50周年を迎えた「ソメスサドル」の新機軸

2014年 10月 22日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

夜も更けた某JR駅。帰宅を急ぐ女性は視界の隅でとらえたなにかに胸騒ぎがして、思わず足を止めた。すこし前にオープンした、こじんまりとした居心地のよさそうなバール。そのカウンターでグラスを傾けている紳士のなんて様子のいいこと! 「逆ナンしちゃいました」。

男冥利に尽きるその男こそ本日の主役、ツボさんこと、坪内浩。ファッション業界でも飛び切りの洒落者として知られるシューデザイナーである。総柄のコートをさらりと羽織ってしまうのだから、もう、すごい。

本業のデザインワークがまた圧巻だ。なにより、日本が誇る職人仕事を、みずからのフィルターを通して再構築する手腕が鮮やかだった。それは絵を描いていっちょあがり、じゃなくて地方の工場でもかならず足を運び、現場でやりとりする真摯な姿勢に尽きるのだが、土産話はたいがいその土地の名物料理だったりするから、ほんとうは観光が目的なのかも知れない。

そんなツボさんが「ちょっといいものができました」と案内してくれたのが、ソメスサドルとコラボレーションしたバッグのコレクションだった。バッグは靴と親和性の高いアイテムであり、パートナーに選んだのは希少なブライドルレザーを擁する日本屈指の馬具メーカーである。いやが上にも期待は高まっていたが、そのデキは予想をはるかに超えた。思わず目を奪われたのが、エッジの処理だった。継ぎ目がない! 驚く僕をにやにや見て、しぼりっていうんだよ、と教えてくれた。

ブライドルレザーとシュリンクレザーを掛け合わせたトートバッグ。ソメスサドル×エイチティーレーベル/11万円

しぼりとはヨーロッパ伝統の技法で、水に浸し、革の繊維を膨張させた状態でプレス成型し、乾燥によりカタチを整える、というものである。これだけ読めば簡単にみえるが、そのじつ、温度、湿度の管理に繊細な気遣いが求められる。ソメスサドルがその技法をはじめて採り入れたのはいまから40年以上も前のこと。拳銃のホルスターの製造をオファされてからという。以来、老舗のレザーグッズに欠かせない技法になった。

このブリーフケースに注入された職人仕事としては、しぼりのほか二本針を使った手縫いも見逃せない。比類なき耐久性を保証する馬具づくり由来の技だ。ソメスサドル×エイチティーレーベル/11万円

Related article

  • デロンギ初のドリップコーヒーメーカー
    デロンギ初のドリップコーヒーメーカー
  • ドイツから届いたタブレット&PCケース「Busy Monday」
    ドイツから届いたタブレット&PCケース「Busy Monday」
  • エアコン付きクーラーボックス「IcyBreeze」
    エアコン付きクーラーボックス「IcyBreeze」
  • 本格派デザイン家電、ミーレから続々と
    本格派デザイン家電、ミーレから続々と
  • iPadに「すべて見せます、秋の東京デザイン祭り。」配信開始
    iPadに「すべて見せます、秋の東京デザイン祭り。」配信開始
  • 春夏トレンドのチェリー柄に注目、ガリアーノ新作
    春夏トレンドのチェリー柄に注目、ガリアーノ新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本橋三越本店でこの秋を彩る
  • 2
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • 3
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 4
    ハンターバレーのワイナリー&レストラン/オーストラリアを旅する(9)
  • 5
    マンダリン オリエンタル 東京の22人のソムリエが、お気に入りワインを紹介
  • 6
    ゲラン「アクア アレゴリア」に加わる新たな香り、「リモン ヴェルデ」
  • 7
    シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」
  • 8
    130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
  • 9
    星のや 京都で、優雅な一人旅
  • 10
    特撮にみる職人の技術と匠の技。『館長 庵野秀明  特撮博物館  ミニチュアで見る昭和平成の技』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加