ハンティングワールドの 「バチュー サーパス」パーソナルオーダー会開催中

2013年 9月 24日 12:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

この春には、プロゴルファーの石川遼選手ブランドとコラボモデルを発売し、注目の的となっているハンティングワールド。そのハンティングワールドの大人気シリーズ“BATTUE SURPASS(バチュー サーパス)”のパーソナルオーダー会が期間限定で開催中だ。

オーダーアイテム。(写真右から)スモールキャリーオール 173,250円 W29×H19×D9cm/カバードダッフル ¥273,000 W50×H31×D28cm/ウエストバッグ ¥131,250 W32×H17×D6cm。パーソナルオーダー会は、9月末までハンティングワールドブティックにて開催中(お渡しは、2014年3月頃の予定)。

改めてご紹介すると、ハンティングワールドは、アメリカで1965年に設立されたブランドで、創設者はニューヨーク生まれのロバート・M・リー(通称ボブリー)。少年時代から、乗馬、射撃、フィッシングなどアウトドアに囲まれた生活を送ってきたボブリーは、いつしかアフリカの大自然に憧れを持つことになる。その思いから、ウガンダやタンザニアなどを探検旅行し、ついには、アンゴラでサファリツアー会社を設立。そんな自然と冒険を愛するボブリーの意匠を込めたバッグが、今回ご紹介のバチュー サーパス コレクションである。

創設者のボブリーが、世界中を旅する際には必ず携行していた愛用品のカバードダッフル。味のあるオリーブグリーンが魅力だ。

パーソナルオーダーでは、バチュー サーパス コレクションから、ウエストバッグとスモールキャリーオールの2型、そしてアーカイブから復活させた往年のカバードダッフルがラインナップ。特に、カバードダッフルは、革やメタルパーツ、インナーなどの仕様がバチュー サーパス仕様にアップグレードしている。メイン収納は、両サイドまで開閉できるファスナー仕様で、雨風からバッグのボディをケアするフラップ付き。これらは、ボブリーの実体験からデザインされたもの。

各バッグは、パーツ毎にカラーアレンジが可能だ。オフィシャルホームページでは、アイテム毎のカラーシミュレーションが行えるので、まずは、自分の好きなカラーリングをシミュレートしてみてほしい。そしてこの秋には、オリジナルのバチュー サーパスのバッグを持って旅に出よう。なお、パーソナルオーダー会は、9月末までの開催なのでお早めに。

お問い合わせ:ハンティングワールド
公式サイト

取材/菅野茂雄

Related article

  • シャネルによるアート・プロジェクト「モバイルアート」が開幕
    シャネルによるアート・プロジェクト「モバイルアート」が開幕
  • 「SIWA・紙和」新作は、紙製のスリッパやリュックサック
    「SIWA・紙和」新作は、紙製のスリッパやリュックサック
  • Napapijri(ナパピリ)、今季フォーカスアイテム発表
    Napapijri(ナパピリ)、今季フォーカスアイテム発表
  • ドイツから届いたタブレット&PCケース「Busy Monday」
    ドイツから届いたタブレット&PCケース「Busy Monday」
  • ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 日本の職人兄弟が織りなす鮮やかな革の世界
    日本の職人兄弟が織りなす鮮やかな革の世界

Prev & Next

Ranking

  • 1
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    渋谷に本の拠点、SHIBUYA PUBLISHING BOOK SELLERS
  • 4
    伊勢丹新宿店でHIROSHI TSUBOUCHIのパターンオーダー会
  • 5
    Volkswagen|移動のクオリティを示す、“Lounge”という新しい記号
  • 6
    仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール
  • 7
    キヤノン、「ミラノサローネ」出展の映像作品エキシビション
  • 8
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 9
    パリの素敵な生活雑貨—メゾン・エ・オブジェ2013秋から
  • 10
    ジャン・コクトーの自邸公開、カルティエを愛した詩人

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加