オランダ生まれのマルチ電源タップ「PowerCube」で家庭内の電源を「設計」してみる

2015年 7月 28日 17:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の急な来客前のこと。慌てて部屋を片付けていると、「がしゃん」。電源コードにつまづき、そこら中の家電を巻き込んで豪快に転んでしまった。部屋中しっちゃかめっちゃかで、来客どころではない。痛い脚をさすりながら、涙目で家電類を無理やりクローゼットに押し込んで来客を迎えることとなった。

そもそも電源タップや電源コードっておしゃれじゃない。

まず見た目がかっこ悪い。もさっとしていて大きくて、色も選べない。どんなに部屋のインテリアを頑張っても電源タップや電源コードが見えてしまったら台無しだ。

何より、電源コードに合わせて部屋の配置を決めなきゃいけないというのがおかしい。もっと自由に、スマートフォンやオーディオ、電気スタンドや加湿器を配置したい。

そう。もっとおしゃれに、自由に、家庭内の電源をわたしは「設計」したい。


そんなとき、オランダ生まれのPowerCubeというマルチ電源タップに出会って一目惚れした。単純にかわいいのだ。無造作に床に置いておいてもそのままインテリアになる。そして使い込むうちにPowerCubeの奥深さにびっくりさせられることとなる。PowerCubeは部屋の電源をおしゃれに、自由に、「設計」させるためにデザインされたものだったのだ。


Related article

  • 【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
    【告知】第二回は「やりすぎバロック」に決定
  • スーツにあわせてセレクト、こなれアクセサリー
    スーツにあわせてセレクト、こなれアクセサリー
  • 【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
    【告知】第三回ヘンタイ美術館は、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 銀座で楽しむ良質な音楽。「GINZA MUSIC BAR」オープン
    銀座で楽しむ良質な音楽。「GINZA MUSIC BAR」オープン
  • 「暮らすひと 暮らすところ」、戸田祐希利氏のエキシビジョン
    「暮らすひと 暮らすところ」、戸田祐希利氏のエキシビジョン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 2
    中目黒高架下にラグブランド「Layout」のショップがオープン
  • 3
    車と人のいい関係。ボルボ V40、デザイナーが語る北欧主義
  • 4
    裸身の妖精、ジュリアン・ムーアが輝く
  • 5
    肩に掛けて掃除、「カタツムリ型」ハンディクリーナー
  • 6
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 7
    コンペティション9作品の授賞式-第13回東京フィルメックス 
  • 8
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
  • 9
    人気のシュウ ウエムラ、村上隆コラボクリスマスコレクション
  • 10
    史上最速のフラッグシップモデル「フェラーリ F12ベルリネッタ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加