FENDI|日本上陸50周年記念チャリティオークションを開催

2015年 4月 22日 08:10 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

1925年にローマで誕生したフェンディ。エレガンス、クラフツマンシップそして革新を象徴するブランドとして瞬く間に認知され、現在も世界中から愛されているイタリアを代表するラグジュアリーブランドである。日本に上陸した1965年は、現在も毎シーズン素晴らしいクリエーションの発表を行っている、カール・ラガーフェルドがフェンディとのコラボレーションをスタートした記念すべき年というのも、日本とフェンディの深い結びつきを象徴しているかのようだ。

今回、日本上陸50周年を記念して、フェンディと東京藝術大学によるのアイコニックなバッグ“ピーカブー(PEEKABOO)”を使った、チャリティが企画された。

今回のチャリティに登場する、コラボレーションされた“ピーカブー”。左から井上真央氏、宮田良平氏、高橋理子氏、松井冬子氏、アンナ・デッロ・ルッソ氏の作品

「フェンディ ピーカブー プロジェクト」は、フェンディと東京藝術大学とのコラボレーションにより実現したプロジェクト。フェンディと東京藝術大学といえば、同大学美術館で2013年に行われた、フェンディの伝統とクラフツマンシップを集大成した巡回美術展「FENDI-UNART ART AUTRE」が記憶に新しい。その後も学生とフェンディのファー職人たちとのワークショップの開催などで交流を深めてきたのだとか。

今回のチャリティは、フェンディと東京藝術大学が選出したアイコニックな著名人に、ピーカブーをデザインしてもらい、オークションにかけ、その収益を東京藝術大学に寄附。フェンディが50年という長い歴史を歩ませてくれた日本への敬意と感謝、そして日本の未来のアート、デザイン、ファッション界を担う次世代の育成に貢献することを目的に、日本の芸術の最高学府である東京藝術大学の協力を要請したのだとか。

さて、気になるピーカブーをいったい誰がデザインしたのか? まずは、女優の井上真央氏。そして東京藝術大学の卒業生でもある現代美術家の松井冬子氏とアーティストの高橋理子氏。さらに東京藝術大学の学長であり日本を代表する金工作家としても活躍する宮田良平氏も学生たちのために参加。そして唯一国外から、ファッション・アイコンであるアンナ・デッロ・ルッソも。

アンナ・デッロ・ルッソ氏

Related article

  • シンプルなデザイン、少しの遊び心、シルバージュエリー『M.A. Stone』
    シンプルなデザイン、少しの遊び心、シルバージュエリー『M.A. Stone』
  • 「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
    「メゾン マルタン マルジェラ」インテリアデザインの新コンセプト
  • フライターグから“スーパースポーツバッグ”登場
    フライターグから“スーパースポーツバッグ”登場
  • フランフラン、気鋭のプロダクトデザイナーとコラボ
    フランフラン、気鋭のプロダクトデザイナーとコラボ
  • 追悼、帽子デザイナー・平田暁夫
    追悼、帽子デザイナー・平田暁夫
  • リストニアから届いた手作りフェルトスカーフ
    リストニアから届いた手作りフェルトスカーフ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 2
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 3
    センプレで「手を動かして知る」デザイン
  • 4
    フォトギャラリー:「MINI クーパー コンバーチブル」
  • 5
    遊びのなかの色と形 クルト・ネフ&アントニオ・ヴィターリ
  • 6
    モルトンブラウンから、待望のメンズラインが新上陸
  • 7
    フォトギャラリー:歴代ランボルギーニ
  • 8
    目からウロコの発見、クラスカで「みやげもん展」
  • 9
    フォトギャラリー:新型フェラーリ「フェラーリ・カリフォルニア」
  • 10
    丸の内にゼロハリバートン旗艦店がオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加