キーホルダーサイズのiPhoneコンセント、「Chargerito」

2014年 10月 21日 09:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6、6Plusがリリースされて早1ヶ月。これまでより一回り大きくなったサイズで発売前から大いに話題となったが、今回は操作性やスペックの話は置いておいて、大事な充電の話をしよう。

私たちの生活は、スマートフォンがないと成り立たなくなったといっても過言ではない。仕事上でタイムリーなやりとりに必要なのはもちろん、待ち合わせ一つにしてもスマートフォンがないと不安がつきまとう。その上、電話やメールチェック以外にSNSやキュレーションサイトの閲覧など、時間が許す限りスマートフォンを眺めている人も多いはず。

そこで問題なのがバッテリーだ。従来の携帯電話に比べて、バッテリーの持ちが悪いことは周知の通りで、肝心なときの充電切れは死活問題。スマートフォンと合わせて、充電器がないと不安になるという人すらいるもの。ただ、この充電器、家や職場で使用していると意外と携帯するのを忘れがち。持ち運んだとしても、ケーブルがからまったり、本体がかさばったりと携帯にはいささか不向き。そんな人にお勧めしたいのが世界最小のチャージャー「Chargerito」である。


このChargeritoは、コンセント部分とUSBポートの差し込み口のみのシンプルな構造。壁の電源から直接接続できるので、ケーブルなど付属品がいらず、USBポートが近くにない場合もOK。テーブルの上でケーブルが絡まったり、机のうえでごちゃごちゃしないのも嬉しい。しかも、2.1×3.3cmサイズは、キーホルダーにひっかけるだけでカギと一緒に持ち運べて便利。従来の充電器のようにカバンの中でどこにやったかわからなくなる心配もない。これ自体がバッテリーではないが、差し込み口があればすぐに充電ができる手軽さが魅力だ。


ただ、小さいサイズゆえの問題点があることも書き記しておこう。Chargeritoは壁に直接立てて充電するタイプであるため、デバイスの重さ次第では傾く心配もある。スマートフォンくらいのサイズなら大丈夫のようだが、iPadやKindleの長時間充電は少々不安になるので、緊急で必要なとき以外はスマートフォン専用にする方がよさそうだ。

Related article

  • 話題のガジェット「JAMBOX」でインスタレーション
    話題のガジェット「JAMBOX」でインスタレーション
  • 『KINFOLK』世界初の写真展を日本で開催
    『KINFOLK』世界初の写真展を日本で開催
  • 日本の心と美、陶器ブランド「美命」の世界
    日本の心と美、陶器ブランド「美命」の世界
  • 「暮らすひと 暮らすところ」、戸田祐希利氏のエキシビジョン
    「暮らすひと 暮らすところ」、戸田祐希利氏のエキシビジョン
  • まわりも前向きにする装い
    まわりも前向きにする装い
  • iPhone 3Gが発売、App Storeオープン
    iPhone 3Gが発売、App Storeオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 2
    中目黒高架下にラグブランド「Layout」のショップがオープン
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    裸身の妖精、ジュリアン・ムーアが輝く
  • 5
    肩に掛けて掃除、「カタツムリ型」ハンディクリーナー
  • 6
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 7
    コンペティション9作品の授賞式-第13回東京フィルメックス 
  • 8
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
  • 9
    人気のシュウ ウエムラ、村上隆コラボクリスマスコレクション
  • 10
    史上最速のフラッグシップモデル「フェラーリ F12ベルリネッタ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加