生産者が見えるモノづくりはいい

2015年 3月 24日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、米は通販で頼んでいる。なんと、注文を受けてから精米するというもので、炊きあがった銀シャリはふっくらと旨い。

そろそろ在庫がつきそうになって電話をかけると、話し終えたぼくに感情の起伏が乏しいオペレーターはいった。「常温でおもちしますか」。一瞬頭が「?」でいっぱいになったが、しばらく考えて合点がいった。その店は酒をメインに扱っており、希望すれば冷やしてくれる痒いところに手が届くサービスを行っている。やり取りしているうちにそっちと混同したのだろう。

しかしせっかくのおもしろいネタ。このままスルーするのはもったいない。イタズラ心が芽生えたぼくはこう受けた。「え、炊いてくれるんですか」。誤りに気づき、恥ずかしそうに笑うことを予想したのだが、彼女はいってのけた。「冷やすんです」。その口ぶりからはいらだちがほとばしっていた。「じょ、常温でお願いします」というのが精一杯だった。

閑話休題。

かつて消費者が知る由もなかった、いやずっと昔はありふれた光景だった、製造過程を可視化するこういうひと手間は、いい。つくり手が感じられて、なおさら旨く感じる。ファッションの世界にもそんな動きはあって、さしずめパタンオーダーがこれに該当する。

それなりに体型にフィットした一着がつくれ、かつ生地やパーツにも選択肢を用意しているそれはあなただけの一着、という優越感も満たしてくれる。シーズンインにはたいていのお店が本国の人間を招聘し、フェアを催す。上等な空間で、経験豊富な職人と触れ合えるだけでも気分はあがる。それでいて、工場のラインに組み込むものなので納期はたいてい数週間だし、価格も既製品に毛が生えた程度で済む。

この取り組みにおいて頭ひとつ抜けた存在が伊勢丹だ。今月はスーツの聖地の名を冠したサヴィル・ロウフェアと題し、ヘンリープールやリチャードアンダーソン、ウィリアムスキナーなどそうそうたるメンバーが一堂に会する。シーバスリーガルを呑みながら誂え服のアーカイブを楽しむ、なんて企画もある。誂えといえば醍醐味は生地選びにあるが、知る人ぞ知る英国王室御用達の服地メーカー、ハーディ・ミニスもお目見えする。

Related article

  • 20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
    20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
  • 地中海から届いたカラフルファッション
    地中海から届いたカラフルファッション
  • バレンタインに男性から贈る、キュートなNYランジェリー
    バレンタインに男性から贈る、キュートなNYランジェリー
  • 宇宙の景色を閉じ込めた魅惑のアクセサリー
    宇宙の景色を閉じ込めた魅惑のアクセサリー
  • 新しい1年の始まり。春の訪れとともに、2014年の自分予想を
    新しい1年の始まり。春の訪れとともに、2014年の自分予想を
  • Cityで背負う、バックパック/注目すべき、厳選メンズバッグ(3)
    Cityで背負う、バックパック/注目すべき、厳選メンズバッグ(3)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 2
    六本木ヒルズ・けやき坂通りに、イタリアン餃子の店
  • 3
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」
  • 4
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 5
    「ほぼ日」の3日間限定。7の食堂、20のショップが集うイベント in 六本木ヒルズ
  • 6
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加