iPhoneケースの新スタンダード「InkCase i6」

2015年 4月 23日 08:05 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

電子ペーパーのスクリーンが付いたiPhone 6用の保護ケース、「InkCase i6」が登場。iPhone 5用は既に発売されており、スマートフォンのセカンドスクリーンとしての機能が話題を呼び、携帯ケース界に新たな風を吹かせている。


いわゆる電子書籍などに使われる電子ペーパーが搭載されたこのiPhoneケースは、装着するだけで1台のiPhoneに2面のスクリーンを持つことができる。「InkCase i6」は装着するiPhone 6の本体とBluetoothでワイヤレスに繋がることができるので、メールから天気情報まで様々な新着通知情報を受信し、表示することができる。これで1秒たりとも重要な情報を見逃すことはない。


本体にも充電があるので、使用するiPhone自体の充電を節約することができるのも嬉しいポイントだ。メールがきているわけでもないのにスマートフォンの画面を癖でついつい確認してしまう人も多いと思うが、あの画面を明るくする瞬間が充電の早くなくなる1番の原因とも言われている。「InkCase i6」では、画面表示をスリープにすることなく常にオンの表示状態にすることができる。この状態でも充電をほとんど消耗しないのは電子ペーパーならでは。表示は白黒になってしまうが、簡単な文字情報なら白黒表示でも充分だろう。

Related article

  • フォトギャラリー:WyzartによるWyzArtifact Exhibition
    フォトギャラリー:WyzartによるWyzArtifact Exhibition
  • 婚約指輪をスリムに収納できるポップアップケース
    婚約指輪をスリムに収納できるポップアップケース
  • 「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
    「ミシェル・ゴンドリーの世界一周」展、MOTで開催
  • アマダナUSBメモリ、表参道ヒルズ2周年限定モデル
    アマダナUSBメモリ、表参道ヒルズ2周年限定モデル
  • iPod nanoをアップデート、縦型で17,800円より
    iPod nanoをアップデート、縦型で17,800円より
  • auの新プロジェクト「another work*s」が始動
    auの新プロジェクト「another work*s」が始動

Prev & Next

Ranking

  • 1
    バング&オルフセンの目覚ましクロック「BeoTime」
  • 2
    よく見るあのカフェの椅子…125年前に生まれたモデルの最新系とは?
  • 3
    ミラノサローネ2010、カリモクの挑戦
  • 4
    カラフルで宝石のようなエクレア専門店/パリの絶品スイーツ(2)
  • 5
    「パンとエスプレッソと」神宮前3丁目にオープン
  • 6
    今週末見るべき映画「彼は秘密の女ともだち」
  • 7
    「差がつく」バッグ/注目すべき、厳選メンズバッグ(4)
  • 8
    今週末見るべき映画「ザ・マスター」
  • 9
    「つながり」を考えるアート、森美術館で開催中
  • 10
    今週末見るべき映画「クロワッサンで朝食を」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加