猫にはわからない「マツ」の魅力

2014年 6月 6日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間に余裕がある週末の朝は、コーヒーの豆を挽く。挽くことで立ちのぼってくる香りが鼻腔を刺激するとなんともいえず幸せな気持ちになるし、挽き立ての豆は湯と出会った瞬間、いかにも旨そうに、ふっくらと膨らむ。

そんなコーヒーが不味いわけはないが、そこで感じる旨さとは、五感の反応だけでは説明がつかない。みずから手をかけているという事実が脳みそに働きかける効用もまた、見逃すことはできないと思うのだ。

本来、手間を省く工夫はビジネスチャンスである。洗濯機が戦後の主婦の毎日をどれだけ楽にしたか。しかし、よくいわれることだけど、甘栗は剥いちゃいけなかった。僕らから剥く行為を取り上げてしまったことで、栗の旨さも目減りしたのである。

これまで生活を豊かにするキーワードは“便利”だったけれど、成熟した社会において“不便”は潤いであり、生きている実感が湧くってやつなのだ。その方面に分け入って痒いところをちょいちょいと掻いてくれたのが、日本が誇る喫煙具メーカーの柘製作所とプロダクトデザイナー、吉田眞紀がタッグを組んだ手巻き煙草のブランド、マツだった。

ジェラルミンを削り出した携帯用のローラーは、折り畳むと厚さ16mmに。胸のポケットに入れても服に響かない。ブランド名は吉田眞紀の“マ”と柘製作所の“ツ”からとった。ハンドローラー¥13,600

これまで手巻きの煙草といえば、ヨーロッパの金のない若者が仕方なく吸うもの、という認識だった。ダニエル・ラドクリフやジョニー・デップが嗜んでいるらしいが、それはそんな不良性が役者としてのイメージづくりに役立つからだろう。

確かにそれなりに経済的だけど、じつは煙草本来の旨味が味わえること、そしてみずから巻くことこそ、手巻きの魅力である。これはもう、体験していうのだから間違いない。いまだに僕が巻いた煙草は不格好で、上手くなりたいという向上心を刺激してくれるのも悪くない。

Related article

  • 三宅一生ディレクション「XXIc.- 21世紀人」
    三宅一生ディレクション「XXIc.- 21世紀人」
  • アートフェア東京 2011が開催延期
    アートフェア東京 2011が開催延期
  • ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
    ジュエリーデザイナー マルコム・ゲール|反骨精神が織り成すエレガンス|Interview
  • 義手だからこそ掴める未来がある|Future Makers#01
    義手だからこそ掴める未来がある|Future Makers#01
  • 国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
    国内トップギャラリーが集う「G-tokyo2011」の見どころ
  • デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」
    デジタル時代のバング&オルフセン「BeoSound 8」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「つながり」を考えるアート、森美術館で開催中
  • 2
    三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
  • 3
    Zoff amadanaと初のコラボレーション『Zoff ×amadana PCメガネ』
  • 4
    リビング・モティーフ「fresco 融けあう吹きガラスの色彩」
  • 5
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 6
    アマダナの携帯コンテンツ「amadana CHANNEL」オープン
  • 7
    スポーツカーの復権|デトロイトモーターショー2015
  • 8
    フォトギャラリー:フライターグ「F76 LEO」「F77 BEN」
  • 9
    クリスマス期間限定販売! 「MARNI」のチャリティーTシャツ
  • 10
    横浜美術館、奈良美智展はいよいよ9月23日まで

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加