快適志向とクラシック回帰に応えた「ザ・ジジ」

2014年 10月 30日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんな流れでそうなったのか覚えていないけど、気づくと僕らは理想の女性論についてかなり熱い議論を戦わせていた。通訳してくれたのは女性だった。いま考えれば申し訳ない気持ちでいっぱいである。途中、ランチかなにかから帰ってきたスタッフのイタリアーノが、おれも混ぜろとばかりににやにや近づいてきた。

メンズクロージングという池の水がすべて溢れてしまいそうな一石を投じた、マリオ・ボリオリ。ずいぶん昔のことだが、はじめて対面した彼はとにかく真面目で、色気もたたえた、いい男だった。このマリオこそ、メンズファッション誌の書き手なら指にタコができるくらいタイプしている、芯地を省いたアンコン仕立てと製品染めを広めた立役者である。

そんな男が弟のピエルイジ・ボリオリを前面に押し出し、新たに立ち上げたのがここで紹介するザ・ジジ。ピエルイジのニックネームから採ったブランドだ。

モヘヤにウール、ナイロンを混紡したジャケット。ループツイードと呼ぶ凹凸のあるファブリックをまとったそれはまさに象徴的な一着だ。180,000円

ブークレ、カセンティーノ、モヘア…。売場をのぞけばこの秋は毛足の長い服地のジャケットやスーツが華盛りだ。往年のものが改めて見直されるなか、天然素材、とくに織りに特徴のあるファブリックがトレンドに浮上しているのだが、ザ・ジジはこれを確信犯的に仕掛けた。その提案は群雄割拠のイタリア勢にあって、突き抜けていた。

巧妙にしなやかな風合い、トーンを手に入れつつ、シルエットもコンパクトに仕上げたそれはとびきり新鮮でいて、付き合いやすい雰囲気をまとうことに成功していた。世の中の快適志向、あるいはクラシック回帰といった方向性に則りつつ、半歩先いく提案にはさすがと唸らざるを得ないけれど、あくまで根っこに自分の好き嫌いがある、というのもよかった。ザ・ジジはピエルイジが愛してやまないミッドセンチュリーへのオマージュがカタチになったものであり、こういうのがあるのとないのとでは仕上がりに雲泥の差が生まれる。それはおそらく、マリオの背中を見て育ったからだろう。

ウール100%のチェスターフィールド。ネイビー、ショールカラーというディテールがノーブルな印象を醸し出す。200,000円

Related article

  • フォトギャラリー:次世代送風機「グリーンファン」
    フォトギャラリー:次世代送風機「グリーンファン」
  • 吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展
    吉岡徳仁ディレクション「セカンド・ネイチャー」展
  • 現代のリサイクルショップ「PASS THE BATON」
    現代のリサイクルショップ「PASS THE BATON」
  • 新感覚、超軽量ラバーベルト「tie-ups」
    新感覚、超軽量ラバーベルト「tie-ups」
  • イタリアの職人技が光る「EXILIA」のランジェリー
    イタリアの職人技が光る「EXILIA」のランジェリー
  • ハイメ・アジョン×九谷焼:速報!秋の東京デザイン祭り
    ハイメ・アジョン×九谷焼:速報!秋の東京デザイン祭り

Prev & Next

Ranking

  • 1
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 2
    マルニ木工「MARUNI COLLECTION 2014」。深澤直人氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー
  • 3
    熟成肉ブームの先駆け「京都 中勢以」、新たなる挑戦
  • 4
    マツダRX-8がマイナーチェンジ、新グレードに「RS」
  • 5
    香りの魔術師「ジョー マローン」、心躍るクリスマスギフトが限定登場
  • 6
    アウディのプレミアムモデルによるカーシェアリング開始
  • 7
    モレスキンとLEGOが結合した限定版ノートブック
  • 8
    ヴィヴィッドな世界観を体感!「ヴェルナー・パントン展」開催
  • 9
    アナ・スイのルーツや価値観を伝える新プロジェクト「SWINGING TOKYO」が始動 山本寛斎らとコラボ
  • 10
    今週末見るべき映画「倫敦から来た男」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加