ビジネスユースにもOK、ロエベの新作トートバッグ

2012年 7月 30日 12:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 クールビズにもさらりと似合いそうな、軽やかな新作トートバッグがロエベから登場。スペインのラグジュアリーブランド、ロエベならではの上質さを感じる滑らかなレザーの感触は、男のスタイルをエレガントにグレードUPしてくれる。

 軽快さと、使い勝手の良さが魅力のトートバッグは、カジュアルなビジネスツールとしても定着してきたが、女性モノに比べて男性モノはデザインバリエーションが少ないのも事実。とくにビジネスユースを考えると、なかなかコレといった上質のデザインにめぐり合えなかったかもしれない。

 ロエベの新作トートは、そんなフラストレーションを解決してくれるグッドデザイン。シンプルなブラックから脱却する、鮮やかなカラーが美しいスエード素材や、フレッシュなスキンカラーのスムースカーフ素材など、個性的なラインナップが揃っている。

 世界中から厳選された上質のレザーだけを扱い、熟練職人によるハンドメイドで仕上げられるアマソナの風格を、そのまま受け継ぐトートバッグは、革の風合いや、手触り、ステッチなどのディテールにいたるまで、随所にこだわりが感じられる仕上がり。またカラーパレットにも、スペインらしいみずみずしい感性が息づいている。

Related article

  • エルネスト・ネトの世界観をiPad体験でさらに深める。
    エルネスト・ネトの世界観をiPad体験でさらに深める。
  • 真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • iPadで結婚披露宴を生中継! ヒルトンの新サービス
    iPadで結婚披露宴を生中継! ヒルトンの新サービス
  • iPhone 4ホワイトモデルが発売に
    iPhone 4ホワイトモデルが発売に
  • シャロン・ストーン、ダミアーニにこめた Love&Peace
    シャロン・ストーン、ダミアーニにこめた Love&Peace
  • 幸せを生むアート。現代美術作家、村山留里子氏が見たシャネルのオートクチュール
    幸せを生むアート。現代美術作家、村山留里子氏が見たシャネルのオートクチュール

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
  • 3
    フォトギャラリー:Art Baselにカルティエ「ビートたけし/北野武」展?
  • 4
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • 5
    極限のクライマックスへ「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 6
    iida第2弾発表、ロボットのコンセプトモデルも
  • 7
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 8
    デザイン文具の「ACME」が表参道ヒルズに
  • 9
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 10
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加