婚約指輪をスリムに収納できるポップアップケース

2014年 10月 13日 08:00 Category : Fashion

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロポーズをする場合、最も神経を注ぐのは相手の女性に気づかれないようにすることだろう。知人・友人参加型のフラッシュモブや、サプライズプロポーズ専門業者に依頼するなど、現代には、サプライズのプロポーズ演出方法がいくつもある。ただ、音を出して踊りだす瞬間や、ホテルマンがお祝いのケーキを運んでくるタイミングを打ち合わせする前に、直面するのが指輪ケースの隠し場所問題だ。なぜなら、従来の指輪ケースは非常にかさばる設計であるため、ポケットにわざとらしく入れるか、離れた場所に隠しておくしか方法がない。

ポケットに無理矢理入れたとしても、がさごそと大きい指輪ケースを出していたのではせっかくの雰囲気が台無し。これは人生最大のドラマティックなシーンで避けなければならない。スマートなエキサイトイズム読者諸兄ならば、中身(リング)はもちろんのこと、ケースにもこだわりたいところ。


それを解決したのがカナダ人デザイナー、アンドリュー・ゾー。彼がエミリーカー美術大学に在籍していたとき、友人からプロポーズの瞬間、指輪ケースの隠し場所に頭を抱えたと話を聞いたことがきっかけだったという。この問題に立ち向かうため、新しい指輪ケースのデザインを考案し、いくつものプロトタイプで試作を重ねた。

そのコンセプトは「パックの婚約指輪ケース」。指輪を支える台座が45度回転し、ケースと平行に収まる仕組みだ。2011年に発表したこのポップアップ式指輪ケースは2014年に名称を「クリフトン」と変え、正式にローンチされることとなった。

Related article

  • ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表
    ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表
  • オルセー美術館に吉岡徳仁「Water block」
    オルセー美術館に吉岡徳仁「Water block」
  • フォトギャラリー:吉岡徳仁「Stellar」 in ロンドン
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「Stellar」 in ロンドン
  • 東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • トーネット新作「100年後も古くならないテーブル」
    トーネット新作「100年後も古くならないテーブル」
  • 音楽をカジュアルに楽しめる「バルーン型」スピーカー
    音楽をカジュアルに楽しめる「バルーン型」スピーカー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ダイヤモンドの鍵盤でジャズを。ピアジェの新作
  • 2
    かくも美しいリアルな夢。アルファ ロメオ4C
  • 3
    今週末見るべき映画「ロブスター」
  • 4
    世界中の人から心臓音を集めたアーカイブ:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    近未来的集電旅行。BMW i3 REx|試乗レポート
  • 6
    フランス、カルティエ現代美術財団でビートたけし/北野武の展覧会
  • 7
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 8
    The NET 網に囚われた男 【今週末見るべき映画】
  • 9
    パーク ハイアット 東京の「2014年クリスマスセレクション」
  • 10
    全く新しいアロマディフューザー「ECRIT」とは?

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加