『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音

2015年 5月 3日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

スーツの聖地、サヴィル・ロウの英国王室御用達テーラー『ギーブス&ホークス』の日本人初の認定ヘッドカッターである久保田博氏の手から生まれるビスポークスーツは、気品に溢れながら、同時に凛々しく、そして繊細で美しい。彼がこよなく愛する英国チェルシーFCのクラブカラーの“ブルー”と、大ばさみを意味する“シアーズ”を組み合わせたビスポークハウス『ブルーシアーズ』では、サヴィル・ロウ直伝のスタイルを継承しながら、新機軸を所々に盛り込んだ独自のスーツ世界が繰り広げられている。

来年、創立10年目を迎えるにあたって、新たな展開や今後の展望まで…。今回は日本屈指のテーラー・久保田博氏のインタビューをお届けする。


#01.チェルシーは僕の一部。クラブカラーのブルーは、人生にとってかけがえのない色


- 日本の高校を卒業後、イギリスの大学に留学されていたことは存じ上げていましたが、元々はマネージメントを専門に学ばれていたとお聞きして驚きました。一体、どういう経緯で、テーラーの道に進まれたのですか?

イギリスの大学に留学中、「サヴィル・ロウの歴史と経営学」という、文字にするとなんともいかめしいタイトルの卒業論文を書いたんですよ(笑)。その時に、インタビューをさせていただいた会社がサヴィル・ロウ1番地の「ギーブス&ホークス」でした。論文を制作するにあたり、20社くらいに手紙を書いて取材先を探していたのですが、唯一、ギーブス&ホークスの担当者の方からは、「うちはボランティアではないので、そういったことは致しかねます」といった内容の返事が返ってきました。そしたら、教授がアポを取ってくれて繋いでくれたんです。それが最初のきっかけでしたね。

Related article

  • 男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(3)
    男の色気迸るパリのファッショニスタ、絶妙スタイルスナップ(3)
  • 歳のとり方を教えてくれる精神安定剤―ハンコック
    歳のとり方を教えてくれる精神安定剤―ハンコック
  • Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」
    Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」
  • ふっくらと、軽く、美しい日本の伝統美をまとう「結城紬」の魅力
    ふっくらと、軽く、美しい日本の伝統美をまとう「結城紬」の魅力
  • 「リトル ブラック ジャケット写真展」、サンパウロで開催
    「リトル ブラック ジャケット写真展」、サンパウロで開催
  • ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」
    ノルウェーのニットブランド「アルネ&カルロス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    初の大規模個展 「蜷川実花展 地上の花、天上の色」
  • 3
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 4
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 5
    イタリアの家具ブランド、フレックスフォルムの新作
  • 6
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 7
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催
  • 8
    ポルシェ新型グランツーリスモ「パナメーラ」初披露
  • 9
    大森克己の個展「すべては初めて起こる」、29日まで
  • 10
    シックな花咲く夏 ベルギー・プリマドンナ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加