3ヵ月です。でも、その間に他の作業もしていましたから、ずっとかかりっきりだったというわけではありません。私は、いつもはセラミックを主体に扱っています。でも、セラミックは窯のサイズに左右されてしまいますから、どうしても大きさに制約が出てしまうんですね。それで今回は窯を使わず、土や牛糞を自然硬化させる方法で作っています。

 これは紀元前の建物に着想を得たもの。素材は私の地元で手に入りやすく生物分解性のあるものを使おうと考えました。試行錯誤した結果、紙に土、牛糞、藁、マッシュポテト、チョークなどの素材を混ぜて、仕上げています。一見汚いと思われる素材を使って、対照的にエレガントな、優雅なサロンに置いてあるようなシェイプの家具に仕上げることができたと思います。


−21世紀に入って10年が経とうとしています。今後、デザイナー、アーティスト、クリエイターが担うべきこととはどんなことだと思いますか?

 既にデザイナーたちは、デザインだけではなく素材について考えてアイデアを練っていると思います。最善の道を見つけることを望んでいますし、私自身も見つけて行きたいと思っています。そのひとつの試みがこの展覧会ということなのではないかと思います。

 ところで、私は日本が大好きで、またぜひ訪れたいと思っているのですが、ひとつ気になったことがあります。日本は新素材を次々と生み出している進んだ国なのに、なぜか街中にプラスティックが溢れかえっていると感じました。食事をする場所でも、買い物をしても、とにかくプラスティックがたくさん。この点は改善すべきではないかと思いましたよ。

Related article

  • 今年の東京デザイナーズウィークは、アートが一石を投じている
    今年の東京デザイナーズウィークは、アートが一石を投じている
  • ネパールと深く関わるブランド「Lalitpur」より、メンズラインが登場
    ネパールと深く関わるブランド「Lalitpur」より、メンズラインが登場
  • つくり手の顔がみえる「クラマエビル」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(5)
    つくり手の顔がみえる「クラマエビル」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(5)
  • アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
    アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
  • 「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • 義手だからこそ掴める未来がある|Future Makers#01
    義手だからこそ掴める未来がある|Future Makers#01

Prev & Next

Ranking

  • 1
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 2
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 3
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 4
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 5
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    amadanaケータイ N705iがベールを脱いだ
  • 7
    キム・ジョーンズ来日、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店 メンズフロアリニューアルの夜
  • 8
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • 9
    今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」
  • 10
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加