東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで

2011年 11月 2日 19:13 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のミラノサローネで発表になった、エルメスの家具シリーズ。現在、東京・六本木の東京ミッドタウンで「エルメスの家」として、日本で初披露されている。

 空間は建築家・坂茂とジャン・ドゥ・ガスティーヌの設計により紙管と紙で構成されたパビリオンで、ミラノに続く2回目の展示だ。今回起用された家具のデザイナーは3組。エンツォ・マーリ、アントニオ・チッテリオ、ドゥニ・モンテルとエリック・バンケ。

 まず入り口はリビングルーム。ジャン・ミッシェル・フランクとアントニオ・チッテリオの家具をコーディネイトしている。ジャン・ミッシェル・フランクは、19世紀末、アールデコ期のパリに現れた偉才のデザイナーで、当時彼がエルメスのためにデザインした家具が、復刻された。その精神は「簡潔を第一に」だったという。ソファも直線的で、ブロックを思わせるボリュームを感じる無駄のないデザイン。

 チッテリオの家具「マチエール・コレクション」は、木材と革、革と布、革と金属など、異素材が呼吸を合わせてぴたりとおさまるディテールには息を飲む。革を縫う技術「サドルステッチ」の、整然と力強い縫い目も見どころの一つ。

 特にウッドフレームのソファは実に優雅だ。アーム部は腕をかけたり、もたれやたりしやすい傾斜がつき、その傾斜がそのまま足下で、クロスするレッグになっているのがチッテリオらしい。

 今回、チッテリオが着目したのは、「応接室」「喫煙室」「読書室」など、ゆったりとした時間を過ごす場所での家具。安楽椅子などのアンティーク家具から、新しいデザインをイメージしたという。

Related article

  • 柳宗理のヤナギチェアが復刻
    柳宗理のヤナギチェアが復刻
  • ミラノサローネ2009 現地レポート(2) トップブランド新作
    ミラノサローネ2009 現地レポート(2) トップブランド新作
  • デザインのグロッサリー、池尻大橋にセンプレ本店
    デザインのグロッサリー、池尻大橋にセンプレ本店
  • 吉岡徳仁がA&W デザイナー・オブ・ザ・イヤー2011を受賞
    吉岡徳仁がA&W デザイナー・オブ・ザ・イヤー2011を受賞
  • 「more trees展 森を感じる12日間」開幕、11月7日まで
    「more trees展 森を感じる12日間」開幕、11月7日まで
  • 「キッチンに住む」~暮らしを集約するデザインキッチン
    「キッチンに住む」~暮らしを集約するデザインキッチン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 2
    直接Ustream配信もできるMac、iPad、iPhone専用のワイヤレスWEBカメラ
  • 3
    「空気の港」テクノロジー×空気で感じる新しい世界
  • 4
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 5
    フォトギャラリー:アウディ「S4」「S4アバント」発表会
  • 6
    「WORLD SPACE CREATORS AWARD」受賞者発表
  • 7
    フォトギャラリー:リンカーン・ブランドのSUV「ナビゲーター」
  • 8
    フォトギャラリー:新型フェアレディZ
  • 9
    表参道で「WE LOVE MAGAZINE LIBRARY」
  • 10
    試乗レポート、第6世代目の新型ゴルフ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加