パリにみる、ファッションルックの競演(2)

2014年 11月 14日 08:30 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリファッションウィークには、世界各国からファッション関係者やプレス、バイヤーなどお洒落な人々が集結する。そこで繰り広げられるのは、旬なファッションルックの競演。ファッションの“現在進行形”を見ることができる。そこでイズムではファッションスナップを敢行。パリ在住の写真家 松永学氏にスナップを依頼した。

松永氏はスーパーモデル時代にファッションショーのバックステージのルポルタージュ、会場周りのファッションスナップをいち早く始めた先駆けである。今でこそ何十人ものカメラマンが殺到し、コレクション時期の風物詩となっているが、当時は松永氏以外、バックステージや会場周りを撮影するカメラマンは稀であった。松永氏が考えた「スナップ」とは、パリでコレクションが開催されるファッションウィークの空気感、特別の活気を放つこの時期を自身の視点で切り取る、というもの。小物にもフォーカスすることで、洒落や深みを増し、年齢も性別も異なる「洒落者」を捉えた松永氏のスナップをご覧あれ。エスプリの利いた着こなしが切り撮られている。ぜひアナタの着こなしの参考にしてほしい。3週連続、毎週金曜日にお届けする。

#02.パリにみる、ファッションルックの競演

黒のレザーと黒のボンテージ調のインナーがハードな印象。それとピンクのフェミニンなスカートとのコンビネーション。剛柔のバランスが融合したルックだ。


サックスのシャツ、黒のパンツ、レザージャケットをサラリと羽織った無地で合わせたシックな装い。そこにベルト代わりに巻いたスカーフがアクセントとして効いている。

Related article

  • 草間彌生ケータイ誕生、auの新ブランド「iida」
    草間彌生ケータイ誕生、auの新ブランド「iida」
  • ドイツのキッチン「ポーゲンポール」広尾にショールーム
    ドイツのキッチン「ポーゲンポール」広尾にショールーム
  • エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
    エピス|その豊かな色彩に思わずみとれる、パリのストールブランド
  • 4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
    4/27より深澤直人ディレクション チョコレート展
  • 東西文化の融合、ドビュッシーと浮世絵
    東西文化の融合、ドビュッシーと浮世絵
  • 夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち
    夢の一歩を踏み出した、“シンマイ”ファッションデザイナーたち

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    アートバーゼル42 現地レポート
  • 6
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 7
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 8
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 9
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 10
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加