コーチのルーツ、魅惑の「ヘリテージ ベースボール」コレクション

2014年 6月 6日 10:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

1941年に創業したニューヨーク・マンハッタン発のラグジュアリーブランド、コーチを語る上で、ベースボールとの関わりを外すことはできない。数人の職人が働く小さなロフトからスタートした当初から、野球グローブ(=グラブ)のように使い込むこむほどにしなやかさが増すレザーにインスパイアを受け、財布やビジネスバッグ、ルームスリッパなどのメンズ革小物を製造していた。

ブリーカー ベースボール グローブ ¥43,200

実際、テッド・ウィリアムスやジョー・ディマジオなどに代表される、当時のメジャーリーガーが愛用していたグローブと同じ牛革素材が使われていた。これが後に独自に開発されたコーチの画期的でアイコニックな素材、「グラブタン・レザー」となるのである。

いわばコーチの伝統を象徴する最高級レザーだが、同社の革へのこだわりの淵源ともいうべきものだ。独特の多くの加工過程を経ることにより、グレイン(銀面)のナチュラルな風合いを維持しつつ、時の移ろいとともにエイジングの深い味や質感、手触り、そして美しさを増していく。

その魅力的なレザーは時代とともに進化を遂げ、現在では「レトロ・グラブタン・レザー」として親しまれている。そのクォリティの高さは世界屈指であり、コーチ製品にリピーターが多いことからもうなずける。

そんなコーチの原点ともいえる、「ヘリテージ ベースボール」コレクションが今年も登場した。毎年発表されているが、今年はブラック、フォーン、パーチメントといったカラーストーリーで展開されるのが特徴となっている。

Related article

  • 大切なお母さんに贈る母の日のプレゼント特集
    大切なお母さんに贈る母の日のプレゼント特集
  • 日本のファッションの30年間の一断面を提示「Future Beauty 日本ファッションの未来性」
    日本のファッションの30年間の一断面を提示「Future Beauty 日本ファッションの未来性」
  • 脇役から主役へ、靴下の新しいコーディネート提案
    脇役から主役へ、靴下の新しいコーディネート提案
  • イセタンメンズをブラックウォッチ柄でラッピング
    イセタンメンズをブラックウォッチ柄でラッピング
  • クラチカ ヨシダ 表参道 にて先行&限定販売
    クラチカ ヨシダ 表参道 にて先行&限定販売
  • スラムドッグのヒロインin パリ、シャネルを堪能した2DAYS
    スラムドッグのヒロインin パリ、シャネルを堪能した2DAYS

Prev & Next

Ranking

  • 1
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 2
    ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
  • 3
    様々なユニットを組合せるオリジナル自転車・EVO
  • 4
    谷尻誠インタビュー:都心の広場に巨大なジャングルジムが出現
  • 5
    今週末見るべき映画Part 2 「シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~」
  • 6
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 7
    ハイメ・アジョン×九谷焼:速報!秋の東京デザイン祭り
  • 8
    東京フィルメックス「木下惠介生誕100年祭」銀座メゾンエルメスでの無料上映も
  • 9
    三越伊勢丹、羽田空港に初のレディスショップがオープン
  • 10
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加