これでイヤホンが絡まない!まったく新しいイヤホンケース「Turn」とは

2015年 7月 3日 16:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとが普段おこなう動作を分析して、より簡単に、スマートに。確実に私達の生活をサポートしてくれる。そんな教科書のような製品を見つけたので、ご紹介。現在MONOCO編集部で大流行中だ。

イヤホン、充電器などのコードの断線は、落下などで急にコードが抜けた時と、かばんの中でコードが絡まった時に起こる。落下などの偶発的な事故はともかく、かばんの中でコードが絡まることは予防できるはず。

コードの絡まり対策として、コードを巻き取る製品や丸めて収納する製品は多くある。だがその多くは強く巻き取ることで断線する可能性をかえって上げてしまったり、断線はしないものの収納後、絡まってしまったり、不完全なものが多かった。そんなイライラ解消のため、Turnのデザイナーはひとが誰しも無意識にやる「コードを手のひらに巻きつける」という行為に着目。どうすればより簡単にコードを手のひらに巻き付け、維持しながら保護し、取り出せるのか。

Related article

  • 【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
    【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
  • 一歩先行く大人の女性に提案する、抜け感のあるアーバンスタイル
    一歩先行く大人の女性に提案する、抜け感のあるアーバンスタイル
  • ステートメントアイテムとしての魅力をもったネクタイ
    ステートメントアイテムとしての魅力をもったネクタイ
  • この冬は、こだわり抜かれた「KruZin」デザインスニーカーを主役に
    この冬は、こだわり抜かれた「KruZin」デザインスニーカーを主役に
  • Monofoldから、機能性もデザインも妥協しない、こだわり派の為の3WAYバッグ
    Monofoldから、機能性もデザインも妥協しない、こだわり派の為の3WAYバッグ
  • 【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
    【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    伝統技巧とデザインの融合、飛騨春慶×日本デザインコミッティー
  • 2
    思考をずらす笑いの視点、福田繁雄大回顧展
  • 3
    森美術館、2011年の企画展は?
  • 4
    夏の銀座でジャパンカルチャーを楽しむ 『銀座三越 アート&クリエーション』
  • 5
    著名シェフ総勢28名による「丸の内シェフズクラブ」が発足
  • 6
    夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
  • 7
    君の名前で僕を呼んで 【今週末見るべき映画】
  • 8
    吉岡徳仁「2009ミラノサローネ」プレビュー(2)
  • 9
    フォトギャラリー: 伊勢丹新宿店  DESIGNTIDE TOKYO 2012
  • 10
    官能をも備えた大人のスポール、プジョーRCZ R

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加