リモワの旗艦店が丸の内にオープン

2008年 10月 8日 10:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ドイツのラゲージブランド、リモワの旗艦店が東京・丸の内仲通りにオープンした。これまでもリモワはセレクトショップや百貨店などで販売され、根強い人気を保持してきたが、今回は日本初の路面店とあって品揃えやディスプレイにもこだわりが感じられる。


 とくに見逃せないのが、ドイツ本国から取り寄せたという歴史的アーカイブである。


 1949年のアルミニウム製の大きなスーツケース(下右)は、鈍く光るアルミ素材がドイツの歴史を物語っている。


右:1949年 アルミニウム製。本体の角部分にコーナーパッドを使用し、耐久性を強化している。

 というのもリモワは1898年創業以来、スーツケースを作ってきたが、1945年、第二次世界大戦の連合軍の猛爆によりアルミの在庫以外のほとんどの資材が失われてしまった。そこで2代目の経営者であるリヒヤルト・モルシェックは、彼の工場に残された唯一の資材、アルミシートを使いスーツケースを創ったのである。

 本格的なアルミケースの生産は1950年からだが、下はその前年に作られたものになる。1952年のアルミニウム製ケース「DUR-Aluminium」は、アルミ表面の凸凹のリブ加工がより精度を増しているのがわかる。


左:1952年 アルミニウム製「DUR-Aluminium」

 そうやってドイツの歴史とともにアーカイブを眺めると、さらに興味がわくはずだ。ちなみにリモワのアイデンティティとなっているアルミのリブ加工は、1935年にドイツの航空機、ユンカース52(JU-52)の機体補強技術である凹凸の外板設計を参考に生み出されたといわれている。

Related article

  • ファッショニスタ注目の個性派アクセサリー
    ファッショニスタ注目の個性派アクセサリー
  • ニーシング、コンテンポラリージュエリーの新しいスタンダード
    ニーシング、コンテンポラリージュエリーの新しいスタンダード
  • ゆるぎなく、モダンな新コレクション「ティファニー T」
    ゆるぎなく、モダンな新コレクション「ティファニー T」
  • パオラ フラーニ新作 展示会レポート
    パオラ フラーニ新作 展示会レポート
  • ブラウンの最新プレミアムシェーバーをレビュー
    ブラウンの最新プレミアムシェーバーをレビュー
  • 太腿を鍛えてから着たい「ティム・コペンズ」
    太腿を鍛えてから着たい「ティム・コペンズ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界のキッチングッズブランドが集まる「サテリテ」
  • 2
    村上隆個展「MURAKAMI VERSAILLES」が開幕
  • 3
    フォトグラファー・佐藤博信、「日本人としての自分視点で美しさを感じてほしい」
  • 4
    サンフランシスコの超人気店「TARTINE BAKERY」、ついに日本上陸
  • 5
    作られ続ける道具たち「日本の荒物 松野屋とSyuro 」
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    インテリアトレンドが動き出す、ケルン・メッセ国際家具見本市
  • 8
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 9
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 10
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加