デザインから見る、新型MacBookの凄さ(2)

2008年 11月 4日 18:30 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「薄く、軽量で、なおかつ頑丈」というノートPCに求められる基本的な性能を、アップルは驚くほど理想的な、そして革命的な方法でカタチにしてしまった。新しいMacBookおよびMacBook Proに与えられた「ユニボディ」である。

 一枚のアルミ板から、外装と内部フレームとが一体となった筐体を削り出しアルミモノコック・ボディを誕生させる。この製法がどれほど優れているかということ、実際の製品を手にした皆さんはすでに体感されていることだろう。


 アップル・ジャパンにて、新しいMacBookおよびMacBook Proの核を担うパーツに触れてきた。従来型のノートPCのボディは、ボトムケースと呼ばれるバスタブ型のケース内にフレームを配置。そのフレーム部にマザーボードなどの構成パーツが組み込まれ、キートップ部でフタをするといったかたちで組み上げられていた。


 つまり骨格の役割は内部のフレームが担い、外装は主に”表面的なデザイン“でしかなかったのである。しかし新しいMacBookおよびMacBook Proは、バスタブを逆さにしたような形状のトップケースそのものをフレームと一体化させたユニボディを採用。トップケース(=ユニボディ)自体が内部基盤を始めとする全てのコンポーネントをつり下げるように支持するというモノコック構造へと進化したのである。


 ユニボディ自体は、驚くほど軽い。それでいて、単体のままでもまるで1枚のアルミ板を持っているかのような剛性感を持っている。キーボードのために開けられた孔数なども多く一見華奢なようにも見えるのだが、削り出しによるモノコック・ボディの剛性レベルはその外観から感じ取れる予想を遥かに超えた次元にある。デスクトップPCの世界ではモノコックボディは当たり前であり、さらにノートブックPCの分野においてもモノコックという思想が新しいというわけでは決してない。

Related article

  • 東京モーターショーで「ザ・ビートル ジャパン プレミア」
    東京モーターショーで「ザ・ビートル ジャパン プレミア」
  • 20周年を迎えてなお進化するカトリーヌ・メミ
    20周年を迎えてなお進化するカトリーヌ・メミ
  • アレッシイ、2011年春夏コレクション
    アレッシイ、2011年春夏コレクション
  • ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • インタビュー:深澤直人、±0初のリストウォッチ
    インタビュー:深澤直人、±0初のリストウォッチ
  • アップルのiTunes100億曲DLキャンペーン、まもなく達成へ
    アップルのiTunes100億曲DLキャンペーン、まもなく達成へ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加