ブルーボトルコーヒーでも使用、デジタルコーヒースケール「acaia peal」

2015年 4月 21日 08:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

今春、東京・代官山に3号店をオープンするブルーボトルコーヒー。その勢いは止まらず、日本にサードウェーブコーヒー旋風を巻き起こしている。そんな話題のコーヒーショップで使用していることから注目されたのが、デジタルコーヒースケールの「acaia peal(アカイア パール)」。コーヒー豆の量に合わせたお湯の量や温度などをガイドしてくれる最新ガシェットだ。


本商品の最大のポイントは、世界発のアプリ連動型コーヒースケールであること。アプリ画面には、重量のほか、お湯を注ぐタイミングや蒸らしの時間などが表示される。お湯を注いだり止めたり、そのタイミングはアプリを見ながらやればいい。さらに、その抽出データを保存・記録することで、自分好みのコーヒーを毎回同じように淹れることが可能になる。コーヒーレシピ(抽出データ)はCloud上で共有可能。バリスタがコーヒーを淹れたレシピがあれば、素人でもプロの味を家庭で再現することができる。自宅でおいしいコーヒーを淹れたいという人が増えて来ている昨今、この商品の登場は実に嬉しい。


コーヒー界の「Apple」とも呼ばれているブルーボトルコーヒーで使用されているだけのことはあり、そのルックスも秀逸。無駄なものを一切削ぎ落としたシンプルなデザインは、スタイリッシュなキッチンにもすんなり馴染むだろう。デジタルスケールといえば、台座と天板の間にすき間があっていかにも秤に置いている感が否めないデザインが主流だ。しかし、「アカイア パール」は真四角でフラット、メモリ表示すらボディと一体化している。側面もフラットで、余計な突起物がないため、コーヒーの粉や液体が入り込むことなくお手入れも簡単。ライトで浮かび上がる数字も実にクールだ。

Related article

  • フォトギャラリー:森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」
    フォトギャラリー:森田恭通のカモフラージュ「ラ・シェーズ」
  • 60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(3)
    60年代の日本デザインの傑作が復活「60VISION」新作展示会(3)
  • cado|ありそうでなかった実力派、モバイル加湿器
    cado|ありそうでなかった実力派、モバイル加湿器
  • iLife '09、1月28日より店頭販売開始
    iLife '09、1月28日より店頭販売開始
  • 女性の暮らしとデザインを見つめた、バウハウスのキッチン展
    女性の暮らしとデザインを見つめた、バウハウスのキッチン展
  • 山のような建築 雲のような建築 森のような建築
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築

Prev & Next

Ranking

  • 1
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 2
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 3
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 4
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 5
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 6
    amadanaケータイ N705iがベールを脱いだ
  • 7
    キム・ジョーンズ来日、ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店 メンズフロアリニューアルの夜
  • 8
    今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」
  • 9
    今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」
  • 10
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加