Interview:松井龍哉氏・アプリ化するロボット、誰もが開発できる未来へ

2014年 12月 24日 08:10 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

「私もロボットデザイナー」、そういえる日が来るかもしれない。ロボットデザイナー、松井龍哉氏が率いるフラワー・ロボティクス社が今年新たに発表した家庭用ロボット「Patin(パタン)」は、ロボットをプラットフォーム化し、誰でもこれに搭載するサービス・ユニットを開発することができる仕組みだ。従来の日本のロボット開発の常識を覆す、新たなモノ作りへの挑戦を、松井龍哉氏が語る。


これまでヒューマノイドロボット「Posy」や、小鳥型の自律分散型ロボット「Polly」など時代を象徴するロボットデザインを手がけてきたフラワー・ロボティクス社。新しい家庭用ロボット「Patin」は、これまでとは違う発想で開発されている。それは、今後さまざまなサードパーティの参入によって、進化するものであるということ。たとえるなら、スマートフォンがさまざまなアプリ開発によって面白くなるように、ロボットも今後さまざまな付加機能が開発されるようになる。

―「Patin」のコンセプトはどうやって生まれたのですか?

ロボットが実社会でどう役に立つのか? 生活のパートナーとしてのロボットをデザインしたいと思ったのがこのプロジェクトのきっかけです。人々の生活の中に置かれたとき、ロボットはどのように機能を拡張していくべきか。自律し、学習していくというのはロボットの面白さですから、家庭の中での情報を集め学習することで、さらに進化していくことが期待できます。そう考えている時に、いっそ、家庭に必要な機能そのものをロボットに載せて動かしたらどうだろう? 家具や家電にスケート靴を履かせたらどうだろう? という発想で生まれたのが「Patin」です。「Patin」とは、フランス語でスケートを意味します。


―機能をあとから自由に拡張できるというのは、まるでスマホのような感覚ですね?

そうなんです。考え方はスマホに近いかもしれません。ユーザーの好みに合わせて、どんどんアプリを追加できるように、ロボットもユーザーのライフスタイルに合わせてどんどん機能を拡張できるようにと考えています。実用性を考えたときに、機能に縛られるよりもプラットフォームを作るほうが重要だと思ったんです。ですから「Patin」は、現在AIロボット開発のプラットフォームとして提供できるよう、インターフェイス開発を進めています。オープンソースとし、サードパーティが自由に追加機能としてのサービス・ユニットを開発することができます。インターフェイスにはAndroidを採用し、開発キット(SDK)を2015年度に提供する予定です。

Related article

  • ミシェル・ゴンドリー来日。展覧会イベントレポート/ミシェル・ゴンドリーの世界(4)
    ミシェル・ゴンドリー来日。展覧会イベントレポート/ミシェル・ゴンドリーの世界(4)
  • アートなネオンカラーが躍る、エルメスの“Swinging Silk”
    アートなネオンカラーが躍る、エルメスの“Swinging Silk”
  • ラグジュアリーなトイレットロール「Renova」に新色
    ラグジュアリーなトイレットロール「Renova」に新色
  • この夏の「アウトドアリビング」を先取り
    この夏の「アウトドアリビング」を先取り
  • この秋、フィンランドデザインが新宿に集結
    この秋、フィンランドデザインが新宿に集結
  • キム・ジョーンズ来日、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店 メンズフロアリニューアルの夜
    キム・ジョーンズ来日、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店 メンズフロアリニューアルの夜

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドの現代作家による「Awakening」
  • 2
    グラフィカルに食卓を装う はし袋
  • 3
    ワタリウム美術館「ルイス・バラガン邸をたずねる」
  • 4
    カスタマイズする醍醐味。BMW Motorrad「R nineT」
  • 5
    ムービー:軽井沢千住博美術館、西沢立衛設計
  • 6
    新感覚のダイニング&チェア、リビングの新たな流行をアルフレックスから
  • 7
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
  • 8
    19日からGEISAI大学 第3シーズンが開講
  • 9
    フォトギャラリー:日産「スカイライン・クロスオーバー」
  • 10
    フォトギャラリー:WyzartによるWyzArtifact Exhibition

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加