世界限定仕様、ホワイトカラーバージョンのBeoSound 9000

2009年 1月 23日 21:20 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

 デンマークの高級オーディオ・ビデオブランド、バング&オルフセンから、BeoSound 9000の世界限定仕様、ホワイトカラーバージョンが発売される。世界限定1500台、日本では50台の限定発売。


BeoSound 9000 2009年2月より発売予定 90x7x30cm、スタンド使用時の高さは132cm

 同社のアイコンともいえるBeoSound 9000は、デビッド・ルイスのデザインによる独自のスタイルが評価され、これまで数々のデザイン賞を受賞してきた名品。今回バング&オルフセンが目指したのは、安らぎと落ち着きを与えてくれ、周囲をエレガンスな気配で満たすような静謐なる白さであるという。

 何も無いキャンバスのように、空間に調和し、溶け込むような美しさを追求している。従来のブラック×アルミニウムのインパクトの強い存在感に比べて、よりニュートラルな雰囲気に仕上がっていて、自由なインテリアコーディネイトが楽しめる。B&Oのサイトでは、イビザ島のアートギャラリー、エスパシオ・ミカスとのコラボレーションフォトも紹介していて面白い。


 スピーカーカバーには、暖かみを感じさせる適度なニュアンスをもち、それでいて特徴があるホワイトを採用。季節や照明によっても微妙にニュアンスを変える白の世界が楽しめる。また音響性能に影響を与えることなく、汚れやホコリの吸着を避けるため、ファブリックの密度、伸縮性、対光性、防汚性など、あらゆる点から音響技術者とデザイナーがテストを繰り返している。


 今回のBeoSound 9000世界限定発売に先立ち、1月にはチャリティオークションも開催された。限定1500台のうち、シリアルナンバー1が刻印されたものがBeoLab 8000スピーカーのホワイトと組み合わせオークションで販売されたが、こちらはkr 105,000 (14,000ユーロ)で落札、ユニセフに寄付された。限定版にはそれぞれNo.1500までのシリアルナンバーが刻印される。また限定品以外に、B&Oのスピーカーのホワイトバージョンがすでに昨年末に発売されている。

お問い合わせ:バング&オルフセンジャパン tel.03-3249-6090

取材/東ミチヨ

Related article

  • graf + flame「生活を照らすこと」展
    graf + flame「生活を照らすこと」展
  • 森英恵が選んだ若手クリエイターの作品展
    森英恵が選んだ若手クリエイターの作品展
  • スウェーディッシュ・ファッションの現在
    スウェーディッシュ・ファッションの現在
  • フィン・ユールの北欧家具とその作り手—特別展が名古屋で
    フィン・ユールの北欧家具とその作り手—特別展が名古屋で
  • プロダクトデザイナー・秋田道夫が撮った「信号機」のある風景
    プロダクトデザイナー・秋田道夫が撮った「信号機」のある風景
  • スティービー・ワンダーも購入した逸品とは?
    スティービー・ワンダーも購入した逸品とは?

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 2
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 3
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • 4
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 5
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 6
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 7
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
  • 8
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 9
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 10
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加