FENDI|日本上陸50周年記念チャリティオークションを開催

2015年 4月 22日 08:10 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

1925年にローマで誕生したフェンディ。エレガンス、クラフツマンシップそして革新を象徴するブランドとして瞬く間に認知され、現在も世界中から愛されているイタリアを代表するラグジュアリーブランドである。日本に上陸した1965年は、現在も毎シーズン素晴らしいクリエーションの発表を行っている、カール・ラガーフェルドがフェンディとのコラボレーションをスタートした記念すべき年というのも、日本とフェンディの深い結びつきを象徴しているかのようだ。

今回、日本上陸50周年を記念して、フェンディと東京藝術大学によるのアイコニックなバッグ“ピーカブー(PEEKABOO)”を使った、チャリティが企画された。

今回のチャリティに登場する、コラボレーションされた“ピーカブー”。左から井上真央氏、宮田良平氏、高橋理子氏、松井冬子氏、アンナ・デッロ・ルッソ氏の作品

「フェンディ ピーカブー プロジェクト」は、フェンディと東京藝術大学とのコラボレーションにより実現したプロジェクト。フェンディと東京藝術大学といえば、同大学美術館で2013年に行われた、フェンディの伝統とクラフツマンシップを集大成した巡回美術展「FENDI-UNART ART AUTRE」が記憶に新しい。その後も学生とフェンディのファー職人たちとのワークショップの開催などで交流を深めてきたのだとか。

今回のチャリティは、フェンディと東京藝術大学が選出したアイコニックな著名人に、ピーカブーをデザインしてもらい、オークションにかけ、その収益を東京藝術大学に寄附。フェンディが50年という長い歴史を歩ませてくれた日本への敬意と感謝、そして日本の未来のアート、デザイン、ファッション界を担う次世代の育成に貢献することを目的に、日本の芸術の最高学府である東京藝術大学の協力を要請したのだとか。

さて、気になるピーカブーをいったい誰がデザインしたのか? まずは、女優の井上真央氏。そして東京藝術大学の卒業生でもある現代美術家の松井冬子氏とアーティストの高橋理子氏。さらに東京藝術大学の学長であり日本を代表する金工作家としても活躍する宮田良平氏も学生たちのために参加。そして唯一国外から、ファッション・アイコンであるアンナ・デッロ・ルッソも。

アンナ・デッロ・ルッソ氏

Related article

  • プラチナの永遠の輝きをまとった、時価1500万円のケーキ
    プラチナの永遠の輝きをまとった、時価1500万円のケーキ
  • 収納力もデザインも妥協しない万能バッグ、「TM1985」
    収納力もデザインも妥協しない万能バッグ、「TM1985」
  • エレガンスの中に潜む遊びに注目したい「SIMONE PERELE」
    エレガンスの中に潜む遊びに注目したい「SIMONE PERELE」
  • 歳のとり方を教えてくれる精神安定剤―ハンコック
    歳のとり方を教えてくれる精神安定剤―ハンコック
  • クラシックそれともモダン? ロンドンのクリスマス
    クラシックそれともモダン? ロンドンのクリスマス
  • アイラ島の海の色
    アイラ島の海の色

Prev & Next

Ranking

  • 1
    男のキッチンはビルトイン家電で決まる|Guys in the Kitchen#03
  • 2
    33×25ミリの小さなデザインの競演、切手デザイン展
  • 3
    ペンハリガン|なおも進歩する王室御用達の香り
  • 4
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 5
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
  • 6
    紙にまつわるプロダクトと活版印刷、パピエ・ラボ
  • 7
    ニュートン・ナイト 自由の旗をかかげた男 【今週末見るべき映画】
  • 8
    エリザベス アーデンから、黄金のカプセルに入った美容液・誕生
  • 9
    30種類以上のフランチャコルタが楽しめる、アルマーニのワインラウンジ
  • 10
    ヴィンテージ加工ができるグローブ・トロッター新作

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加