SIHHリポート、逞しく進化したカルティエ新作ウォッチ

2009年 2月 18日 10:30 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

 カルティエは1月にスイス・ジュネーブで開かれた時計の展示会、SIHH(ジュネーブサロン)で、ウォッチメーカーとしての新たな決意を表明するかのような新作の数々を発表した。

 その代表作といえるのが、フライングトゥールビヨン、キャリバー9452MCである。2008年、バロン ブルー ドゥ カルティエに搭載されて話題を呼んだが、今年はタンク アメリカンやサントス 100にも搭載され、“メカニカルウォッチ”への意欲を披露した。

 このムーブメントはロジェ デュブイの協力によって自社開発され、カルティエが独自にリファインしたもの。権威ある検査機関により精度が認められた「ジュネーブ シール」も取得している。


「サントス 100 フライング トゥールビヨン」¥12,621,000 手巻きメカニカルムーブメント、18KWGケース、ケースサイズ:46.5×54.9mm、2009年秋頃発売予定。


「タンク アメリカン フライング トゥールビヨン」¥11,445,000 手巻きメカニカルムーブメント、18KPGケース、ケースサイズ:35.8×52mm、2009年秋頃発売予定。

 6時位置で回転するフライング トゥールビヨンには、カルティエのロゴである“C”モチーフのケージが採用され、視覚的にもエレガントな効果をもたらす。文字盤は透かし彫りのグリッドを重ねた2層構造になっており、ローマ数字インデックスなどが浮き上がって見えるような立体デザインがユニーク。

 ケージをなくして宙に浮いているかのように見えるフライング トゥールビヨンの面白味が、いっそう強調されている。とくに今回、湾曲したカーベックススタイルのケースとの調和を完成させた「タンク アメリカン」のデザインは、質実ともに一見の価値がある。

 またムーブメントと文字盤との調和を極限まで追及した「サントス 100 スケルトン ウォッチ」も興味深い。自社開発によるキャリバー9611MCを搭載。二重香箱をもつ角型ムーブメントは、文字盤のスケルトンインデックスに合わせて、ルビーの受け石がリズミカルにのぞけるように設計されている。ブルースティール針とルビーとのカラーコンビネーションや、歯車とローマ数字とのバランスも美しい。

 これを見て、映画『モダンタイムス』の、あの歯車のシーンを彷彿させるデザインだと思ったのだが、だとしたら今の時代を風刺する格別なるアートである。アートな気分で、緻密でモダンなる歯車を腕に。


「サントス 100 スケルトン ウォッチ」¥6,142,500 手巻きメカニカルムーブメント、パラジウム950製ケース、ケースサイズ:46.5x54.9mm、2009年秋頃発売予定。

お問い合わせ:カルティエ カスタマー サービス センター Tel. 0120-301-757

取材/東ミチヨ

Related article

  • アートが生まれていく瞬間を、エスパス ルイ・ヴィトン東京の「IN SITU-1」で
    アートが生まれていく瞬間を、エスパス ルイ・ヴィトン東京の「IN SITU-1」で
  • 「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
    「プジョー3008」、デザイナーが語る新型クロスオーバーの魅力
  • 細川護煕「市井の山居」展がメゾンエルメスにて開催中
    細川護煕「市井の山居」展がメゾンエルメスにて開催中
  • クラシックそれともモダン? ロンドンのクリスマス
    クラシックそれともモダン? ロンドンのクリスマス
  • 世界初、シャネルの香りとコスメ路面店「CHANEL AOYAMA」
    世界初、シャネルの香りとコスメ路面店「CHANEL AOYAMA」
  • 春の新作満開、ボッテガ・ヴェネタが六本木ヒルズにオープン
    春の新作満開、ボッテガ・ヴェネタが六本木ヒルズにオープン

Prev & Next

Ranking

  • 1
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 2
    サンフランシスコの超人気店「TARTINE BAKERY」、ついに日本上陸
  • 3
    今週末見るべき映画「花の生涯 梅蘭芳」
  • 4
    Interview:三保谷友彦 「倉俣史朗を語る」
  • 5
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • 6
    9月8日(土)~9月29日(土)  井上雄輔「Containers in Tokyo」展 開催
  • 7
    マカロン/マッターホーン by Tokyo的 男の手土産
  • 8
    アウディTTクーペの限定モデル「S-line limited」
  • 9
    実は日本では20年ぶり。喜多俊之デザイン展
  • 10
    キング・ジョージ(代官山)/TOKYO、厳選サンドイッチ(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加