待ちに待った「iida」初のスマートフォン、あの名機が進化

2011年 5月 17日 22:13 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

 17日、KDDIの携帯電話ブランド「iida」から初のスマートフォン「INFOBAR A01」が発表された。美しいデザインでのちの携帯デザインに多大な影響を与えた名機「INFOBAR」のスマートフォン版で、デザインは深澤直人氏。発売は7月上旬以降を予定している。

 2003年に発売された初代を彷彿とさせる「タイル状のキー」と「マルチカラー」はそのままに、約3.7インチのタッチ可能な画面とAndroid 2.3を搭載した。おサイフケータイ、赤外線通信、ワンセグにも対応している。カメラは約805万画素。

 プロダクトとしての完成度の高さ以外にも、独自のユーザーインターフェイス「iida UI」(下写真)を搭載している点がスマートフォン時代における注目の進化。日本を代表するインターフェースデザイナーの中村勇吾氏によるものだ。画面をなめらかに長く縦スクロールさせる斬新なUIで、各種の「アイコン」「ウィジェット」が縦にパレードする。全体としてひとつのシンプルな「情報の帯」であるという。

 アプリだけでなく、写真やメモも同列に並べることができることも特徴の一つ。ウィジェットには、専用のFacebookウィジェットも搭載されている。「iida UI」については、今後のiidaラインのモデルに搭載される可能性も期待したい。

Related article

  • 日本のグラフィックデザイン2009 トークイベントリポート
    日本のグラフィックデザイン2009 トークイベントリポート
  • 青海ふ頭の地下駐車場に「レクサス RX ミュージアム」が出現
    青海ふ頭の地下駐車場に「レクサス RX ミュージアム」が出現
  • マネキン型ロボット「Palette」、和光ショーウィンドウに出現
    マネキン型ロボット「Palette」、和光ショーウィンドウに出現
  • 60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
    吉岡徳仁監修、カルティエ特別展「Story of・・・」レポート
  • 文字盤がまわる、スウォッチの新作腕時計「パズル・モーション」
    文字盤がまわる、スウォッチの新作腕時計「パズル・モーション」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「ワレサ 連帯の男」
  • 2
    「ヴィヴィアン・ウエストウッド オーパス展」が開催
  • 3
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 4
    ナイスガイズ! 【今週末見るべき映画】
  • 5
    世界最上のリゾート体験をドバイで。One&Only Royal Mirage
  • 6
    今週末見るべき映画「ここに幸あり」
  • 7
    欧州No1の実力。FORD フィエスタ|試乗レポート
  • 8
    今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
  • 9
    「ほぼ日」の3日間限定。7の食堂、20のショップが集うイベント in 六本木ヒルズ
  • 10
    マイク・エーブルソンが発明した「Wheel Printer」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加