東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで

2011年 11月 2日 19:13 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のミラノサローネで発表になった、エルメスの家具シリーズ。現在、東京・六本木の東京ミッドタウンで「エルメスの家」として、日本で初披露されている。

 空間は建築家・坂茂とジャン・ドゥ・ガスティーヌの設計により紙管と紙で構成されたパビリオンで、ミラノに続く2回目の展示だ。今回起用された家具のデザイナーは3組。エンツォ・マーリ、アントニオ・チッテリオ、ドゥニ・モンテルとエリック・バンケ。

 まず入り口はリビングルーム。ジャン・ミッシェル・フランクとアントニオ・チッテリオの家具をコーディネイトしている。ジャン・ミッシェル・フランクは、19世紀末、アールデコ期のパリに現れた偉才のデザイナーで、当時彼がエルメスのためにデザインした家具が、復刻された。その精神は「簡潔を第一に」だったという。ソファも直線的で、ブロックを思わせるボリュームを感じる無駄のないデザイン。

 チッテリオの家具「マチエール・コレクション」は、木材と革、革と布、革と金属など、異素材が呼吸を合わせてぴたりとおさまるディテールには息を飲む。革を縫う技術「サドルステッチ」の、整然と力強い縫い目も見どころの一つ。

 特にウッドフレームのソファは実に優雅だ。アーム部は腕をかけたり、もたれやたりしやすい傾斜がつき、その傾斜がそのまま足下で、クロスするレッグになっているのがチッテリオらしい。

 今回、チッテリオが着目したのは、「応接室」「喫煙室」「読書室」など、ゆったりとした時間を過ごす場所での家具。安楽椅子などのアンティーク家具から、新しいデザインをイメージしたという。

Related article

  • 世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
    世界で見つけた最新・男のキッチンとは?|Guys in the Kitchen#05
  • ミラノサローネ2009現地レポート(5)エキシビション
    ミラノサローネ2009現地レポート(5)エキシビション
  • 名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
    名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
  • バスルームとフレグランスの美しい融合、ジャクソンから
    バスルームとフレグランスの美しい融合、ジャクソンから
  • 1958台限定 「スワンチェア アニバーサリーモデル」
    1958台限定 「スワンチェア アニバーサリーモデル」
  • Interview:松井龍哉氏・アプリ化するロボット、誰もが開発できる未来へ
    Interview:松井龍哉氏・アプリ化するロボット、誰もが開発できる未来へ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    香港で楽しみたい極上のアフタヌーンティー・タイム
  • 2
    今週末見るべき映画「KANO―カノ―」
  • 3
    バレンタイン限定アフタヌーンティーをシャングリ・ラ ホテル 東京で
  • 4
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(1)
  • 5
    今週末見るべき映画「FOUJITA」
  • 6
    小さな島から届くオリーブの恵み 後編|おいしいMade in Japan #07
  • 7
    クラシックに触れる日、プーランク没後50年
  • 8
    銀座の街に出現した「メゾンエルメス×吉岡徳仁」のウィンドウ
  • 9
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 10
    軽くコントロールできる「ダイソン ボール DC36」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加