いつでも“小さな焚き火”ができる「BURNIE GRILL」

2015年 3月 14日 08:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

キャンプ人口が増えているそうだ。中でもその数字を押し上げているのは、20代の女性や、50、60代以降の中高年が多いと聞く。ここ数年のうちに郊外型音楽フェスの人気が高まり、ごく一般の人がキャンプ場へ足を運ぶようになったこと、富士山が世界遺産登録したことで登山人口が増加したことなど様々な理由が重なり、今般のブームを盛り上げているようだ。

このブームに乗り遅れまいと、周辺都市型キャンプ場も続々とオープン、日常的にキャンプやアウトドアを楽しむ環境が整ってきた。本格的なシーズンは5月から10月頃までと比較的長く、今年も多くの人がキャンプ場へと足を運び、思い思いの時間を過ごすだろう。


中でも、キャンプの魅力の一つに“焚き火”がある。大自然の中で、パチパチと音をたてながらゆらめく炎を眺める時間はまさにキャンプのハイライト。日常ではなかなか味わえない有意義な体験だ。ただ、キャンプビギナーにとって一から火を起こす作業はなかなか至難の業。焚き火に必要な道具を買いそろえるのも、後始末や持ち運びにもわずらわしさがあるため、なかなかハードルが高い。だが、安心してほしい。最近アメリカで登場した「BURNIE GRILL」は、いつでも簡単に火を起こすことができる完全自己完結型の新しい“焚き火”。

ラージバーニー(燃焼時間2.5時間) $14.95

ミディアムバーニー(燃焼時間1.5時間)$12.95

Related article

  • 日本古来の香文化を伝える店「Juttoku.(ジュットク)」
    日本古来の香文化を伝える店「Juttoku.(ジュットク)」
  • シドニー最新レストラン/オーストラリアを旅する(7)
    シドニー最新レストラン/オーストラリアを旅する(7)
  • iPhoneケースの新スタンダード「InkCase i6」
    iPhoneケースの新スタンダード「InkCase i6」
  • コーヒーハンター 川島良彰が啓蒙する味/コーヒーにこだわる(1)
    コーヒーハンター 川島良彰が啓蒙する味/コーヒーにこだわる(1)
  • キャセイパシフィック航空で行く/モルディブ、極上という名のリゾート(5)
    キャセイパシフィック航空で行く/モルディブ、極上という名のリゾート(5)
  • パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』
    パリの街角vol.6『エドヴィナ・ド・シャレット with シンスケ』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    カルト的人気を集める五木田智央、美術館展開催
  • 2
    新鮮なグラフィックデザインで「壁を装う」
  • 3
    ロールス・ロイスがブランドムービー「スピリット・オブ・エクスタシー」を公開
  • 4
    60年を経て、中原淳一の「夢の机」を商品化
  • 5
    フェミニンに生まれ変わったブルガリ・ブルガリ
  • 6
    「けはいに ふれる」クリスマスディスプレイ
  • 7
    震災で進化した仙台伝統工、玉虫塗プロダクト「TOUCH CLASSIC」
  • 8
    メルセデス-AMGから新しい歴史が紡がれる。「AMG GT」デビュー
  • 9
    4月21日から5月12日までチャン・ディック「Chai Wan Fire Station」展を開催
  • 10
    フォトギャラリー:フライターグ「F76 LEO」「F77 BEN」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加