東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで

2011年 11月 2日 19:13 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のミラノサローネで発表になった、エルメスの家具シリーズ。現在、東京・六本木の東京ミッドタウンで「エルメスの家」として、日本で初披露されている。

 空間は建築家・坂茂とジャン・ドゥ・ガスティーヌの設計により紙管と紙で構成されたパビリオンで、ミラノに続く2回目の展示だ。今回起用された家具のデザイナーは3組。エンツォ・マーリ、アントニオ・チッテリオ、ドゥニ・モンテルとエリック・バンケ。

 まず入り口はリビングルーム。ジャン・ミッシェル・フランクとアントニオ・チッテリオの家具をコーディネイトしている。ジャン・ミッシェル・フランクは、19世紀末、アールデコ期のパリに現れた偉才のデザイナーで、当時彼がエルメスのためにデザインした家具が、復刻された。その精神は「簡潔を第一に」だったという。ソファも直線的で、ブロックを思わせるボリュームを感じる無駄のないデザイン。

 チッテリオの家具「マチエール・コレクション」は、木材と革、革と布、革と金属など、異素材が呼吸を合わせてぴたりとおさまるディテールには息を飲む。革を縫う技術「サドルステッチ」の、整然と力強い縫い目も見どころの一つ。

 特にウッドフレームのソファは実に優雅だ。アーム部は腕をかけたり、もたれやたりしやすい傾斜がつき、その傾斜がそのまま足下で、クロスするレッグになっているのがチッテリオらしい。

 今回、チッテリオが着目したのは、「応接室」「喫煙室」「読書室」など、ゆったりとした時間を過ごす場所での家具。安楽椅子などのアンティーク家具から、新しいデザインをイメージしたという。

Related article

  • 大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
    大阪で初開催の「リビング&デザイン」展、会場レポート
  • フォトギャラリー:iida第二弾発表会
    フォトギャラリー:iida第二弾発表会
  • ポルシェデザイン、男のための2500万円キッチン
    ポルシェデザイン、男のための2500万円キッチン
  • 機能的で美しい洋服スタンド&シューズラック
    機能的で美しい洋服スタンド&シューズラック
  • ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」
    ソウルで吉岡徳仁個展「Tokujin Yoshioka_SPECTRUM」
  • 「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
    「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティンのコンセプトモデル「V12 ザガート」
  • 2
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 3
    世界初、シャネルの香りとコスメ路面店「CHANEL AOYAMA」
  • 4
    イタリア・フロス新作、ブルレック兄弟の照明はとっても自由
  • 5
    「ミツコ」誕生90周年、ゲランから記念フレグランス
  • 6
    デザインタイド トーキョー現地速報レポート #2
  • 7
    セレブリティ100人が証言する、女流写真家のドキュメンタリー
  • 8
    加齢肌の救世主となるファンデーションがYSLから登場!
  • 9
    トゥーランドット 臥龍居/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(2)
  • 10
    最も小さく軽い、ランドローバー新SUV「エヴォーク」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加