東京ミッドタウンに「エルメスの家」、6日まで

2011年 11月 2日 19:13 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年のミラノサローネで発表になった、エルメスの家具シリーズ。現在、東京・六本木の東京ミッドタウンで「エルメスの家」として、日本で初披露されている。

 空間は建築家・坂茂とジャン・ドゥ・ガスティーヌの設計により紙管と紙で構成されたパビリオンで、ミラノに続く2回目の展示だ。今回起用された家具のデザイナーは3組。エンツォ・マーリ、アントニオ・チッテリオ、ドゥニ・モンテルとエリック・バンケ。

 まず入り口はリビングルーム。ジャン・ミッシェル・フランクとアントニオ・チッテリオの家具をコーディネイトしている。ジャン・ミッシェル・フランクは、19世紀末、アールデコ期のパリに現れた偉才のデザイナーで、当時彼がエルメスのためにデザインした家具が、復刻された。その精神は「簡潔を第一に」だったという。ソファも直線的で、ブロックを思わせるボリュームを感じる無駄のないデザイン。

 チッテリオの家具「マチエール・コレクション」は、木材と革、革と布、革と金属など、異素材が呼吸を合わせてぴたりとおさまるディテールには息を飲む。革を縫う技術「サドルステッチ」の、整然と力強い縫い目も見どころの一つ。

 特にウッドフレームのソファは実に優雅だ。アーム部は腕をかけたり、もたれやたりしやすい傾斜がつき、その傾斜がそのまま足下で、クロスするレッグになっているのがチッテリオらしい。

 今回、チッテリオが着目したのは、「応接室」「喫煙室」「読書室」など、ゆったりとした時間を過ごす場所での家具。安楽椅子などのアンティーク家具から、新しいデザインをイメージしたという。

Related article

  • D-BROSとCoccaによる、春らしい新作テキスタイル
    D-BROSとCoccaによる、春らしい新作テキスタイル
  • マーク・ニューソンと伝統工芸の極みが結実した日本刀「aikuchi」
    マーク・ニューソンと伝統工芸の極みが結実した日本刀「aikuchi」
  • 森田恭通デザインのオーデマ ピゲ
    森田恭通デザインのオーデマ ピゲ
  • 丸の内で欧州発「響 12年」をスタイリッシュに味わう
    丸の内で欧州発「響 12年」をスタイリッシュに味わう
  • デザインされた、フェアトレードプロダクト
    デザインされた、フェアトレードプロダクト
  • 家具、デザインの名ブランドが続々と―ケルン国際家具見本市レポートVol.2
    家具、デザインの名ブランドが続々と―ケルン国際家具見本市レポートVol.2

Prev & Next

Ranking

  • 1
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 2
    あたらしいサイネージを。「インタラクティブ・クリエーション・キャンプ」成果発表展
  • 3
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
  • 4
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(後編)
  • 5
    原美術館「ジム・ランビー:アンノウン・プレジャーズ」展
  • 6
    ミラノサローネ2010、パトリシア・ウルキオラ新作
  • 7
    葉山にデザインホテル、SCAPESがオープン
  • 8
    今週末見るべき映画「裏切りの戦場 葬られた誓い」
  • 9
    聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア 【今週末見るべき映画】
  • 10
    カッシーナ初のアウトドアコレクション

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加