アイラ島の海の色

2015年 5月 18日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

どんなに後ろ髪引かれても断念するアイテムというのがある。たとえば派手な色柄のジャケットやハイウエストのパンツ。共通するのは、どこか野暮ったいもの。ぼくが暮らす下町でそれを着ると、まんまだからだ。

そんなぼくがこれまで敬遠してきた最難関ブランドがバブアー。1894年に創業したイギリスを代表する本物のアウトドアウェアであり、セージカラーと呼ぶ深緑のオイルドコットンはこれ以上ないほど武骨で、男なら惚れるなってほうが無理な話である。ところがやっぱり禁断の果実なのだ、下町というエリアにおいては。思わずかじってしまったのは、ネイビーで染めた一着だった。色ひとつでこんなにも印象が変わるものかと、舌を巻いた。

バブアーを代表するモデル、ボーダーをベースにオイルドコットンをネイビーのそれに変更。ほか、スリムフィット・シルエットや初期のモデルにみられるピボットスリーブなどを採り入れている。59,400円

まったくひどい展開の仕方だけれど、青つながりで、今回はぼくの仕事場の、もっともいい場所にすっくと立っているボトルのラベルにまつわる話を、書き留めておきたい。甘く、淡い青をベースにした、どこかポップなデザイン。中央にはBOWMORE、そしてAged 17 Yearsとプリントされている。

「君は酒が好きかい。じゃ、この後ちょっといこう」。取材が終わって連れていかれたのは気鋭の若手が六本木ではじめた蕎麦屋で、素材のよさ、丁寧な仕事ぶりにすっかり骨抜きにされた。

その席で君はどんな店でどんな酒を呑むんだと尋ねられ、場末のダメな酒が好きっすねって答えたら、「じゃ、次は君が案内しなさい。●●(共通の知人)も誘って来月やろう。調整を頼む」といわれた。

“近々いきましょう”が挨拶代わりのような業界で、それはとても新鮮だった。若かりしころ、持ち前の好奇心で欧米のその道の先達のフトコロにもぐいぐいと分け入っていった人らしいなと思った。

1ヵ月もしないうちに宴は開かれ、がんばって考えたはしご酒のコースをことのほか喜んでくれた。ホストを労うホスピタリティにも感動した。

希代の洒落者で、そして多趣味にして、どのジャンルも玄人はだしだったから、なにかにつけて取材させてもらうようになった。

「鎌倉に眺めがよくてすこぶる美味いレストランがある。そこで昼から呑って、そのあとぼくがやっているバーで締めよう」。

そういわれて、実現しないまま1年が経ってしまった。

正規ルートにない17年ものは、知人にボウモアを勧めたらたいそう気に入って、現地にいって樽買いしたものという。味気ないからラベルをつくってくれと頼まれ、ギャラ代わりにもらった何本かのうちの一本を、何度目かの取材の帰りに気前よくくれたのだった。

ぼくらの記憶に残る数々のすぐれた作品をものしてきた彼の、ぼくが知るかぎり最後の仕事となった。

一瞬で干したことを悔やみながら、いまはただ、そのボトルをぼんやりとながめている。

Related article

  • 魅力満載! 2013-14年 クルーズコレクションの注目ルック
    魅力満載! 2013-14年 クルーズコレクションの注目ルック
  • 三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
    三宅一生の新たな挑戦、「REALITY LAB 再生・再創造」展
  • 今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」
    今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」
  • バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
    バルーン・アーティストDaisy Balloon|スペクタクルな美的世界|インタビュー
  • 130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
    130人の渋い男が百花繚乱|写真集『JAPANESE DANDY』  
  • 大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」
    大人の炭酸で乾杯したい「トゥモローランド」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ハイパフォーマンス・フラッグシップも大幅進化。ベンツ新型S63 AMGシリーズ
  • 2
    ミラノサローネ2013<後篇> 今年のポイントを聞く主要ブランドをチェック
  • 3
    ツヴィリング。世界最高峰の包丁は、ドイツと日本のハイブリッド
  • 4
    ミラノサローネ2015|Vol.3 今年は照明「ユーロルーチェ」
  • 5
    ぷにょぷにょした寝られるブロック? 自由に発想するピロー
  • 6
    空冷水平対向6気筒の伝説/ポルシェ、その伝説と衝動(1)
  • 7
    Interview:非凡なる若き建築家・佐野文彦氏が語る「文化のアップデート」
  • 8
    アレッシィ × ザハ・ハディドの新作「Niche」
  • 9
    フォトギャラリー:新世代メルセデスのアートオブジェ
  • 10
    吉岡徳仁「光庵‐ガラスの茶室」がヴェネツィアビエンナーレに

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加