キーホルダーサイズのiPhoneコンセント、「Chargerito」

2014年 10月 21日 09:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6、6Plusがリリースされて早1ヶ月。これまでより一回り大きくなったサイズで発売前から大いに話題となったが、今回は操作性やスペックの話は置いておいて、大事な充電の話をしよう。

私たちの生活は、スマートフォンがないと成り立たなくなったといっても過言ではない。仕事上でタイムリーなやりとりに必要なのはもちろん、待ち合わせ一つにしてもスマートフォンがないと不安がつきまとう。その上、電話やメールチェック以外にSNSやキュレーションサイトの閲覧など、時間が許す限りスマートフォンを眺めている人も多いはず。

そこで問題なのがバッテリーだ。従来の携帯電話に比べて、バッテリーの持ちが悪いことは周知の通りで、肝心なときの充電切れは死活問題。スマートフォンと合わせて、充電器がないと不安になるという人すらいるもの。ただ、この充電器、家や職場で使用していると意外と携帯するのを忘れがち。持ち運んだとしても、ケーブルがからまったり、本体がかさばったりと携帯にはいささか不向き。そんな人にお勧めしたいのが世界最小のチャージャー「Chargerito」である。


このChargeritoは、コンセント部分とUSBポートの差し込み口のみのシンプルな構造。壁の電源から直接接続できるので、ケーブルなど付属品がいらず、USBポートが近くにない場合もOK。テーブルの上でケーブルが絡まったり、机のうえでごちゃごちゃしないのも嬉しい。しかも、2.1×3.3cmサイズは、キーホルダーにひっかけるだけでカギと一緒に持ち運べて便利。従来の充電器のようにカバンの中でどこにやったかわからなくなる心配もない。これ自体がバッテリーではないが、差し込み口があればすぐに充電ができる手軽さが魅力だ。


ただ、小さいサイズゆえの問題点があることも書き記しておこう。Chargeritoは壁に直接立てて充電するタイプであるため、デバイスの重さ次第では傾く心配もある。スマートフォンくらいのサイズなら大丈夫のようだが、iPadやKindleの長時間充電は少々不安になるので、緊急で必要なとき以外はスマートフォン専用にする方がよさそうだ。

Related article

  • 開催迫る、六本木の街中がアートのステージに変貌。1夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2014」
    開催迫る、六本木の街中がアートのステージに変貌。1夜限りのアートの祭典「六本木アートナイト2014」
  • メジャーアップグレードした「Aperture 2」
    メジャーアップグレードした「Aperture 2」
  • デザインの国スイスの魅力に迫る|スイスデザイン展
    デザインの国スイスの魅力に迫る|スイスデザイン展
  • MacBook Proがマルチタッチ対応、MacBookは129,800円から
    MacBook Proがマルチタッチ対応、MacBookは129,800円から
  • 「Tag Schedule」5色になって新登場
    「Tag Schedule」5色になって新登場
  • Mac OS X Lionが初日に100万ダウンロード
    Mac OS X Lionが初日に100万ダウンロード

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ボッティチェリらの名作が集結、ウフィツィ美術館展
  • 2
    深澤直人×藤井保「THE OUTLINE 見えていない輪郭」展
  • 3
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 4
    BMW「布製のコンセプトカー」を発表、車体が変形
  • 5
    浅草発のデザインのエキシビション「TOKYO L」が開催
  • 6
    欧州No1の実力。FORD フィエスタ|試乗レポート
  • 7
    シャングリ・ラホテル 東京がHACCPとISO22000認証を取得
  • 8
    吉田カバン2010春夏新作「カジュアル編」
  • 9
    近未来感あふれるSFのような体験、「モノのインターネット」/2014、最新テクノロジー(2)
  • 10
    フォトギャラリー:iPod全面リニューアル

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加