男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(3)

2015年 2月 6日 08:10 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリコレクション2015-2016秋冬メンズが1月に開催された。世界中からファッション関係者、バイヤー、スタイリスト、編集者、ジャーナリストなどが集まり、パリの街はさらに活気に溢れた。イズムはそこで見かけた洒落者のスナップ撮影を敢行! 撮影はパリ在住の写真家、松永学氏。氏が切り撮ったスナップから、現在進行形のファッションを知ることができる。今回の松永氏の視点はあえて言うなら、”男の色気とはなんだろう”というもの。

松永氏はこう語る。「オシャレに振る舞う着こなし術や、年期の入った熟練度の高さが目につきました」。コレクションとはまた違う、ライブなお洒落達人達の着こなし術をこれで学びたい。本日は第3回目をお届けする。

Look #03-01
マオカラーのジャケットの色を拾い、タートルネックとパンツをベージュ系にして整合性を取っている。加えてお茶目なのがグローブの色。ベージュから彩度を少し上げ、イエローにしてアクセントにしている。さらに今季のパリっぽいところが、コートの肩掛け。あえて着用せず、方に羽織るのがダンディな印象を加速している。


Look #03-02
今季のトレンドであるファー使いのダブルブレストコートを颯爽と着こなしている。そこに挿し色としてパープルのニットとニットキャップを配剤。コートの存在感もさることながら、この着こなしを洒脱に成立させているのは、異素材使い、パープルという難しい色の差し方の美しさにある。シンプルながらハッとさせるのは、そんな細部の計算にあるといえるだろう。

Related article

  • GWは、ホテルオークラで世界のガーデニングを体験
    GWは、ホテルオークラで世界のガーデニングを体験
  • 六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
    六本木がアートのハブになる夜「動け、カラダ!」六本木アートナイト2014
  • 白熱電球の暖かみ再び。LED電球「Siphon」
    白熱電球の暖かみ再び。LED電球「Siphon」
  • カルテルから吉岡徳仁デザイン「AmiAmi」が登場
    カルテルから吉岡徳仁デザイン「AmiAmi」が登場
  • F1サプライヤー「サベルト」発、街仕様のドライビングブーツ
    F1サプライヤー「サベルト」発、街仕様のドライビングブーツ
  • 「世界を魅了したティファニー 1837-2007」展が開催
    「世界を魅了したティファニー 1837-2007」展が開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 3
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 4
    没後50年、ケネディ大統領の人生を辿る|「JFK—その生涯と遺産」展
  • 5
    今週末見るべき映画「山河ノスタルジア」
  • 6
    建築家・隈研吾の手により、根津美術館がリニューアル
  • 7
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • 8
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 9
    限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」
  • 10
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加