オランダ生まれのマルチ電源タップ「PowerCube」で家庭内の電源を「設計」してみる

2015年 7月 28日 17:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

先日の急な来客前のこと。慌てて部屋を片付けていると、「がしゃん」。電源コードにつまづき、そこら中の家電を巻き込んで豪快に転んでしまった。部屋中しっちゃかめっちゃかで、来客どころではない。痛い脚をさすりながら、涙目で家電類を無理やりクローゼットに押し込んで来客を迎えることとなった。

そもそも電源タップや電源コードっておしゃれじゃない。

まず見た目がかっこ悪い。もさっとしていて大きくて、色も選べない。どんなに部屋のインテリアを頑張っても電源タップや電源コードが見えてしまったら台無しだ。

何より、電源コードに合わせて部屋の配置を決めなきゃいけないというのがおかしい。もっと自由に、スマートフォンやオーディオ、電気スタンドや加湿器を配置したい。

そう。もっとおしゃれに、自由に、家庭内の電源をわたしは「設計」したい。


そんなとき、オランダ生まれのPowerCubeというマルチ電源タップに出会って一目惚れした。単純にかわいいのだ。無造作に床に置いておいてもそのままインテリアになる。そして使い込むうちにPowerCubeの奥深さにびっくりさせられることとなる。PowerCubeは部屋の電源をおしゃれに、自由に、「設計」させるためにデザインされたものだったのだ。


Related article

  • 違いの分かる男性へ、イタリアから届いたレザーケース
    違いの分かる男性へ、イタリアから届いたレザーケース
  • パズルのような、上質革ガジェットケース
    パズルのような、上質革ガジェットケース
  • オーストラリア発、エレガントなキーチェーン「Orbitkey」
    オーストラリア発、エレガントなキーチェーン「Orbitkey」
  • Made in LAのレザー小物で、日々の生活をシンプルに
    Made in LAのレザー小物で、日々の生活をシンプルに
  • 「The new Audi A8」、スペシャルサイトのなめらかな衝撃
    「The new Audi A8」、スペシャルサイトのなめらかな衝撃
  • 一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』
    一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』

Prev & Next

Ranking

  • 1
    プジョーの最新コンセプトモデル、プジョーSR1発表
  • 2
    東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで
  • 3
    ”ウイダーin ゼリー”20周年の進化を、佐藤可士和がデザイン
  • 4
    今週末見るべき映画「ホドロフスキーのDUNE」
  • 5
    バルミューダが「プロダクトデザイン 2012」を同時受賞
  • 6
    「香りとビューティーと思い出」、期間限定の3つのプランをコンラッド東京で
  • 7
    青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
  • 8
    永遠のCM修行僧、中島信也の絵コンテ集
  • 9
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 10
    ジャズ名盤講座第6回「プレスティッジ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加