インタビュー:ニコラ・ニコロフ「ポスト・フォッシル」展より

2010年 6月 25日 22:00 Category : Design

このエントリーをはてなブックマークに追加

 東京・六本木の21_21 DESIGN SIGHTにて開催中の「ポスト・フォッシル:未来のデザイン発掘」展。かわいらしいけれども、圧倒されるくらい巨大なうさぎ「ザ・ホワイト(ジャック)ラビット」が、会場の一角で出迎えててくれる。近づいてよく見ると、うさぎを形成しているのは木製の家具だということに気づく。


 まるでマジックのように、古い物を使って新しい形と命を吹き込んでみせる作家のニコラ・ニコロフ氏(スタジオ・リ・クリエーション)に、話を聞いた。

−今回の展覧会に出品した作品について、発案から実際の製作までの期間、この素材を選んだ理由を教えてください。

 制作期間は1週間ほどですね。作品のコンセプトは、私のスタジオの名前にもなっている「リ・クリエイション」です。作品の素材は、古い椅子4脚とふたつのベビーベッドですが、これは単に「リサイクル」ということだけではありません。私はさまざまなピースを組み合わせながら、依頼者の個人的な感情、古い想い出を大切にしたいと思っているのです。

 それと、この「ザ・ホワイト(ジャック)ラビット」には、「アリス・イン・ワンダーランド」に登場するいたずら好きな白うさぎのイメージも重ね合わせています。


−21世紀に入って10年が経とうとしています。今後、デザイナー、アーティスト、クリエイターが担うべきこととはどんなことだと思いますか?

 この質問には、僕にとって非常に大切な3つの言葉でお答えしたいと思います。「awareness(知ること)」「respect(敬意を払うこと)」「responsibility(責任)」です。僕からのメッセージとしては、すべてのオブジェクトについて、どういう素材、どういう過程で作られてきたものなのかを知る必要があると考えています。「ポスト・フォッシル」展はこの3つの点を完璧に満たしていて、まるでパラダイスのようです(笑)。創作活動は、すべてこの3点と密接につながっていると思います。

Related article

  • ミニチュアフェイク和菓子の作家|森まゆみさん|インタビュー
    ミニチュアフェイク和菓子の作家|森まゆみさん|インタビュー
  • ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
    ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
  • Design Tide 2007 レポート
    Design Tide 2007 レポート
  • エリオット・アーウィット 独占インタビュー
    エリオット・アーウィット 独占インタビュー
  • 猫にはわからない「マツ」の魅力
    猫にはわからない「マツ」の魅力

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「ハイアット リージェンシー 東京」の新スイートルーム
  • 2
    フォルクスワーゲン・ゴルフのワゴン、ヴァリアント
  • 3
    バックパックに入る世界最小の電動サイクル誕生
  • 4
    iTunesが大幅アップデート、音楽体験もクラウド時代に
  • 5
    美しい4ドアクーペ誕生、メルセデス・ベンツ「CLAクラス」
  • 6
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」
  • 7
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(1)
  • 8
    世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
  • 9
    ジャズ名盤講座第28回「RCA編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    注目の若手インテリアデザイナー、小林幹也の展覧会

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加