キーホルダーサイズのiPhoneコンセント、「Chargerito」

2014年 10月 21日 09:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6、6Plusがリリースされて早1ヶ月。これまでより一回り大きくなったサイズで発売前から大いに話題となったが、今回は操作性やスペックの話は置いておいて、大事な充電の話をしよう。

私たちの生活は、スマートフォンがないと成り立たなくなったといっても過言ではない。仕事上でタイムリーなやりとりに必要なのはもちろん、待ち合わせ一つにしてもスマートフォンがないと不安がつきまとう。その上、電話やメールチェック以外にSNSやキュレーションサイトの閲覧など、時間が許す限りスマートフォンを眺めている人も多いはず。

そこで問題なのがバッテリーだ。従来の携帯電話に比べて、バッテリーの持ちが悪いことは周知の通りで、肝心なときの充電切れは死活問題。スマートフォンと合わせて、充電器がないと不安になるという人すらいるもの。ただ、この充電器、家や職場で使用していると意外と携帯するのを忘れがち。持ち運んだとしても、ケーブルがからまったり、本体がかさばったりと携帯にはいささか不向き。そんな人にお勧めしたいのが世界最小のチャージャー「Chargerito」である。


このChargeritoは、コンセント部分とUSBポートの差し込み口のみのシンプルな構造。壁の電源から直接接続できるので、ケーブルなど付属品がいらず、USBポートが近くにない場合もOK。テーブルの上でケーブルが絡まったり、机のうえでごちゃごちゃしないのも嬉しい。しかも、2.1×3.3cmサイズは、キーホルダーにひっかけるだけでカギと一緒に持ち運べて便利。従来の充電器のようにカバンの中でどこにやったかわからなくなる心配もない。これ自体がバッテリーではないが、差し込み口があればすぐに充電ができる手軽さが魅力だ。


ただ、小さいサイズゆえの問題点があることも書き記しておこう。Chargeritoは壁に直接立てて充電するタイプであるため、デバイスの重さ次第では傾く心配もある。スマートフォンくらいのサイズなら大丈夫のようだが、iPadやKindleの長時間充電は少々不安になるので、緊急で必要なとき以外はスマートフォン専用にする方がよさそうだ。

Related article

  • Bang & Olufsenの新型液晶テレビ「BeoVision 8」
    Bang & Olufsenの新型液晶テレビ「BeoVision 8」
  • 「教えて!ビッグマックの食べ方」キャンペーン、26日まで200円
    「教えて!ビッグマックの食べ方」キャンペーン、26日まで200円
  • iidaから吉岡徳仁デザイン「X-RAY」
    iidaから吉岡徳仁デザイン「X-RAY」
  • リコー GR DIGITAL IIがiFデザイン賞を受賞
    リコー GR DIGITAL IIがiFデザイン賞を受賞
  • 三軒茶屋の住宅街で出会った魅力的なコーヒー店、「OBSCURE」
    三軒茶屋の住宅街で出会った魅力的なコーヒー店、「OBSCURE」
  • 松井龍哉が見立てた、Bang & Olufsenの世界
    松井龍哉が見立てた、Bang & Olufsenの世界

Prev & Next

Ranking

  • 1
    天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー
  • 2
    夢の企画ふたたび! 「ランデヴー 日本料理名店との饗宴」
  • 3
    圧倒的なグルビの世界へ、グルーヴィジョンズ展
  • 4
    ザ・コンランショップのインテリアに泊まる。ロイヤルパーク汐留タワー
  • 5
    今週末見るべき映画「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」
  • 6
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 7
    ビブリオファイル Cruising 3月のおすすめ
  • 8
    「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ
  • 9
    今週末見るべき映画「あの夏の子供たち」
  • 10
    長山智美のムームー日記SP「D.I.Y. by Masataka Kurashina x GELCHOP」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加