Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン

2014年 9月 10日 09:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年、創業120周年を迎えた世界的ギター&楽器メーカーのGibson Brandsが、ファミリーブランドであるギブソン、ティアック、オンキヨーの3社のコラボによる世界初の一般向けショールーム「Gibson Brands Showroom TOKYO」を、東京・八重洲にオープンした。3社それぞれの強みを活かしたこのショールームでは、ギブソンのギターを「弾く」、ティアックの録音機材で「録音する」、オンキヨーのオーディオ機器で「聴く」という、音と音楽にまつわるすべての体験を可能にしてくれる。

東京駅八重洲口から徒歩約5分。入口にはギブソンギターの代表的モデルである巨大な「レス・ポール」が横たわる

元々はそれぞれ独自の道を歩んできた3社。例えばギブソンといえば、エレキギターを志した人間にとっては、一度は手にしてみたい永遠の憧れブランドであり、ティアックといえば、オーディオマニアはもとより、プロ向けの録音機器としてレコーディング現場では高い評価を獲得している信頼のブランド。またオンキヨーは一般向けAV・オーディオ機器メーカーとして広く知られている。だが、この3社が2013年にGibson Brandsを中心に同じファミリーとなったというのは意外と知られていないのではないだろうか。

さらに意外なことに、Gibson Brandsが一般ユーザー向けにショールームをオープンするのは初めてのことなのだ。これまで楽器店に行っても、なかなか敷居が高く、頼みにくかったギブソンギターの試奏を、誰でも気軽に、しかも心ゆくまで楽しむことができるようになったというのは、新旧すべてのギター小僧たちにとって、この上ない朗報といえるかもしれない。

2Fにあるギタープレイゾーンとイベント・展示スペース。約70本のギターが展示され、試奏を愉しめる。イベントやライブなど音楽イベントなどにも利用可能

Related article

  • ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
    ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
  • 脇役から主役へ、靴下の新しいコーディネート提案
    脇役から主役へ、靴下の新しいコーディネート提案
  • 「ルーヴル美術館展」限定、ピエール・エルメ・パリのスイーツ
    「ルーヴル美術館展」限定、ピエール・エルメ・パリのスイーツ
  • ファブリカ展、クリエイターからの強いメッセージ
    ファブリカ展、クリエイターからの強いメッセージ
  • 一歩先行く大人の女性に提案する、抜け感のあるアーバンスタイル
    一歩先行く大人の女性に提案する、抜け感のあるアーバンスタイル
  • 「S.E.H KELLY」をみて、下町のおばちゃんを思い出した
    「S.E.H KELLY」をみて、下町のおばちゃんを思い出した

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アップル、新カテゴリーの製品「iPad」を発表
  • 2
    9月6日、東京から45分のリゾート「星野リゾート 界 熱海」オープン
  • 3
    香港で、日本の陶芸グループ展「KIWAMI 極」が開催
  • 4
    アナログカメラ「LOMO LC-A」、25歳のバースデー
  • 5
    「ロクシタンカフェ」オープン1周年記念メニュー
  • 6
    「シャングリ・ラ ホテル 東京」一夜限りの特別ディナー
  • 7
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 8
    食堂おさか/あの店で、今日もきちんと朝ごはん(3)
  • 9
    「ハイアット リージェンシー 東京」の新スイートルーム
  • 10
    「ホテルオークラ東京」 大人のスイートバレンタイン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加