iidaから吉岡徳仁デザイン「X-RAY」

2010年 10月 18日 14:50 Category : Digital

このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月18日、iidaから吉岡徳仁氏のデザインによる新モデル「X-RAY」が発表された。コンセプトは「表面のかたち作りから離れ、内側からデザインする事でまるでかたちが存在しないような携帯電話」。


 筐体を透過させて、内部の基盤やチップや配線そのものをデザインした。材料メーカーとガラス繊維メーカーが共同開発した特殊な新素材を使う事で、美しい透明度と深い質感を実現している。カラーはRED、BLACK、BLUEの3モデル。


 新たに専用に開発された7×102ドットのマトリクスLEDサブディスプレーが搭載され、時刻や着信、メール受信のお知らせなどが表示される。


 フィーチャーフォン(従来型の携帯電話)で、スマートフォンではない。「X-RAY」は10月19日(火)から東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオで展示される。発売は11月中旬。

サイズ:約110×49×15.7mm
重量:約123g
連続通話/待受時間 約210分/約270時間
カメラ:有効画素数約808万画素/CMOS/オートフォーカス/撮影ライト
カラー:RED、BLACK、BLUE
メインディスプレー:約3.0インチ フルワイドVGA TFT液晶
サブディスプレー:7×102ドットマトリクスLED
外部メモリー:microSD/microSDHCメモリカード (最大16GBまで)

Related article

  • 2年越しの六本木アートナイト、今週末開催
    2年越しの六本木アートナイト、今週末開催
  • 話題の西武池袋本店で、人気見本市が「そのまま買える」
    話題の西武池袋本店で、人気見本市が「そのまま買える」
  • デザインタイドトーキョー2011、開催概要が発表に
    デザインタイドトーキョー2011、開催概要が発表に
  • アメリカの美の殿堂から、エジプトコレクションが初来日
    アメリカの美の殿堂から、エジプトコレクションが初来日
  • iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
    iida Art Editionsにコンセプトモデル、名和晃平と東信
  • アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!
    アート、建築、食、そして人。いま、横浜のまちが面白い!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 2
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • 3
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 4
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 5
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 6
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 7
    東京・赤坂に新感覚のドーナツショップ「Neyn」
  • 8
    アストンマーティンから2ドア新型スポーツGT「ヴィラージュ」
  • 9
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 10
    エクレアの祭典「FAUCHONエクレアウィーク」、日本初上陸

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加