スティーブ・ジョブズに学ぶ、歳の重ね方

2015年 4月 22日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

取材にやってきた記者のiPhoneがカバーで覆われていたのをみて、スティーブ・ジョブズは傷も絵になる筐体だよとさみしそうに呟いたとか。

日進月歩で使いものにならなくなるガジェットながら、古き良きデニムやレザーグッズの魅力であるエイジングの思想を意識する。酒の肴に連れから聞いた話は酔いも手伝ってなかなかに感動的だった。杯を重ねるうち、「てかさ、アップル信者はそのデザインを賛美するくせに隠すなんて矛盾だよな。野暮だよ、野暮」と口はどんどん悪くなり、そして夜は反比例して、しんしんと更けていくのだった。

て書きながらふと思ったのだけど、ジョブズがいつだって同じ服だったのはコーディネイトを考える煩わしさもありつつ、なにより自分という人間への自信の表れだったのではないか。服による印象操作を必要としないジョブズは、その存在を限りなく無にするために黒のタートルネックを着続けたのではないか。

脱線復旧。エイジングの観点において他の追随を許さないマテリアルがイギリス生まれのブライドルレザーである。ベジタブルタンニンで鞣したのち、タロー(獣脂)をたっぷり含浸させたそのレザーははじめ粉を吹いたような表面感で、これもいいのだが、使い込むうち、水をたたえたようなツヤが現れる。ギアとしての機能性が求められる馬具発祥のマテリアルだけあって、強靱、かつしなやかな特性もある。

しかしご存じのように少々武骨で、スーツのようなきれいめなスタイルのときにはチグハグに思うこともあった。痒いところに手が届く、という形容はこういうときに使うんだなぁと感じ入ったのがブライドルレザーの代名詞的ブランド、ホワイトハウスコックスから登場したネイビー×ホワイトのツートンだった。ブライドルレザーならではのエイジングが楽しめ、スーツにも溶け込む品を手に入れている。

ネイビー×ホワイトのカラーパレットがブライドルレザーの荒々しさを巧妙にセーブしている。ユナイテッドアローズのエクスクルーシブモデル。2月には銀座の店にショップインショップがオープンした。ロングウォレット/47,540円

中を開けば真っ赤なライニングが現れる。さり気なくトリコロールを表現する遊び心もいい。左上から時計回りにロングウォレット/47,540円、ロングジップウォレット/54,000円、3フォールドウォレット/41,040円、コインウォレット/35,640円、ネイムカードケース/19,440円

Related article

  • 深澤直人デザインの鳩時計が伊勢丹新宿をジャック
    深澤直人デザインの鳩時計が伊勢丹新宿をジャック
  • マジス東京ショールームが青山でラウンチ
    マジス東京ショールームが青山でラウンチ
  • 吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 工業デザイナーの元祖? クリストファー・ドレッサー展
    工業デザイナーの元祖? クリストファー・ドレッサー展
  • カルテルから見えない椅子「The Invisibles」
    カルテルから見えない椅子「The Invisibles」
  • ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」
    ルイス・ポールセンから久々の新作「フリント」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 2
    新しい体験型パフォーマンス作品「MIRAGE(ミラージュ)」とは!?
  • 3
    25日まで10%OFF! 北海道の沼田椅子製作所のオーダーソファ店「blocco」が都内にオープン!
  • 4
    山のような建築 雲のような建築 森のような建築
  • 5
    2018年10月に「おおいた大茶会」が開催  grafやライゾマティクス アーキテクチャー、チームラボも参加
  • 6
    桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
  • 7
    今週末見るべき映画「ル・コルビュジエの家」
  • 8
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 9
    Interview: 音楽プロデューサー・本間昭光氏|泰然自若のジーニアスが放つ才気煥発の極み
  • 10
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加