「Inside Chanel」第十二章。シャネルからカール ラガーフェルドへ

2014年 11月 12日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

ガブリエル シャネルのヒストリーとシャネルのメゾンを築いた伝説的なクリエイションをショートフィルムで辿る、ウェブサイト「Inside Chanel」(inside-chanel.com)。 新たな章では、シャネルの歴史の奥深くへと旅し、メゾンを象徴する数々の場所を紹介する。 公式ウェブサイトにて第十二章 「Paris by CHANEL」が公開されている。

第十二章 「Paris by CHANEL」

この章ではガブリエル シャネルからカール ラガーフェルドへと続く伝説の地を辿りながら、今日へと続くメゾンの歴史をシャネルを象徴する5つのお話で紹介する。


シャネルのエレガンスとは何であろう。何事も一夜にして成すことは難しい。シャネルにもその偉大なる歴史の幕開けがあったのだ。まずすべての始まりはパリ・カンボン通り21番地。 1910年、この場所にガブリエル シャネルは帽子店をオープンした。

その後29番地、25番地、23番地、27番地、19番地を経て、 そして31番地へ。ここは彼女の終生の場所となる。 31番地のサロンではガブリエル シャネルが自身のコレクションを発表し、アトリエでは職人たちの手で、彼女のデザインが形にされた。


鏡に覆われた伝説の階段、またここは、ガブリエル シャネルのアパルトマンでもあった。現在もなお、伝説は生き続けている。 同じ場所で、現在カール ラガーフェルドはシャネルのためにコレクションのデッサンを描き続けている。

シンプルで洗練を極めたサロンは、カール ラガーフェルドが新たに改装を手掛けた。この場所は現在、セレブリティやオートクチュールの顧客のフィッティングのために使用されている。 階段は以前と変わらぬ姿を見せ、アトリエでは白い作業着に身を包んだ職人たちがデッサンに命を吹き込み続けている。

Related article

  • プーマが3日間限定で「人間自販機パフォーマンス」
    プーマが3日間限定で「人間自販機パフォーマンス」
  • アジアからメディアカルチャーを発信する総合イベント「MeCA」が開催
    アジアからメディアカルチャーを発信する総合イベント「MeCA」が開催
  • 「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
    「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
  • 今週末見るべき映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
    今週末見るべき映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
  • 大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)
    大黒屋(栃木・板室温泉)/日本を巡る、アートな旅(5)
  • シャネル銀座ビル最上階にルーフテラス
    シャネル銀座ビル最上階にルーフテラス

Prev & Next

Ranking

  • 1
    棚田康司展 日本古来の木彫技法「一木造り」
  • 2
    美しくておいしいキッチンのつくりかたとは?
  • 3
    フーディーズ御用達のキッチンツール|Guys in the Kitchen#01
  • 4
    森田恭通“バブル”時計、オーデマ ピゲから世界限定発売
  • 5
    世界累計販売台数“1000万台”を突破した「ネスカフェ」コーヒーマシンに新モデル
  • 6
    夏を快適にすごす傑作「機能アイテムで雨対策」
  • 7
    賛否両論の問題作「ツリー・オブ・ライフ」
  • 8
    革新的なデザインフェア「Design Miami」
  • 9
    今週末見るべき映画「ビフォア・ミッドナイト」
  • 10
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加