ヨーロッパ老舗ブランドとauがコラボした、携帯ケースが発売中

2007年 8月 7日 11:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 この度、ヨーロッパの老舗ブランドがauとコラボレーションをし、デザインにこだわる人のための携帯ケースが発売された。

 スコットランドからはレザーの「GLENROYAL」、英国からはキルトの「LAVENHAM」。ヨーロッパが誇る二つのブランドがauとコラボ。いままでありそうでなかった、こだわりの携帯ケースが誕生した。

【au × GLENROYAL=W53CA】


ひとつめは、スコットランドの「GLENROYAL(グレンロイヤル)」。レザーの靴やカバン好きな方にはおなじみのブランドだろう。最高級のブライドル・レザーを用いたレザー小物は、素材はもちろんのこと、丁寧な縫製、そして最後は手で磨き上げるという、隅々にまで行き届いた職人魂が貫かれている。ちなみにブライドル・レザーとは、牛皮をワックスや蜜蝋、牛脂でなめした革の総称。丁寧になめされた革は、強度が高く耐久性に優れ、自然素材のみを使ったナチュラルな美しさを放つ。

今回au W52Pのために作られたケースも、ブライドル・レザー製。カラーは深いワインの色を想像させるシックなバーガンディー。一見鮮やかに見えるが、レザーの落ち着いた雰囲気は大人の印象。アウターの色が地味になりがちな秋のファッションで、胸元のアクセントになるだろう。また、使い込んでいくごとに美しく変化していく、革の色味も楽しめる。カラーはこの写真とターコイズブルー。スタイルに合わせて選べる2色展開だ。
¥25,200(税込)


【au × LAVENHAM=W52P】


もうひとつは、、英国の老舗キルティングメーカーLAVENHAM(ラベンハム)。上質な造りのキルティングジャケットでご存知の方も多いのでは? ラベンハムという名は、ロンドン北東部のサフォーク州にある小さな村の名前にちなむ。このキルティング、もともとはエリザベス女王が乗る馬のホース・ブランケットとして作られたのが始まり。軽く、丈夫で保湿性、耐久性が高いキルティングの技術を活かし、乗馬のライディング・ウエアを作り続けている。

シンプルかつ堅実なものづくりに定評のあるラベンハムで、今回作られたのは、ソフトキルティングケース。携帯ケースとはいえ、造りはジャケットとまったく同じ。コーデュロイのパイピングで、ロゴ入りのスタッドもきちんとついている。専門のカメラケースとまではいかないが、キルティングはクッションにもなるので、携帯電話以外にもデジタルカメラやiPodを入れてもよいだろう。
¥5,040(税込)


毎日持ち歩く携帯電話やデジタル機器。カバンから取り出す時に、スタイルのあるケースでさりげなく個性を主張する。ソリッドで高級感のあるレザー、カジュアルで上質な印象のキルティング、さあ、どちらを選ぶ?

お問い合わせ:
●上記携帯ケースの取り扱いは

auショッピングモール

または

DECENTAGES青山本店
tel.03-5466-3446
東京都港区南青山5-14-2 Kizunaビル1,2F
tel.03-5466-3445
open.12:00~20:00
第3水曜定休

●携帯ケースに関するお問い合わせは
渡辺産業 tel.03-5466-3446

取材/上條桂子

Related article

  • トム・ディクソンデザインのスペシャルなシャンデリア
    トム・ディクソンデザインのスペシャルなシャンデリア
  • ランボルギーニを胸に、ハイドロゲンのコラボカジュアル
    ランボルギーニを胸に、ハイドロゲンのコラボカジュアル
  • ハンス・J・ウェグナーの意外なデザインを復刻
    ハンス・J・ウェグナーの意外なデザインを復刻
  • マーク・ニューソン×ジャガー・ルクルト夢のコラボ
    マーク・ニューソン×ジャガー・ルクルト夢のコラボ
  • アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
    アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー
  • 再生ガラス使用、薄さと透明感の「e-grass Usu」
    再生ガラス使用、薄さと透明感の「e-grass Usu」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    “マンガ”をテーマに『Tokyo’s Tokyo』2号店
  • 2
    スキンケアブランド「イソップ」の路面店がオープン
  • 3
    オービカ モッツァレラバーで解禁直後のノヴェッロを
  • 4
    ニューヨークで「BMW Guggenheim Lab」はじまる
  • 5
    アートバーゼル42 現地レポート
  • 6
    恵比寿映像祭レポート(2) 都築響一のトンデモ作品
  • 7
    メルボルンのレストラン/オーストラリアを旅する(1)
  • 8
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー エクステンション
  • 9
    オルタナティブ・ジャーニーな世界観に写真の「今」をみる。 ライアン・マッギンレー展
  • 10
    深澤直人のデザインワークショップ展「WITHOUT THOUGHT」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加