2つの老舗メゾンが実現した究極のボトルクーラーとは?

2011年 5月 20日 11:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャンパーニュの王者として知られる「KRUG(クリュッグ)」が、2011年から新たに取り組んでいるプロジェクトが「究極のボトルクーラーづくり」。そのパートナーとして世界中の候補から選んだのは、日本の無形文化財である鎚起(ついき)銅器の「玉川堂」だ。

 1843年(現在6代目)の創業以来、木樽を用いた職人的な醸造方法を貫く老舗シャンパーニュメゾン「クリュッグ」と、1816年創業(現在7代目)の歴史・伝統・職人技を誇る「玉川堂」。日仏の老舗メゾンがどのように巡り会い、今回のコラボレーションを実現したのか。完成に至るまでのエピソードを交えながら、両メゾン当主の「究極のボトルクーラーづくり」にかける想いを聞いた。

クリュッグ鎚起銅器ボトルクーラー サイズ側面/W142×D146×H248mm 底/W114×D114mm 重量790g

(以下、敬称略)
オリヴィエ・クリュッグ「KRUG」6代目当主
玉川基行「玉川堂」7代目当主
谷川じゅんじクリエイティブディレクター

―「究極のボトルクーラーづくり」がクリュッグの2011年新プロジェクトとして立ちあがった、きっかけをお聞かせください?

(オリヴィエ・クリュッグ)究極のシャンパンには究極のボトルクーラーが必要だという、非常にシンプルな理由からです。そもそも、私にその想いが湧き上がったきっかけは、私の曾祖父の祖父、つまり初代クリュッグ(ヨハン・ヨーゼフ・クリュッグ)が残した偉大なシャンパンづくりについての哲学的な記録の中にあります。1843年にクリュッグを創業した彼は、その記録の中でぶどうの選別方法や、発酵・ブレンド比率、熟成に関してなど、彼のシャンパンづくりにかける想いや哲学、ノウハウが事細かに綴っているのですが、彼はさらに「偉大なシャンパンを作るためには、とにかくすべての細かなディテールにこだわりを持て。あらゆる細かな作業を大切に、ひとつひとつ丁寧に重ねていかなければ偉大なシャンパンに到達することはできない」と記しています。その記述から私が想いを巡らせたのが、ボトルクーラーでした。

 なぜなら、偉大なシャンパンやワインはその複雑さゆえに、適切な温度管理のもとにサーブしなければその素晴らしさを100%伝えることはできない。 私自身、クリュッグは特別なシャンパンだと自負していますが、自らの体験をもってもそれを実感しています。ですから、どうサーブするのかも、作り上げたシャンパンのクオリティの一部として考え、ベストな状態で楽しんでいただくための方法も含めてトータルで提供しなければならないと考えたのです。

Related article

  • 「デルレイ」から夏の新作スイーツ続々
    「デルレイ」から夏の新作スイーツ続々
  • 話題の店続々。“表参道・原宿”がカジュアルグルメな街に?
    話題の店続々。“表参道・原宿”がカジュアルグルメな街に?
  • 来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修
    来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修
  • 建築家・辰野金吾の建物を再生した「DEAN & DELUCA京都」
    建築家・辰野金吾の建物を再生した「DEAN & DELUCA京都」
  • BALS TOKYOにEstablished & Sonsのニューアイテム
    BALS TOKYOにEstablished & Sonsのニューアイテム
  • ドルチェのように贅沢、新感覚の「ナチュラグラッセ」
    ドルチェのように贅沢、新感覚の「ナチュラグラッセ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • 2
    栩翁S(クオウエス)/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(1)
  • 3
    あのクリエイターに今、ききたいこと。辰野しずかさん/プロダクトデザイナー
  • 4
    フリーペーパー「dictionary」がアートの祭典を開催
  • 5
    煌くクリスマスは、赤とゴールドのツリーで
  • 6
    「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
  • 7
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 8
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(3)/第一回ヘンタイ美術館
  • 9
    あのクリエイターに今、ききたいこと。倉島拓人さん/プロダクトデザイナー
  • 10
    【レポート】伊東豊雄さんデザインのカトラリーを本人と使ってみる

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加