『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

吉田カバン×ビームスの手ぶらダッフル

2007年 11月 26日 00:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 またデザイナーの本間自身、このパンツに旅の道具を詰め込んでヨーロッパ19日間旅行を果たしたというのが、ウエストバッグパンツだ。


【ユーズドデニム ¥37,800】
 PORTER madeのウエストポーチを採用、パンツと合体させてしまったというデザイン。ポーチには携帯電話、デジカメ、タバコ、パスポートなどを入れて、旅していたという。サイズはS,M,Lの3サイズだが、わりと細身に作られているので、Sサイズなら女性でもはきこなすことができる。

 またバックパッカーにぴったりな、大容量の2WAY BAGは、ガーデナーバッグをモチーフに作られたデザイン。四角いトート型だが、リュックとして背負うこともできる。


【2WAY BAG ¥53,550】
お問い合わせ:B印YOSHIDA tel.03-5428-5951

取材/東ミチヨ

Related article

  • 銀座で最上級のスタイルを叶える、ブルガリ ウエディング
    銀座で最上級のスタイルを叶える、ブルガリ ウエディング
  • ブルガリ最大の旗艦店「ブルガリ銀座タワー」オープン
    ブルガリ最大の旗艦店「ブルガリ銀座タワー」オープン
  • BALLY、アーカイブ広告の新シリーズ登場
    BALLY、アーカイブ広告の新シリーズ登場
  • ボッテガ・ヴェネタ初のフレグランス、シークレットな魅力とは?
    ボッテガ・ヴェネタ初のフレグランス、シークレットな魅力とは?
  • エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
    エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
  • コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「TORAYA CAFE」で寛ぐ新しい朝の時間
  • 2
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 3
    「パーク ハイアット 東京」のクリスマス限定メニュー
  • 4
    森田恭通がデザインする「トラベルシリーズ 」が登場
  • 5
    台湾の故宮博物院とALESSIがコラボ
  • 6
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 7
    ジャポニスムの旗手、ホイッスラーの回顧展
  • 8
    アントニオ・チッテリオインタビュー、私は本当に「ふつうの人」
  • 9
    “食文化の発信基地に暮らす”「NODE UEHARA」の提案
  • 10
    ケアンズでおすすめ、シャングリ・ラ ホテル ザ マリーナ ケアンズ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加