アナ・スイのルーツや価値観を伝える新プロジェクト「SWINGING TOKYO」が始動 山本寛斎らとコラボ

2019年 3月 29日 19:35 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションのみならず、アートやポップカルチャーといった分野にも精通し、ミュージックシーンとも呼応したデザインを多く手掛けてきたアナ・スイ。1991年に誕生して以来、世界中で愛されてきたブランドである。このアナ スイが新たなプロジェクト「SWINGING TOKYO」を、5月1日からスタートさせる。

このプロジェクトでは、アナ・スイが「リスペクト」「フェイバリット」「コミュニケーション」している、様々なジャンルの「人」「モノ」「コト」とコラボレーション。デザイナーの感性や価値観、アイデンティティーに触れられるコレクションとなっている。また、デザイナーの原点である60年代のロンドンで起こったユース・カルチャーのムーブメント「スウィンギング ロンドン」のように、自由かつ都会的に楽しめるファッションやアイテムを、東京のネクストジェネレーション層に向けて提案していく。

アナ・スイが「リスペクト」するデザイナーの一人としてコラボレーションするのは、山本寛斎氏だ。

¥145,000

                               ¥145,000
山本氏とコラボしたスペシャルコレクションには、アナ スイのブランドを代表するドールにインスパイアされたという「寛斎ドール」を背面に大きく配置したベルベットのスカジャンの他、今季も引き続きトレンドとして注目されているタイダイ柄に、漢字で「亜奈好射(アナ スイ)」と書かれた文字がユニークなスウェットトップ、アナ スイ19年春夏コレクションで用いられた花のエンブロイダリーをあしらったデニムスカートやパンツなどが登場。どれもユニセックスで使えるアイテムとなっている。

¥69,000

                               ¥69,000

¥170,000

                               ¥170,000

さらに「フェイバリット」として取り上げたのが、ヨックモック。

各¥1,000

                               各¥1,000
ヨックモックはアナ・スイお気に入りの東京土産なのだとか。19年春夏コレクションで登場したカラフルな花鳥柄を缶にプリントした「プティ シガール」などを販売。今年は50周年のメモリアルイヤーを迎えるヨックモックだが、ファッションブランドとコラボレーションするのは初となる。

これら「SWINGING TOKYO」のコレクションは、伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージを皮切りに(初日5月1日にはアナ・スイが来日予定)、阪急うめだ本店など全国で展開される。6月8日に六本木ヒルズアリーナで開催される「日本元気プロジェクト2019 『スーパーエネルギー』」でも、アナ スイと山本寛斎のスペシャルコレクションが登場。アナ・スイの感性や価値観に触れつつ、「トーキョー」を切り口にしたカルチュラルなアイテムを手に入れられる機会となっている。
※ 商品は仕様が一部変更になる可能性あり


5月1日 (水)~7 (火) 伊勢丹新宿店本館1階=ザ・ステージ
6月19日(水)~24(月) 阪急うめだ本店9F祝祭広場
5月中旬~        アナ スイ ウエアショップにて順次販売開始

PR【ANNA SUI

Ranking

  • 1
    25日まで川上元美展、日本の巨匠を知る
  • 2
    篠山紀信展 写真力  THE PEOPLE by KISHIN
  • 3
    キレイをあきらめない、ニキビ対策の新スキンケアブランド
  • 4
    ウィンザーチェアの魅力を再考する展覧会
  • 5
    秋冬の「VALERY」は、カラーとレースの絶妙デュオ!
  • 6
    今週末見るべき映画「恋するベーカリー」
  • 7
    今週末見るべき映画「ブンミおじさんの森」
  • 8
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 9
    ハンカチがアートになる日。「トーキョーハンカチライフ」
  • 10
    Interview:女優キタキマユ|無限大に進化する美しき女優魂

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加