『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ハンティングワールドの 「バチュー サーパス」パーソナルオーダー会開催中

2013年 9月 24日 12:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

この春には、プロゴルファーの石川遼選手ブランドとコラボモデルを発売し、注目の的となっているハンティングワールド。そのハンティングワールドの大人気シリーズ“BATTUE SURPASS(バチュー サーパス)”のパーソナルオーダー会が期間限定で開催中だ。

オーダーアイテム。(写真右から)スモールキャリーオール 173,250円 W29×H19×D9cm/カバードダッフル ¥273,000 W50×H31×D28cm/ウエストバッグ ¥131,250 W32×H17×D6cm。パーソナルオーダー会は、9月末までハンティングワールドブティックにて開催中(お渡しは、2014年3月頃の予定)。

改めてご紹介すると、ハンティングワールドは、アメリカで1965年に設立されたブランドで、創設者はニューヨーク生まれのロバート・M・リー(通称ボブリー)。少年時代から、乗馬、射撃、フィッシングなどアウトドアに囲まれた生活を送ってきたボブリーは、いつしかアフリカの大自然に憧れを持つことになる。その思いから、ウガンダやタンザニアなどを探検旅行し、ついには、アンゴラでサファリツアー会社を設立。そんな自然と冒険を愛するボブリーの意匠を込めたバッグが、今回ご紹介のバチュー サーパス コレクションである。

創設者のボブリーが、世界中を旅する際には必ず携行していた愛用品のカバードダッフル。味のあるオリーブグリーンが魅力だ。

パーソナルオーダーでは、バチュー サーパス コレクションから、ウエストバッグとスモールキャリーオールの2型、そしてアーカイブから復活させた往年のカバードダッフルがラインナップ。特に、カバードダッフルは、革やメタルパーツ、インナーなどの仕様がバチュー サーパス仕様にアップグレードしている。メイン収納は、両サイドまで開閉できるファスナー仕様で、雨風からバッグのボディをケアするフラップ付き。これらは、ボブリーの実体験からデザインされたもの。

各バッグは、パーツ毎にカラーアレンジが可能だ。オフィシャルホームページでは、アイテム毎のカラーシミュレーションが行えるので、まずは、自分の好きなカラーリングをシミュレートしてみてほしい。そしてこの秋には、オリジナルのバチュー サーパスのバッグを持って旅に出よう。なお、パーソナルオーダー会は、9月末までの開催なのでお早めに。

お問い合わせ:ハンティングワールド
公式サイト

取材/菅野茂雄

Related article

  • 東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • ネコづくしのショップ「POPMOTTO du CAT LOVER」、オープン
    ネコづくしのショップ「POPMOTTO du CAT LOVER」、オープン
  • 宇宙の景色を閉じ込めた魅惑のアクセサリー
    宇宙の景色を閉じ込めた魅惑のアクセサリー
  • セレブ愛用ファブリックブランド「カシウエア」六本木店
    セレブ愛用ファブリックブランド「カシウエア」六本木店
  • ミケランジェロも愛した、職人芸術が息づくイタリアの名門「アラルディ1930」
    ミケランジェロも愛した、職人芸術が息づくイタリアの名門「アラルディ1930」
  • 王道“モンクレール”で自分らしい1着を/シーズンの始めにダウンを買う(1)
    王道“モンクレール”で自分らしい1着を/シーズンの始めにダウンを買う(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 5
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 8
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加