生産者が見えるモノづくりはいい

2015年 3月 24日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、米は通販で頼んでいる。なんと、注文を受けてから精米するというもので、炊きあがった銀シャリはふっくらと旨い。

そろそろ在庫がつきそうになって電話をかけると、話し終えたぼくに感情の起伏が乏しいオペレーターはいった。「常温でおもちしますか」。一瞬頭が「?」でいっぱいになったが、しばらく考えて合点がいった。その店は酒をメインに扱っており、希望すれば冷やしてくれる痒いところに手が届くサービスを行っている。やり取りしているうちにそっちと混同したのだろう。

しかしせっかくのおもしろいネタ。このままスルーするのはもったいない。イタズラ心が芽生えたぼくはこう受けた。「え、炊いてくれるんですか」。誤りに気づき、恥ずかしそうに笑うことを予想したのだが、彼女はいってのけた。「冷やすんです」。その口ぶりからはいらだちがほとばしっていた。「じょ、常温でお願いします」というのが精一杯だった。

閑話休題。

かつて消費者が知る由もなかった、いやずっと昔はありふれた光景だった、製造過程を可視化するこういうひと手間は、いい。つくり手が感じられて、なおさら旨く感じる。ファッションの世界にもそんな動きはあって、さしずめパタンオーダーがこれに該当する。

それなりに体型にフィットした一着がつくれ、かつ生地やパーツにも選択肢を用意しているそれはあなただけの一着、という優越感も満たしてくれる。シーズンインにはたいていのお店が本国の人間を招聘し、フェアを催す。上等な空間で、経験豊富な職人と触れ合えるだけでも気分はあがる。それでいて、工場のラインに組み込むものなので納期はたいてい数週間だし、価格も既製品に毛が生えた程度で済む。

この取り組みにおいて頭ひとつ抜けた存在が伊勢丹だ。今月はスーツの聖地の名を冠したサヴィル・ロウフェアと題し、ヘンリープールやリチャードアンダーソン、ウィリアムスキナーなどそうそうたるメンバーが一堂に会する。シーバスリーガルを呑みながら誂え服のアーカイブを楽しむ、なんて企画もある。誂えといえば醍醐味は生地選びにあるが、知る人ぞ知る英国王室御用達の服地メーカー、ハーディ・ミニスもお目見えする。

Related article

  • パリにみる、ファッションルックの競演(2)
    パリにみる、ファッションルックの競演(2)
  •  粘土からできている、フラワーアクセサリー
    粘土からできている、フラワーアクセサリー
  • 男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(2)
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(2)
  • キャンディのようなリングで、手元をキュートに飾りたい
    キャンディのようなリングで、手元をキュートに飾りたい
  • 一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』
    一緒に歳を重ねていけるコットンバッグ、『Teddy fish』
  • 話題のオルセー美術館展が、H.P.FRANCEとコラボ
    話題のオルセー美術館展が、H.P.FRANCEとコラボ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「アビターレ・イル・テンポ」展レポート 【後編】
  • 2
    デザイン? アート?「鏡の髪型 清水久和」展
  • 3
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 4
    伝統技巧とデザインの融合、飛騨春慶×日本デザインコミッティー
  • 5
    おなじみの渋谷駅が安藤建築に(2)
  • 6
    世界最高のアートフェア「アートバーセル」現地レポート
  • 7
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 8
    今週末見るべき映画「セッションズ」
  • 9
    ポルシェ、「パナメーラ」のインテリアコンセプトを公開
  • 10
    坂本龍一が語る「ルイ・ヴィトンの森」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加