待ちに待った「iida」初のスマートフォン、あの名機が進化

2011年 5月 17日 22:13 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日、KDDIの携帯電話ブランド「iida」から初のスマートフォン「INFOBAR A01」が発表された。美しいデザインでのちの携帯デザインに多大な影響を与えた名機「INFOBAR」のスマートフォン版で、デザインは深澤直人氏。発売は7月上旬以降を予定している。

 2003年に発売された初代を彷彿とさせる「タイル状のキー」と「マルチカラー」はそのままに、約3.7インチのタッチ可能な画面とAndroid 2.3を搭載した。おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグにも対応している。カメラは約805万画素。

 プロダクトとしての完成度の高さ以外にも、独自のユーザーインターフェイス「iida UI」(下写真)を搭載している点がスマートフォン時代における注目の進化。日本を代表するインターフェースデザイナーの中村勇吾氏によるものだ。画面をなめらかに長く縦スクロールさせる斬新なUIで、各種の「アイコン」「ウィジェット」が縦にパレードする。全体としてひとつのシンプルな「情報の帯」であるという。

 アプリだけでなく、写真やメモも同列に並べることができることも特徴の一つ。ウィジェットには、専用のFacebookウィジェットも搭載されている。「iida UI」については、今後のiidaラインのモデルに搭載される可能性も期待したい。

Related article

  • 新たなるカルチャー発信拠点「TABLOID」
    新たなるカルチャー発信拠点「TABLOID」
  • ロッソ・ジャポネーゼな赤いキッチン
    ロッソ・ジャポネーゼな赤いキッチン
  • デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
    デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
  • 街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 注目の若手インテリアデザイナー、小林幹也の展覧会
    注目の若手インテリアデザイナー、小林幹也の展覧会
  • 伊勢丹新宿店「CHARM LAND / チャームランド」続報
    伊勢丹新宿店「CHARM LAND / チャームランド」続報

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「タンゴ・リブレ 君を想う」
  • 2
    真っ二つ牛来日「英国美術の現在史:ターナー賞の歩み展」
  • 3
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 4
    ミラノサローネ―トルトーナの日本企業、今年はどうだった?
  • 5
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 6
    ハイメ・アジョンのヴィヴィッドな家具が発売
  • 7
    日本の一番面白いアートシーンが! 六本木クロッシング
  • 8
    チャリティアルバム「SONGS FOR JAPAN」が25万ダウンロード
  • 9
    里山十帖(新潟・大沢山温泉)/日本を巡る、アートな旅(3)
  • 10
    Mac Proがアップデート、Nehalemプロセッサを搭載

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加