パリにみる、ファッションルックの競演(2)

2014年 11月 14日 08:30 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリファッションウィークには、世界各国からファッション関係者やプレス、バイヤーなどお洒落な人々が集結する。そこで繰り広げられるのは、旬なファッションルックの競演。ファッションの“現在進行形”を見ることができる。そこでイズムではファッションスナップを敢行。パリ在住の写真家 松永学氏にスナップを依頼した。

松永氏はスーパーモデル時代にファッションショーのバックステージのルポルタージュ、会場周りのファッションスナップをいち早く始めた先駆けである。今でこそ何十人ものカメラマンが殺到し、コレクション時期の風物詩となっているが、当時は松永氏以外、バックステージや会場周りを撮影するカメラマンは稀であった。松永氏が考えた「スナップ」とは、パリでコレクションが開催されるファッションウィークの空気感、特別の活気を放つこの時期を自身の視点で切り取る、というもの。小物にもフォーカスすることで、洒落や深みを増し、年齢も性別も異なる「洒落者」を捉えた松永氏のスナップをご覧あれ。エスプリの利いた着こなしが切り撮られている。ぜひアナタの着こなしの参考にしてほしい。3週連続、毎週金曜日にお届けする。

#02.パリにみる、ファッションルックの競演

黒のレザーと黒のボンテージ調のインナーがハードな印象。それとピンクのフェミニンなスカートとのコンビネーション。剛柔のバランスが融合したルックだ。


サックスのシャツ、黒のパンツ、レザージャケットをサラリと羽織った無地で合わせたシックな装い。そこにベルト代わりに巻いたスカーフがアクセントとして効いている。

Related article

  • 大きいトート/注目すべき、厳選メンズバッグ(2)
    大きいトート/注目すべき、厳選メンズバッグ(2)
  • 世界で最も細い椅子? nendoとマルニ木工が開発
    世界で最も細い椅子? nendoとマルニ木工が開発
  • 今週末見るべき映画「ミッドナイト・イン・パリ」
    今週末見るべき映画「ミッドナイト・イン・パリ」
  • 吉岡徳仁の描く未来へのビジョン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(5)
    吉岡徳仁の描く未来へのビジョン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(5)
  • 今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
    今週末見るべき映画「カフェ・ド・フロール」
  • へうげもの×CLASKA 「へうげて暮らすか」
    へうげもの×CLASKA 「へうげて暮らすか」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加