アナログ感覚を味わう、レンジファインダーのデジカメ「R-D1xG」

2009年 3月 3日 18:00 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

 セイコーエプソンは、レンジファインダーデジタルカメラ「R-D1xG」を4月9日より発売することを発表した。「R-D1」シリーズといえば、2004年に世界初のレンジファインダーを搭載したデジカメとして登場し、話題となった機種。  その後も2006年の「R-D1s」、2007年の「R-D1sL」(コシナ社製レンズのセットモデル)が発売され、着実にその魅力をアップデート。コアなファン層を獲得しているモデルでもある。今回発売される「R-D1xG」はその系譜を受け継いでおり、真骨頂であるアナログ感覚で操作できる使い勝手は健在だ。


「R-D1xG」 オープンプライス 有効画素数/6.1メガピクセル 記録画像サイズ/CCD-RAW(12bit):3008×2000pixel、JPEG:3008×2000pixel /2240×1488pixel ファイルサイズ/RAW:約10MB、JPEG(H):約3MB、JPEG(N):約1.5MB、RAW+JPEG(H):約13MB ファインダー形式/実像距離計式等倍透視ファインダー レンズマウント/EMマウント (M型互換マウント、コシナ社製アダプターにより、Lマウントレンズも接続可)※装着レンズは別途購入が必要

 実際、シャッター速度ダイヤルやシャッターチャージレバー、針式インジケーターといったマニュアルの操作感、往年のクラシックレンズの味わいを引き出す画像処理技術などは、従来機種と同様。ただし、「R-D1xG」には、ホールド感を高める取り外し可能なハンドグリップが同梱され、背面の液晶パネルを固定式の2.5型にサイズアップ、さらに最大32GBまでのSDHCカードにも対応している。「R-D1」シリーズの最大の魅力はその「アナログ感」にあるが、そこを残しつつも便利な機能を追加したのが、今回のモデルチェンジといえるだろう。

 その特性から、「R-D1」シリーズのファンは銀塩カメラ時代からのハイアマチュアが多いのだが、昨今のトレンドのハイエンド・コンパクトデジカメのユーザーにもアピールできるアップデートである。もちろん、このモデルの特徴のひとつである「M型互換マウント」は引き続き採用しているので、ライカ M3以降の名レンズも装着可能だ。

お問い合わせ:エプソンインフォメーションセンター tel.050-3155-8099

取材/ホワイトキューブ

Related article

  • デザインから見る、新型MacBookの凄さ(1)
    デザインから見る、新型MacBookの凄さ(1)
  • iPod touchがアップデート、カメラでFaceTimeとHD撮影
    iPod touchがアップデート、カメラでFaceTimeとHD撮影
  • Bang & Olufsenから液晶テレビ、BeoVision 7-40
    Bang & Olufsenから液晶テレビ、BeoVision 7-40
  • 世界で4店舗目の直営店「ライカ二子玉川店」オープン
    世界で4店舗目の直営店「ライカ二子玉川店」オープン
  • 専用iPhoneアプリ「エキサイトイズム」を高速化
    専用iPhoneアプリ「エキサイトイズム」を高速化
  • 15日まで、ホンマタカシ写真展「Seeing Itself 建築写真編」
    15日まで、ホンマタカシ写真展「Seeing Itself 建築写真編」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティンのコンセプトモデル「V12 ザガート」
  • 2
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 3
    「ミツコ」誕生90周年、ゲランから記念フレグランス
  • 4
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #2
  • 5
    セレブリティ100人が証言する、女流写真家のドキュメンタリー
  • 6
    加齢肌の救世主となるファンデーションがYSLから登場!
  • 7
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)
  • 8
    最も小さく軽い、ランドローバー新SUV「エヴォーク」
  • 9
    今週末見るべき映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
  • 10
    今週末見るべき映画「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加