ブルーボトルコーヒーでも使用、デジタルコーヒースケール「acaia peal」

2015年 4月 21日 08:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

今春、東京・代官山に3号店をオープンするブルーボトルコーヒー。その勢いは止まらず、日本にサードウェーブコーヒー旋風を巻き起こしている。そんな話題のコーヒーショップで使用していることから注目されたのが、デジタルコーヒースケールの「acaia peal(アカイア パール)」。コーヒー豆の量に合わせたお湯の量や温度などをガイドしてくれる最新ガシェットだ。


本商品の最大のポイントは、世界発のアプリ連動型コーヒースケールであること。アプリ画面には、重量のほか、お湯を注ぐタイミングや蒸らしの時間などが表示される。お湯を注いだり止めたり、そのタイミングはアプリを見ながらやればいい。さらに、その抽出データを保存・記録することで、自分好みのコーヒーを毎回同じように淹れることが可能になる。コーヒーレシピ(抽出データ)はCloud上で共有可能。バリスタがコーヒーを淹れたレシピがあれば、素人でもプロの味を家庭で再現することができる。自宅でおいしいコーヒーを淹れたいという人が増えて来ている昨今、この商品の登場は実に嬉しい。


コーヒー界の「Apple」とも呼ばれているブルーボトルコーヒーで使用されているだけのことはあり、そのルックスも秀逸。無駄なものを一切削ぎ落としたシンプルなデザインは、スタイリッシュなキッチンにもすんなり馴染むだろう。デジタルスケールといえば、台座と天板の間にすき間があっていかにも秤に置いている感が否めないデザインが主流だ。しかし、「アカイア パール」は真四角でフラット、メモリ表示すらボディと一体化している。側面もフラットで、余計な突起物がないため、コーヒーの粉や液体が入り込むことなくお手入れも簡単。ライトで浮かび上がる数字も実にクールだ。

Related article

  • 「暮らすひと 暮らすところ」、戸田祐希利氏のエキシビジョン
    「暮らすひと 暮らすところ」、戸田祐希利氏のエキシビジョン
  • 「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【前編】
  • コンクリートをまとった香水「ロードゥ イッセイ プールオム」限定
    コンクリートをまとった香水「ロードゥ イッセイ プールオム」限定
  • ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
    ナディッフが「NADiff A/P/A/R/T」として再オープン
  • ±0がインテリアライフスタイル展にて新作発表
    ±0がインテリアライフスタイル展にて新作発表
  • プロダクトデザイナー・秋田道夫が撮った「信号機」のある風景
    プロダクトデザイナー・秋田道夫が撮った「信号機」のある風景

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    モダンデザインの過去から未来を展望「ヴェルナー・パントン展」
  • 3
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 4
    フォトギャラリー:フォルクスワーゲン「シロッコ」発表会
  • 5
    ゴールデンウイークはApple Storeが熱い
  • 6
    サローネよりも面白い?  「ポスト・フォッシル」展
  • 7
    自由な絵ときもちいい言葉の世界 「いのくまさん」
  • 8
    あの人の「スタンダード」と「ニュースタンダード」/3)前田エマ
  • 9
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展
  • 10
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」発表会

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加