『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

日本屈指の職人が一堂に会した、注文しなくてもいいビスポーク展

2014年 3月 17日 17:30 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

誂えるという行為が見直されて久しい。最近は大手のアパレルやショップも簡易のパターンオーダーを採り入れるようになっているから、一つのスタイルとして定着しつつあるとみていいだろう。

しかし、いざ興味をもってもハードルが高い世界だ。アポイントをとってアトリエにお邪魔するわけだから、それ相応の覚悟がいる。駅ビルの一軒をのぞくような冷やかし気分は許されないし、そもそも、職人なんてまず出会ったことのない人種であり、果たして良好なコミュニケーションが築けるのか、という不安もある。

いまの生活にそれなりに満足していれば、わざわざ面倒なことをしなくてもいいと考えるのが人のツネで、つまるところ、非常に限られたマーケットだった。

「リアル・ビスポーク」は、洋服の「羊屋」、鞄の「Fugee(藤井鞄店)」、靴の「Hiro Yanagimachi」という3つのビスポーク(誂える)工房が行う合同展示会。

量産化でこぼれ落ちていった手仕事、そして惜しみなく投入した最高峰のマテリアルがもたらす有機的な佇まい、快適性、耐久性。つくり手とやり取りするなかでモノが完成していくというこよなく贅沢な時間の使い方…そこらへんを踏まえれば断言できる、コストパフォーマンスの高さ。

そういう魅力を知るきっかけにしてもらおうという試みが、ここで紹介するリアル・ビスポークだ。日本屈指といっていいスーツ、靴、鞄のビスポークメーカーが一堂に会し、そのモノづくりを詳らかにするのみならず、過去に注文したカスタマーの私物も展示、エイジングのほんとうの凄みを知ることもできる。あえて、ここでは注文をとらないと宣言しているのもいい。もちろんそれは、へんなプレッシャーを与えたくないという、じつにフレンドリーマインドなスタンスから出した答えだ。

仕掛人は次の3人である。

まず、スーツの羊屋。壹番館洋服店、エルメスという日本とフランスを代表するアトリエで研鑽を積んだ中野栄大が取り仕切るテーラーで、人体を“静”でなく、“動”でとらえたモノづくりは驚愕と形容していいすぎではない。身体を包み込む、という意味がわかるスーツだ。一着誂えてもらったが、別れ際の一言にも僕はしびれた。「世界中に優れたスーツはありますが、あなただけのスーツという意味では、勝るものはありません」

テーラー「羊屋」の中野栄大氏。

Related article

  • ルイ・ヴィトン表参道店がブルーに輝いた夜、2010年カウントダウン
    ルイ・ヴィトン表参道店がブルーに輝いた夜、2010年カウントダウン
  • キラキラでは心躍らない、大人の女性の為のジュエリー
    キラキラでは心躍らない、大人の女性の為のジュエリー
  • 王妃のための腕時計、「クイーン・オブ・ネイプルズ」/ブレゲ~Breguetに魅せられて(1)
    王妃のための腕時計、「クイーン・オブ・ネイプルズ」/ブレゲ~Breguetに魅せられて(1)
  • 肌に寄り添う、こだわりの革アイテム
    肌に寄り添う、こだわりの革アイテム
  • バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F
    2014年のシュー・オブ・ザ・イヤー、J.S.T.F

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 4
    今日からスタート 「スパ&ウエルネスウィーク」で美と癒しのサロンへ
  • 5
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 6
    今週末見るべき映画「Dearダニー 君へのうた」
  • 7
    フライターグの次世代型リュック「F48 HAZZARD」
  • 8
    家具、デザインの名ブランドが続々と―ケルン国際家具見本市レポートVol.2
  • 9
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】
  • 10
    ますます充実、「ピエール・ガニェール パン・エ・ガトー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加