待ちに待った「iida」初のスマートフォン、あの名機が進化

2011年 5月 17日 22:13 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日、KDDIの携帯電話ブランド「iida」から初のスマートフォン「INFOBAR A01」が発表された。美しいデザインでのちの携帯デザインに多大な影響を与えた名機「INFOBAR」のスマートフォン版で、デザインは深澤直人氏。発売は7月上旬以降を予定している。

 2003年に発売された初代を彷彿とさせる「タイル状のキー」と「マルチカラー」はそのままに、約3.7インチのタッチ可能な画面とAndroid 2.3を搭載した。おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグにも対応している。カメラは約805万画素。

 プロダクトとしての完成度の高さ以外にも、独自のユーザーインターフェイス「iida UI」(下写真)を搭載している点がスマートフォン時代における注目の進化。日本を代表するインターフェースデザイナーの中村勇吾氏によるものだ。画面をなめらかに長く縦スクロールさせる斬新なUIで、各種の「アイコン」「ウィジェット」が縦にパレードする。全体としてひとつのシンプルな「情報の帯」であるという。

 アプリだけでなく、写真やメモも同列に並べることができることも特徴の一つ。ウィジェットには、専用のFacebookウィジェットも搭載されている。「iida UI」については、今後のiidaラインのモデルに搭載される可能性も期待したい。

Related article

  • オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
    オランダの人気デザイナー、ピート・ヘイン・イーク新作
  • 「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
    「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
  • インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
    インタビュー:ピーター・マリゴールド「ポスト・フォッシル」
  • 東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
    東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(1)
  • ミラノサローネ2010プレビュー、ブルレック兄弟
    ミラノサローネ2010プレビュー、ブルレック兄弟

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加