今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」

2011年 4月 21日 20:30 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 映画を見る楽しみのひとつは、ごひいきの女優の衣装だ。かつて、オードリー・ヘプバーンが主演した「麗しのサブリナ」「昼下りの情事」「ティファニーで朝食を」、そして「シャレード」などでの洒落た衣装デザインは、ユベール・ド・ジバンシーであった。

 若くして天才と言われたイヴ・サンローランもまた、映画の衣装デザインを、数多く手がけている。ごひいきの女優カトリーヌ・ドヌーヴの「昼顔」や「引き潮」、ロミー・シュナイダーの「夕なぎ」、クラウディア・カルディナーレの「ピンクの豹」などは、優雅にして繊細な、サンローランの衣装デザインが堪能できる映画であった。

 映画「イヴ・サンローラン」(ファントム・フィルム配給)は、クリスチャン・ディオールの後を、若くして継いだサンローランの仕事と素顔が、公私ともにパートナーであった盟友のピエール・ベルジェの回想で綴られる。形式はドキュメントであるが、これは、サンローランとベルジェとの愛のドラマ、サンローランを想うベルジェのコメントの数々が、深い慈愛に満ちて、胸を打つ。原題が「狂気の愛」なのも頷ける。

 ベルジェは、サンローランの天才であるが故の、成功を納めたが故の、名声を獲得したが故の、創作し続けなければならない苦悩を明かしていく。ベルジェは淡々と語る。ディオールの葬儀でのサンローランとの出会い。共同作業でアトリエを立ち上げたこと。パリのアパートや、マラケシュ、ノルマンディーなどの家で、過ごした日々。お互いの立場と役割。サンローランの成功と創作の苦悩などを。一言一言を、噛みしめるように語るベルジェの表情からは、サンローランを亡くした哀しみが漂う。

 サンローランは、毎年、定期的にコレクションを発表し続けなければならない責任感に、悩み苦しむ。天才であればこその苦悩かもしれない。しかし、そんなサンローランに寄り添うように、いつも、ベルジェが側にいる。サンローランのいくつかのインタビューが挿入される。はにかみながら、丁寧に答える素顔からは、創作への苦悩、プレッシャーが読みとれる。この世の幸せは? との問いに「満ち足りた大きなベッド」。また、理想の死に方は? との問いにも「満ち足りた大きなベッドで」と答えている。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ターナー、光に愛を求めて」
    今週末見るべき映画「ターナー、光に愛を求めて」
  • エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
    エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
  • さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
    さすらいのレコード・コレクター~10セントの宝物【今週末見るべき映画】
  • 夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
    夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
  • 今週末見るべき映画「コマンダンテ」
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 原研哉とケンゾーパルファムのコラボレーション
    原研哉とケンゾーパルファムのコラボレーション

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 6
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 7
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 8
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 9
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」
  • 10
    今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加