猫にはわからない「マツ」の魅力

2014年 6月 6日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

時間に余裕がある週末の朝は、コーヒーの豆を挽く。挽くことで立ちのぼってくる香りが鼻腔を刺激するとなんともいえず幸せな気持ちになるし、挽き立ての豆は湯と出会った瞬間、いかにも旨そうに、ふっくらと膨らむ。

そんなコーヒーが不味いわけはないが、そこで感じる旨さとは、五感の反応だけでは説明がつかない。みずから手をかけているという事実が脳みそに働きかける効用もまた、見逃すことはできないと思うのだ。

本来、手間を省く工夫はビジネスチャンスである。洗濯機が戦後の主婦の毎日をどれだけ楽にしたか。しかし、よくいわれることだけど、甘栗は剥いちゃいけなかった。僕らから剥く行為を取り上げてしまったことで、栗の旨さも目減りしたのである。

これまで生活を豊かにするキーワードは“便利”だったけれど、成熟した社会において“不便”は潤いであり、生きている実感が湧くってやつなのだ。その方面に分け入って痒いところをちょいちょいと掻いてくれたのが、日本が誇る喫煙具メーカーの柘製作所とプロダクトデザイナー、吉田眞紀がタッグを組んだ手巻き煙草のブランド、マツだった。

ジェラルミンを削り出した携帯用のローラーは、折り畳むと厚さ16mmに。胸のポケットに入れても服に響かない。ブランド名は吉田眞紀の“マ”と柘製作所の“ツ”からとった。ハンドローラー¥13,600

これまで手巻きの煙草といえば、ヨーロッパの金のない若者が仕方なく吸うもの、という認識だった。ダニエル・ラドクリフやジョニー・デップが嗜んでいるらしいが、それはそんな不良性が役者としてのイメージづくりに役立つからだろう。

確かにそれなりに経済的だけど、じつは煙草本来の旨味が味わえること、そしてみずから巻くことこそ、手巻きの魅力である。これはもう、体験していうのだから間違いない。いまだに僕が巻いた煙草は不格好で、上手くなりたいという向上心を刺激してくれるのも悪くない。

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    フォトギャラリー:日産コンセプトカー「インフィニティ エッセンス」
  • 3
    春のコーディネートに刺激を与えるアートTシャツ
  • 4
    「ポルシェ918スパイダー」初期プロトモデルの公道テストスタート
  • 5
    新ボンドガールも愛用、ヴァレンティノのパーティドレス
  • 6
    奇妙な卓球台で遊ぼう|ガブリエル・オロスコ展
  • 7
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 8
    iPadに「秋の東京デザイン祭り、完全報告。」を無料配信開始
  • 9
    ハイアット リージェンシー 東京で、クリスマスケーキを
  • 10
    ポルシェ限定モデル「911 ブラックエディション」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加