Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン

2014年 9月 10日 09:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014年、創業120周年を迎えた世界的ギター&楽器メーカーのGibson Brandsが、ファミリーブランドであるギブソン、ティアック、オンキヨーの3社のコラボによる世界初の一般向けショールーム「Gibson Brands Showroom TOKYO」を、東京・八重洲にオープンした。3社それぞれの強みを活かしたこのショールームでは、ギブソンのギターを「弾く」、ティアックの録音機材で「録音する」、オンキヨーのオーディオ機器で「聴く」という、音と音楽にまつわるすべての体験を可能にしてくれる。

東京駅八重洲口から徒歩約5分。入口にはギブソンギターの代表的モデルである巨大な「レス・ポール」が横たわる

元々はそれぞれ独自の道を歩んできた3社。例えばギブソンといえば、エレキギターを志した人間にとっては、一度は手にしてみたい永遠の憧れブランドであり、ティアックといえば、オーディオマニアはもとより、プロ向けの録音機器としてレコーディング現場では高い評価を獲得している信頼のブランド。またオンキヨーは一般向けAV・オーディオ機器メーカーとして広く知られている。だが、この3社が2013年にGibson Brandsを中心に同じファミリーとなったというのは意外と知られていないのではないだろうか。

さらに意外なことに、Gibson Brandsが一般ユーザー向けにショールームをオープンするのは初めてのことなのだ。これまで楽器店に行っても、なかなか敷居が高く、頼みにくかったギブソンギターの試奏を、誰でも気軽に、しかも心ゆくまで楽しむことができるようになったというのは、新旧すべてのギター小僧たちにとって、この上ない朗報といえるかもしれない。

2Fにあるギタープレイゾーンとイベント・展示スペース。約70本のギターが展示され、試奏を愉しめる。イベントやライブなど音楽イベントなどにも利用可能

Related article

  • アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
    アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
  • 未来のクラシック、カルティエの人気ウォッチにSSモデル新登場
    未来のクラシック、カルティエの人気ウォッチにSSモデル新登場
  • 彫刻のようなジュエリー「ニーシング」の新作
    彫刻のようなジュエリー「ニーシング」の新作
  • ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
    ワタリウム美術館で「島袋道浩 展:美術の星の人へ」
  • いよいよ上陸の「H&M」をさきどりチェック
    いよいよ上陸の「H&M」をさきどりチェック
  • コントラストの強い配色が狙い目、コチネレ2014年春夏コレクション
    コントラストの強い配色が狙い目、コチネレ2014年春夏コレクション

Prev & Next

Ranking

  • 1
    アストンマーティン、究極のロードスター「ヴァンテージ GT12 ロードスター」を発表
  • 2
    アラン・デュカスと京都三大名店による“食の饗宴”
  • 3
    エンツォ・マーリ新作は「和弓」がモチーフ
  • 4
    新しいファミレスのかたち「100本のスプーン」あざみ野にオープン
  • 5
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 6
    今週末見るべき映画「抱擁のかけら」
  • 7
    ”ウイダーin ゼリー”20周年の進化を、佐藤可士和がデザイン
  • 8
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 9
    日本初公開、山本耀司による絵画展
  • 10
    リビング・モティーフが選ぶ、ワークスペースにおすすめのアイテム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加