キーホルダーサイズのiPhoneコンセント、「Chargerito」

2014年 10月 21日 09:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhone6、6Plusがリリースされて早1ヶ月。これまでより一回り大きくなったサイズで発売前から大いに話題となったが、今回は操作性やスペックの話は置いておいて、大事な充電の話をしよう。

私たちの生活は、スマートフォンがないと成り立たなくなったといっても過言ではない。仕事上でタイムリーなやりとりに必要なのはもちろん、待ち合わせ一つにしてもスマートフォンがないと不安がつきまとう。その上、電話やメールチェック以外にSNSやキュレーションサイトの閲覧など、時間が許す限りスマートフォンを眺めている人も多いはず。

そこで問題なのがバッテリーだ。従来の携帯電話に比べて、バッテリーの持ちが悪いことは周知の通りで、肝心なときの充電切れは死活問題。スマートフォンと合わせて、充電器がないと不安になるという人すらいるもの。ただ、この充電器、家や職場で使用していると意外と携帯するのを忘れがち。持ち運んだとしても、ケーブルがからまったり、本体がかさばったりと携帯にはいささか不向き。そんな人にお勧めしたいのが世界最小のチャージャー「Chargerito」である。


このChargeritoは、コンセント部分とUSBポートの差し込み口のみのシンプルな構造。壁の電源から直接接続できるので、ケーブルなど付属品がいらず、USBポートが近くにない場合もOK。テーブルの上でケーブルが絡まったり、机のうえでごちゃごちゃしないのも嬉しい。しかも、2.1×3.3cmサイズは、キーホルダーにひっかけるだけでカギと一緒に持ち運べて便利。従来の充電器のようにカバンの中でどこにやったかわからなくなる心配もない。これ自体がバッテリーではないが、差し込み口があればすぐに充電ができる手軽さが魅力だ。


ただ、小さいサイズゆえの問題点があることも書き記しておこう。Chargeritoは壁に直接立てて充電するタイプであるため、デバイスの重さ次第では傾く心配もある。スマートフォンくらいのサイズなら大丈夫のようだが、iPadやKindleの長時間充電は少々不安になるので、緊急で必要なとき以外はスマートフォン専用にする方がよさそうだ。

Related article

  • 東京都庭園美術館が3年ぶりにリニューアルオープン
    東京都庭園美術館が3年ぶりにリニューアルオープン
  • 究極の映像と音、バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
    究極の映像と音、バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
  • おいしい角ハイボールのつくり方、第二弾「着物篇」
    おいしい角ハイボールのつくり方、第二弾「着物篇」
  • 大型ライフスタイルストア「SLOWHOUSE」、天王洲にオープン
    大型ライフスタイルストア「SLOWHOUSE」、天王洲にオープン
  • ライカ D-LUX 4に限定1000台のチタンモデル
    ライカ D-LUX 4に限定1000台のチタンモデル
  • ゼリーのようなテーブルウェア、「ティナ・フレイ・デザインズ」
    ゼリーのようなテーブルウェア、「ティナ・フレイ・デザインズ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 2
    サロン・デュ・ショコラ 2015|おすすめショコラ
  • 3
    福武ハウス 2010に気鋭の現代作家:瀬戸内国際芸術祭
  • 4
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)
  • 5
    ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    紙製品の新ブランド「No.62」
  • 7
    今週末見るべき映画「郊遊<ピクニック>」
  • 8
    難解にみえて、着手を選ばない服―エムズ ブラック
  • 9
    世界の「いれもの」が大集合! コンランの「CASE STUDY」
  • 10
    渋谷に岡本太郎の遺伝子を継ぐアートが集結!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加