『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ジョブズ、「奇跡の15年」に感謝を込めて

2011年 10月 26日 00:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

■デザインの守護神

 世界の優れた工業デザイナーを紹介したドキュメンタリー映画「Objectified(オブジェクティファイド)」では、アップル社の工業デザイン部門のトップで、ジョブズの親友でもあるジョニー・アイブが、iMacのアルミ筐体から液晶部分をくりぬいた後、そのくりぬいたアルミを捨てるのではなく、そこから2つのアルミフレームのキーボードをつくっていることを明かし「ちょっと取り憑かれているみたいだろう」と照れてみせる。

 そこまで突き詰めて議論を重ね、究極に素晴らしい製品がどういう形かを探求し見つけると、今度はそれを妥協せず、最後のディテールにまでこだわって製造する。そして、そこまで命を賭けて製品をつくったからには販売にも命を賭ける。

 購入者との出会いの瞬間をドラマチックに演出してくれる極上のパッケージに収め、世界中の一人でも多くの人の手に届けるように流通や販売の展示に対しても細かくこだわり抜く。

 「他の多くの会社ではアイディアや素晴らしいデザインは制作過程の中で失われてしまう。」とアイブも語る。

 「もし、我々の背中を押し、一緒に頑張って、すべての反対の中を押し通して、アイディアの製品化に努めてくれたスティーブがいなかったら、私やチームが出したアイディアも無意味になり、どこにもいけずに消えてしまっていたかも知れない。」

 ジョブズは、若かった頃からいいデザインの製品を安価に大勢の人に届けたいと思っていたようだ。

 彼が公認する伝記によれば、そこにはジョブズが小学生の頃に住んでいた低所得者向けでありながらシンプル・モダンで機能的な家を提供していた不動産屋の影響が大きいと言う。いずれにせよジョブズは、アップル創業間もない頃から、ただテクノロジーだけでは一般の人々に受け入れられる製品にはならないことを悟っていた。

 そのためには装飾だけではない、機能性と美しさを兼ね備えた本物のデザインが行われていることが大事だということを本能でも知っていた。

 そんなジョブズにとって15年前、アップルに戻ってきた時、アイブと言う素晴らしいデザイナーと出会ったことは、ある意味、運命的な出来事だったのかもしれない。アイブとの出会いがなければ、彼の最後の15年も、ここまでは輝かなかったかもしれない。この2人は、最初こそ、潰れかかっていたアップルが完全復活を果たしたことを世界に印象づけるべく、鮮烈なボンダイブルーのカラーと半透明のポリカーボネートのボディー、優美な3次元曲線で製品を形づくっていた。

初代iMac(1998年)

 しかし、やがて、ジョブズとアイブに共通する「シンプル」をよし、とする姿勢がだんだんと表に出て、アップル社のデザインはどんどんとストイックなまでのミニマリズム路線に進んでいく。

Related article

  • 羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン
    羽田発の東京みやげ店「Tokyo’s Tokyo」オープン
  • 日本のウイスキー×日本のロボット、21日まで
    日本のウイスキー×日本のロボット、21日まで
  • ザ・コンランショップに新作入荷、マルセル・ワンダースなど
    ザ・コンランショップに新作入荷、マルセル・ワンダースなど
  • ライフスタイルショップの今とこれから
    ライフスタイルショップの今とこれから
  • Interview:現代アーティストD【di:】|独自の世界観で様々なものを創造する
    Interview:現代アーティストD【di:】|独自の世界観で様々なものを創造する
  • フライターグのものづくり「FREITAG MORE THAN A BAG」展
    フライターグのものづくり「FREITAG MORE THAN A BAG」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 2
    デザインマイアミ/バーゼル2010 詳細レポート
  • 3
    大人のためのあみぐるみ。タカモリ・トモコさんインタビュー。
  • 4
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 5
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 6
    新型グランツーリスモ「フェラーリ・カリフォルニア」価格発表
  • 7
    アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
  • 8
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 9
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 10
    ジャズ名盤講座第18回「リバーサイド編 Part1」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加