気が早い? Apple watch用の充電台「getrest」

2014年 12月 18日 08:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年9月、appleから発表されたウェアラブル端末「Apple Watch」。「時間を伝えるだけではなく、時間の使い方を進化させる時計」として、高いスペックが話題となったが、その新しいデバイスをフルに活用するため周辺機器も気になるところ。今回はApple Watchをおしゃれに充電する「getrest」を紹介。


Apple watch専用の充電台「getrest」は、時計が近づくと所定の位置に時計を固定し、自動的に充電が開始されるという優れもの。MacBook Pro、MacBookおよびMacBook Airの本体をACアダプタのコード接続するコネクタMagSafeの充電ケーブルをフルチャージングドッグへと変換させるという機能も保有しているため、Appleユーザーの充電ステップをさらに手軽にしてくれる。

また、机やサイドテーブルに置くことを前提として、ウォールナットのトップと重量感のあるスチールボトムを組み合わせたスマートにデザインは、見えないところにチャージケーブルを隠す必要がなくなる。gerrestの全ての部品はアメリカで機械加工によって精密に作られており、手触りのよいフィット感とスタイリッシュさが魅力の充電台だ。



ここで改めてApple Watchの特徴についてもいくつか書いておこう。2015年初頭に発売を予定しているApple Watchは、Taptic Engineと呼ばれるリニアアクチュエータが内蔵され、つけた部分を軽く叩くという機能があり、体感のアラート通知が可能。これまで音や視覚で受け取っていたアラートを触感で受け取ることができるのだ。

もちろん、純粋に「時計」としての機能も秀逸。Apple Watchは多くのテクノロジーを駆使し世界標準時との時差を0.05秒以内にとどめ、旅先では自動的に現地時間に合わせることができる。サマータイムも自動調整するというから、世界中を移動している人には嬉しい機能だ。

またフィットネスに注力した機能にも注目。「ムーヴ」「エクササイズ」「スタンド」の3つのトラッキングリングで、消費カロリーや歩数だけではなく、運動の質や頻度まで幅広いデータが集積可能。長い時間座ったままの状態で作業していると「もっと動いて」と促すとか。まさに毎日の健康をサポートする時計だ。

これ以外にも魅力的な特徴が搭載されているApple Watch。手に入れた人は毎日長時間の装着が必要になることが予想されるからこそ、日々の充電はなるべくスムーズにストレスなくやっておきたい。その点、getrestは機能面とビジュアル面の両方で最適と言えるだろう。プレオーダーは$79。Apple Watch販売の45日後から出荷を開始するそうなので、ぜひApple Watchの予約を合わせてリストに入れておきたい。

お問い合わせ:公式サイト

文/TPDL

Related article

  • iPhotoトークイベントに、モデル&料理研究家の西歩見さん
    iPhotoトークイベントに、モデル&料理研究家の西歩見さん
  • 健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
    健康管理をしてくれるベッドシート、「LUNA」
  • 5年ぶり新デザイン、ユニボディの「Mac mini」
    5年ぶり新デザイン、ユニボディの「Mac mini」
  • 新型のiPhoneは「iPhone 3G S」
    新型のiPhoneは「iPhone 3G S」
  • 五感で体感する「ロン サカパ」の“Magical”な味わい
    五感で体感する「ロン サカパ」の“Magical”な味わい
  • 日本の心と美、陶器ブランド「美命」の世界
    日本の心と美、陶器ブランド「美命」の世界

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 2
    今週末見るべき映画「教授のおかしな妄想殺人」
  • 3
    フォトギャラリー:リコー GR DIGITALIII発表会
  • 4
    フォトギャラリー:「ニスモ 370Z」
  • 5
    フォトギャラリー:「アウディA5 カブリオレ」発表会
  • 6
    銀座の真ん中に「銀座どうぶつ園 ほぼ原寸大 写真展」
  • 7
    フォトギャラリー:「harman/kardon GLA-55」
  • 8
    暮らしのための道具がある風景「鍋の道具展」
  • 9
    フォトギャラリー:新型BMW7シリーズ発表会
  • 10
    ディーター・ラムス インタビュー、機能主義デザイン再考

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加