マドモアゼルの現代性を世界中に響かせる、「OUTSIDE CHANEL」プロジェクト始動

2015年 5月 1日 08:05 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャネルの歴史を物語る「INSIDE CHANEL」に続き、新たに「OUTSIDE CHANEL」が登場。それは世界の魅力ある女性たちの声を生き生きと記録し動画で発信するもの。「INSIDE CHANEL」はシャネルのストーリーだが、「OUTSIDE CHANEL」はシャネルのスピリットを表す。マドモアゼル シャネルのスピリットを継承する女性たちの物語となっている。

その昔、まっすぐな決意と創造性を持った一人の孤独な少女は、やがてガブリエル シャネルとなり、彼女の運命は自分自身の人生を見つけたいと願う世界の女性たちを目覚めさせた。そう、ココ シャネルはその生き方とクリエイションを通じて、女性らしさの新たな概念を作り出したのだ。現代的かつ普遍的なこの“永遠の女性らしさ”は、今を生きる女性の心に響き続け、マドモアゼル シャネルの足取りはますます世界中へ広がっていく。

「OUTSIDE CHANEL」はドキュメンタリーの手法を用い、各分野で果敢に挑み続ける女性たちの言葉を集めている。世界各地で撮影されたショート ドキュメンタリーフィルムをシリーズで紹介。女性たちの生き方にスポットを当て、彼女たちのしなやかさ、大胆さ、勇敢さ、情熱、創造性、インスピレーションを見せていく。自ら選択し、自身の道に挑む彼女たちは、まさにガブリエル シャネルを想わせる。企業家、アーティスト、慈善活動家、フォトグラファー、DJ、作家など、さまざまな女性が自分自身について語ると同時に、エレガンスや大胆さ、そして女性らしさが発露する。

それぞれのやり方で、シャネルというメゾンの核心的な価値を体現している彼女たちこそ、シャネルのスピリットの解釈者と言えるだろう。 彼女たちにとって“エレガンス”とは、まず自分らしくあろうとする勇気。主人公である彼女たちは、世の決まりごとに従うのではなく、勇気と忍耐をもってチャンスに賭けていく。彼女たちは自由。それぞれのフィールドで自由に、既成概念を覆している。彼女たちの生き方は、ほかの女性たちに勇気をもたらすはずだ。

「OUTSIDE CHANEL」の旅のスタートはまず日本から。その後アメリカ、中国、イギリス、ロシア、韓国、フランスへと続く予定だ。事実、シャネルのように“来たるべきものの側にいたい”と願って第一線で活躍する“マドモアゼル”たちは、世界の至る所に存在しているのだ。

最初のエピソードとなる日本では、5人の女性たちがそれぞれ自らを語る。信念をもって挑む意思ある書道家、川邊りえこ。感情豊かな写真家、山本郁。西洋芸術に挑戦するオペラ歌手、小川里美。伝統の和紙を革新する和紙アーティスト、堀木エリ子。そして女性として道を開拓したDJ、マドモアゼル ユリア。語られる言葉が心に染み込むことだろう。彼女たちのそれぞれの生き方が、シャネルの考えに通じているのだ。

書道家、川邊りえこ

写真家、山本郁

オペラ歌手、小川里美

和紙アーティスト、堀木エリ子

DJ、マドモアゼル ユリア

Related article

  • クラシカルでスタイリッシュ、「ランズエンド」の服
    クラシカルでスタイリッシュ、「ランズエンド」の服
  • 好奇心の赴くまま自分を表現する、アイウェア
    好奇心の赴くまま自分を表現する、アイウェア
  • TUMI銀座店がリニューアルオープン
    TUMI銀座店がリニューアルオープン
  • スワロフスキー、2014年春夏コレクションの嘆美
    スワロフスキー、2014年春夏コレクションの嘆美
  • 京都の新しい過ごし方。「京都 一加」で着物を誂える京都の旅を。
    京都の新しい過ごし方。「京都 一加」で着物を誂える京都の旅を。
  • プーマ×アレキサンダー・マックイーン 初のアパレルコレクション
    プーマ×アレキサンダー・マックイーン 初のアパレルコレクション

Prev & Next

Ranking

  • 1
    この夏行くべきアートスポットは「犬島」
  • 2
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview
  • 3
    「ほぼ日」の3日間限定。7の食堂、20のショップが集うイベント in 六本木ヒルズ
  • 4
    新しい建築、そして東京の都市を考える。ザハ・ハディド展
  • 5
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 6
    六本木ヒルズ・けやき坂通りに、イタリアン餃子の店
  • 7
    今週末見るべき映画「ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加