ジョブズ、「奇跡の15年」に感謝を込めて

2011年 10月 26日 00:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

■勝因は真摯な物作り

 エキサイトイズムの読者には、このスティーブ・ジョブズの物語を、ただのビジネスのサクセスストーリーとしては見て欲しくない。彼の物語には、そうした側面以上に、もっと深い所で、非常に勇気づけられる事実がある。それは、ジョブズの成功が、彼の正直さに起因するもので、決して小手先の商才で築き上げたものではない、という事実だ。

 ジョブズは、常に物事の本質に正面から向き合った。自分が正しいと思うことに忠実で、決して嘘をつかず、徹底的に本質に迫ることで、今日のアップルを築いたのだ。アップルの製品はウソを嫌う。表層だけの塗装を施すような真似は絶対にしない。製品の形をつくってはいるが、それもただ装飾的にガワをつくっているわけではない。

 若かりし頃、ジョブズは「デザインはハリボテではない」と語った。その言葉の通り、アップルの製品には正面も背面もなければ、表面と内面もない。すべてがまとまって1つの形だ。触り心地からメンテナンスのしやすさまで考え抜かれ、それを気が遠くなるほどの議論の末、最小限の数に抑えられたパーツの1つ1つに、さまざまな機能を集約することで実現している。素材一つ一つを吟味し、1ミリ大きさが変わる度に、いちいちモックをつくり直し、しっかりと手触りを確かめる。

 そして、それを製造するのに必要な最良の加工方法や最良の製造パートナーを世界から見つけ出し、製造工程をもっと効率よく、もっと無駄のない形にできないかを議論を重ね、どうやったらアップルの桁はずれた需要に応えられるように生産体制を築けるかも検討する。

 アップルが1つ1つの製品を企画し、開発し、実際、店頭に並べるまでの間にかけるエネルギーはおそらく普通の企業とは比べ物にならないはずだ。

 アップルのイノベーションの秘密を明かした、ジョブズのこんな有名な言葉がある。

 「何か問題を解決しようと取り組むと、最初は非常に複雑な解決方法が頭に浮かんでくる。多くの人々は、そこで考えるのを止めてしまう。でも、そこで止めず、問題をさらに突き詰め、たまねぎの皮をもう何層かむくように頑張っていると、しばしば非常にエレガントかつシンプルな答えにたどりつくことができる。多くの人々は、そこにたどり着くまでの時間もエネルギーもかけていないのだ」

 ジョブズの急逝から2週間後、アップル本社で行われた追悼イベントで、後継CEOとなったティム・クックはこう語った。

 「ジョブズはこの大変な探索、追求の過程にこそ大きな報酬があることを教えてくれた。」

Related article

  • フリッツ・ハンセン初、日本人デザイナーの椅子「RIN」
    フリッツ・ハンセン初、日本人デザイナーの椅子「RIN」
  • 上質なコルク素材の感触を味わうガジェッドケース
    上質なコルク素材の感触を味わうガジェッドケース
  • ミラノサローネで見た新時代の「ソニー・デザイン」
    ミラノサローネで見た新時代の「ソニー・デザイン」
  • アメリカの美の殿堂から、エジプトコレクションが初来日
    アメリカの美の殿堂から、エジプトコレクションが初来日
  • デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
    デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
  • 東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」
    東京芸術大学で「資生堂・サントリーの商品デザイン展」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 4
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
  • 5
    香りの魔術師「ジョー マローン」、心躍るクリスマスギフトが限定登場
  • 6
    アウディのプレミアムモデルによるカーシェアリング開始
  • 7
    モレスキンとLEGOが結合した限定版ノートブック
  • 8
    ヴィヴィッドな世界観を体感!「ヴェルナー・パントン展」開催
  • 9
    アナ・スイのルーツや価値観を伝える新プロジェクト「SWINGING TOKYO」が始動 山本寛斎らとコラボ
  • 10
    今週末見るべき映画「倫敦から来た男」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加