『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

生産者が見えるモノづくりはいい

2015年 3月 24日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、米は通販で頼んでいる。なんと、注文を受けてから精米するというもので、炊きあがった銀シャリはふっくらと旨い。

そろそろ在庫がつきそうになって電話をかけると、話し終えたぼくに感情の起伏が乏しいオペレーターはいった。「常温でおもちしますか」。一瞬頭が「?」でいっぱいになったが、しばらく考えて合点がいった。その店は酒をメインに扱っており、希望すれば冷やしてくれる痒いところに手が届くサービスを行っている。やり取りしているうちにそっちと混同したのだろう。

しかしせっかくのおもしろいネタ。このままスルーするのはもったいない。イタズラ心が芽生えたぼくはこう受けた。「え、炊いてくれるんですか」。誤りに気づき、恥ずかしそうに笑うことを予想したのだが、彼女はいってのけた。「冷やすんです」。その口ぶりからはいらだちがほとばしっていた。「じょ、常温でお願いします」というのが精一杯だった。

閑話休題。

かつて消費者が知る由もなかった、いやずっと昔はありふれた光景だった、製造過程を可視化するこういうひと手間は、いい。つくり手が感じられて、なおさら旨く感じる。ファッションの世界にもそんな動きはあって、さしずめパタンオーダーがこれに該当する。

それなりに体型にフィットした一着がつくれ、かつ生地やパーツにも選択肢を用意しているそれはあなただけの一着、という優越感も満たしてくれる。シーズンインにはたいていのお店が本国の人間を招聘し、フェアを催す。上等な空間で、経験豊富な職人と触れ合えるだけでも気分はあがる。それでいて、工場のラインに組み込むものなので納期はたいてい数週間だし、価格も既製品に毛が生えた程度で済む。

この取り組みにおいて頭ひとつ抜けた存在が伊勢丹だ。今月はスーツの聖地の名を冠したサヴィル・ロウフェアと題し、ヘンリープールやリチャードアンダーソン、ウィリアムスキナーなどそうそうたるメンバーが一堂に会する。シーバスリーガルを呑みながら誂え服のアーカイブを楽しむ、なんて企画もある。誂えといえば醍醐味は生地選びにあるが、知る人ぞ知る英国王室御用達の服地メーカー、ハーディ・ミニスもお目見えする。

Related article

  • Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
    Gibson Brands Showroom TOKYOがオープン
  • おしゃれデザインを発掘「100% Design Tokyo」レポート(2)
    おしゃれデザインを発掘「100% Design Tokyo」レポート(2)
  • ダンヒル、2013年サッカー日本代表オフィシャルスーツを発表
    ダンヒル、2013年サッカー日本代表オフィシャルスーツを発表
  • エアコン付きクーラーボックス「IcyBreeze」
    エアコン付きクーラーボックス「IcyBreeze」
  • 無駄を全て削ぎ落とした究極のミニマルウォレット
    無駄を全て削ぎ落とした究極のミニマルウォレット
  • ジャック・ボリー氏監修のカフェ、伊勢丹新宿店にオープン
    ジャック・ボリー氏監修のカフェ、伊勢丹新宿店にオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 3
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 4
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 5
    イタリアの家具ブランド、フレックスフォルムの新作
  • 6
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 7
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 8
    ポルシェ新型グランツーリスモ「パナメーラ」初披露
  • 9
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • 10
    シックな花咲く夏 ベルギー・プリマドンナ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加