男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(3)

2015年 2月 6日 08:10 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

パリコレクション2015-2016秋冬メンズが1月に開催された。世界中からファッション関係者、バイヤー、スタイリスト、編集者、ジャーナリストなどが集まり、パリの街はさらに活気に溢れた。イズムはそこで見かけた洒落者のスナップ撮影を敢行! 撮影はパリ在住の写真家、松永学氏。氏が切り撮ったスナップから、現在進行形のファッションを知ることができる。今回の松永氏の視点はあえて言うなら、”男の色気とはなんだろう”というもの。

松永氏はこう語る。「オシャレに振る舞う着こなし術や、年期の入った熟練度の高さが目につきました」。コレクションとはまた違う、ライブなお洒落達人達の着こなし術をこれで学びたい。本日は第3回目をお届けする。

Look #03-01
マオカラーのジャケットの色を拾い、タートルネックとパンツをベージュ系にして整合性を取っている。加えてお茶目なのがグローブの色。ベージュから彩度を少し上げ、イエローにしてアクセントにしている。さらに今季のパリっぽいところが、コートの肩掛け。あえて着用せず、方に羽織るのがダンディな印象を加速している。


Look #03-02
今季のトレンドであるファー使いのダブルブレストコートを颯爽と着こなしている。そこに挿し色としてパープルのニットとニットキャップを配剤。コートの存在感もさることながら、この着こなしを洒脱に成立させているのは、異素材使い、パープルという難しい色の差し方の美しさにある。シンプルながらハッとさせるのは、そんな細部の計算にあるといえるだろう。

Related article

  • 吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
    吉岡徳仁がDesigner of the Year Award受賞
  • 原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味
    原美術館「杉本博司 ハダカから被服へ」。写真が語る装うことの意味
  • アルネ・ヤコブセンの名作「AJランプ」に5つの新色
    アルネ・ヤコブセンの名作「AJランプ」に5つの新色
  • 写真家と画家の旅の記録|石川直樹+奈良美智展「ここより北へ」
    写真家と画家の旅の記録|石川直樹+奈良美智展「ここより北へ」
  • 今週末見るべき映画「ニンフォマニアック Vol.1、 Vol.2」
    今週末見るべき映画「ニンフォマニアック Vol.1、 Vol.2」
  • ペットボトルタイプの魔法瓶・S'well(スウェル)
    ペットボトルタイプの魔法瓶・S'well(スウェル)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ニッポンデザインを牽引「渡辺力さんの仕事」
  • 3
    今週末見るべき映画「her/世界でひとつの彼女」
  • 4
    ファッションで見る、実写版映画『ルパン三世』衣装展
  • 5
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 6
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 7
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    ポルシェ911ファン必見。「ポルシェカフェ 青山」がオープン
  • 9
    ランボルギーニ、「ガヤルド・スクアドラ・コルセ」を日本初披露
  • 10
    今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加